本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2017年度 > 中央図書館からのおすすめ本(112)

広島市産業振興センターNEWS

中央図書館からのおすすめ本(112)
『一瞬で判断する力』

 毎月、中央図書館が推薦するビジネス支援情報の図書をご紹介しています。
 なお、これまでに紹介した本については、当財団のホームページに「中央図書館からのおすすめビジネス図書」として公開しておりますので、いつでも見ることができます。


『一瞬で判断する力


若田 光一/著 

(日本実業出版社 2016年9月10日発行)

『一瞬で判断する力』

著者の若田光一さんといえば、日本人宇宙飛行士の一人です。若田さんは第38次、第39次のISS(国際宇宙ステーション)長期滞在ミッションに任命され、第39次では日本人初のコマンダー(船長、司令官)として宇宙滞在されました。

本書は宇宙飛行士の陸上での仕事、ISSでの188日間の滞在、そのうちコマンダーとしての65日間の経験、著者の仕事との向き合い方をもとに、「一瞬で判断する力」を磨くポイントが7つのキーワードに分け解説してあります。

第3章「決める」の冒頭部分では、「「今」というのは、過去に繰り返してきた決断の結果」と書かれています。限られた時間で様々な事をこなさなければならない場面では「重要度」と「緊急度」の仕分けにより「優先順位」をつける事が必要で、できないと感じた時には「「今はそれを手放す」と決める。つまり、「迷ったらしない」という選択肢を持つ」と述べています。

また第4章「進む」では、「何も答えを出さないままでいることは、非効率で停滞を意味する。そして、心と体をリフレッシュする事は大切で、仕事のパフォーマンスも上がり、組織として円滑なコミュニケーションに繋がる」とも述べています。

一つの判断ミスが生命の危機につながるという厳しい現場で培った著者の判断力は、宇宙飛行士という特殊な仕事だけでなく、日常生活、仕事の中で誰もが直面する問題の判断にも活かせるものだと思います。



HOME

ページトップへ