本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2018年度 > 平成29年度 「創業チャレンジ・ベンチャー支援事業」 の事業認定について
広島市産業振興センターNEWS

平成29年度 「創業チャレンジ・ベンチャー支援事業」 の事業認定について

 当財団では、広島市内で創業を考えている方及び市内の中小企業者(創業後3年未満)の有する優秀な事業計画に対して経営、資金の両面から総合的に支援し、地域経済の活性化を図ることを目的とした「創業チャレンジ・ベンチャー支援事業」を実施しており、この度、平成29年度第3回の事業認定を行いました。

 また、認定式を3月23日(金)に行い、皆本理事長が、事業認定を受けた皆さんに認定書を交付しました。


認定式終了後の記念写真
300416-1-1.jpg

(後列)左から丸田稔さん、梶山康隆さん、梶山正法さん
(前列)左から込山敬子さん、皆本理事長、沼田浩美さん



「学びやすい場所で、学びたい時に、学びたいだけ学べる場所」を提供する

     

梶山 正法さん

梶山 正法さん


【事業概要】

 自己研鑽意識の高いビジネスマンや資格取得を目指す学生向けに、広島市内の主要駅週辺の狭小物件を利用した24時間営業の無人型自習室を展開します。小規模な自習室を複数出店することで利用者の利便性を高めるとともに、ITを活用して安全性にも配慮した安価な自習環境を提供します。


【認定を受けて一言】
 この度は、創業チャレンジ・ベンチャー支援事業の事業認定を頂きありがとうございます。ご支援いただく前の計画は自信はあったものの、差別化に乏しい内容で簡単に競合の追随を受けてしまうものでした。専門家の先生はそれを見過ごすことなく的確にアドバイスいただきました。また、新しいアイディアが思いつかない時は職員の方が様々なヒントや事例を紹介して下さいました。このように創業チャレンジ・ベンチャー支援事業では、熱心なご指導をいただき、事業内容がより特色あるものにブラッシュアップされました。

 いただいたご支援を糧に地域社会に貢献出来る事業の創業を目指して参ります。


【創業予定時期】

 平成30年6月

遊休地・空きスペースとコンテナハウスを活用した無人フィットネス施設「TreBOX」の開設

株式会社secondlives    

代表取締役 梶山 康隆さん

株式会社secondlives 代表取締役 梶山 康隆さん


【事業概要】

 近隣にフィットネスクラブの無かった地域の遊休地や空きスペースを活用して、コンテナハウスを用いた無人運営のフィットネスクラブを開設します。いつでも身近で気軽に運動できる環境を提供することで、お客様のアクティブライフと新たなコミュニティの創出に貢献します。


【認定を受けて一言】
 このたびは創業チャレンジ・ベンチャー支援事業の事業認定をいただきありがとうございました。大変光栄に思います。

 設立準備段階から、たくさんの方々に御支援・御協力をいただけましたことに心から感謝申し上げますとともに、今後一人でも多くの方に必要とされる事業となるよう精一杯尽力してまいります。ありがとうございました。


【創業時期】

 平成30年3月

「美・食・環」を具現化する『新世代型美容室』を中心にした地域交流ステーション構想の実現


込山 敬子さん

込山 敬子さん


【事業概要】

 "健康からの美"を追求して、"食"や"環境"まで提案する"新世代型の美容サービス"を提供します。生まれ育った安佐北区飯室の土地と自然、地域の人脈を活かし、都会と自然、地域と人をつなぐ情報発信とコミュニティの拠点として、「美・食・環」による交流ステーションを目指します。


【認定を受けて一言】
 この度は、認定をいただき本当にありがとうございました。

 事業計画を作成するまで漠然としていた自分の想いや考えている事が、中小企業支援センターの皆様や専門家の先生の丁寧なご指導とアドバイスにより、とても明確な形になりました。
 ここに至るまでの手厚いサポートに感謝致します。
 今後は認定事業としての責任を持ち、1つ1つやるべき事を確実にクリアしていき、先ずは創業を目指して頑張っていきます。


【創業予定時期】

 平成30年9月

人と企業、地域の良さを引き出し、外国人とのコミュニケーションが笑顔と繁栄に繋がる「インバウンド対応支援」


沼田 浩美さん

沼田 浩美さん


【事業概要】

 飲食店や小売店、観光施設、地域団体等を対象に、日本の価値観や伝統、文化的背景など、日本の多様な魅力を洗い出し、外国人旅行客が期待する情報を提供するとともに、英語での実践的なコミュニケーションもサポートすることで、外国人と笑顔で繋がるインバウンド対応を支援します。


【認定を受けて一言】
 この度は、「創業チャレンジ・ベンチャー支援事業」の認定をいただきましてありがとうございました。

 心の中では「こんな事業ができたらいいなあ」とぼんやりと思いながらも実際にはどのように動いていいかわからず、長年行動に移すことができずにいました。
 知人から創業チャレンジ・ベンチャー支援事業を紹介されたのをきっかけに、約4か月の間、専門家の先生や担当の職員の方に多大なるご支援をいただき、自分では作り上げることができなかったわたしの「夢の事業」が形になりました。
 今の自分にできること、それはこの「事業」に誠心誠意で取り組み、広島がたくさんの笑顔でいっぱいになるよう、努めていくことだと思っています。
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


【創業予定時期】

 平成30年6月

AIやIoT技術等の最新テクノロジーを駆使して医療従事者の負担軽減を目指す、中小診療所(クリニック)向けカルテ補完情報入力支援サービスの提供

株式会社uncode     

代表取締役 丸田 稔さん

株式会社uncode 代表取締役 丸田 稔さん


【事業概要】

 中小診療所向けに、AIやIoT技術等を活用して、医療専門用語を含む音声のテキスト化や、現場で撮影される画像・動画等の電子カルテ補完情報を電子カルテサーバに自動保存する入力支援サービスを提供し、医療従事者の事務負担を軽減します。将来的には、ビッグデータ解析により医療技術の向上にも貢献します。


【認定を受けて一言】
 認定を受ける事ができ、ひとまずホッとしております。AIは人の仕事を取ってしまうものとしてイメージを受けている方もいらっしゃると思いますが、私はそうではなく、人が人らしく生きていけるツールだと考えております。アンコードの企業理念はITを使い脱ITの世界を目指す、つまりIT技術を使い人が行わなくても良い仕事はITに任せ、それにより作れた時間をより人間らしい時間に使おうというのが当社の理念です。この想いから、医療従事者の負担軽減のためのサービスの開発を行っております。このAIやIoTを駆使したカルテ補完情報入力支援サービスを普及させるために、日々開発、ニーズ調査、マーケティングに取り組んでいきます。


【創業時期】

 平成27年2月



■30
年度「創業チャレンジ・ベンチャー支援事業」については、こちらをご覧ください

問い合わせ先 中小企業支援センター創業支援担当 TEL 082-278-8032
HOME

ページトップへ