本文へ移動

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2014年度 > 技術情報の提供

広島市産業振興センターNEWS 第155号(2015.1.15)

広島市産業振興センターNEWS

技術情報の提供 (材料・加工技術室)

 新設機器の紹介『示差走査熱量計』


 技術振興部(広島市工業技術センター内)では、広島市の中小企業が抱えている技術的な課題に対応するため、試験・検査用機器の整備を進めています。
 平成26年度は、(公財)JKAの補助を受けて広島市が下記の機器を整備しました。

[機器名]
示差走査熱量計

[型式]
パーキンエルマー株式会社 DSC8000

[主な仕様]
・入力補償型
・温度範囲:-75~500℃(電気冷却器使用)
・昇温速度:0.01~300℃/min
・降温速度:0.01~150℃/min
・温度正確度:±0.05℃
・熱量正確度:±0.2%以内

[機器概要・用途]
 本装置は、温度をプログラムに従って変化させながら、試料と基準物質に供給される熱エネルギーの差を検出する装置であり、物質の融点、融解熱、比熱容量の測定等に使用します。
 示差走査熱量計(DSC)による熱物性測定は、溶融のような単純な熱による状態変化の反応だけでなく、構造の相転移、結晶化などを把握することを可能とし、高分子材料、有機材料、金属、セラミックなどの物性評価に広く利用されています。

示差走査熱量計

示差走査熱量計

■問い合わせ先
  技術振興部 技術振興部 材料・加工技術室 (広島市工業技術センター内) 
  TEL 082-242-4170(代表)  E-mail kougi@itc.city.hiroshima.jp

HOME

ページトップへ

本文へ移動

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2014年度 > 技術情報の提供

広島市産業振興センターNEWS 第155号(2015.1.15)

広島市産業振興センターNEWS

技術情報の提供 (材料・加工技術室)

 新設機器の紹介『示差走査熱量計』


 技術振興部(広島市工業技術センター内)では、広島市の中小企業が抱えている技術的な課題に対応するため、試験・検査用機器の整備を進めています。
 平成26年度は、(公財)JKAの補助を受けて広島市が下記の機器を整備しました。

[機器名]
示差走査熱量計

[型式]
パーキンエルマー株式会社 DSC8000

[主な仕様]
・入力補償型
・温度範囲:-75~500℃(電気冷却器使用)
・昇温速度:0.01~300℃/min
・降温速度:0.01~150℃/min
・温度正確度:±0.05℃
・熱量正確度:±0.2%以内

[機器概要・用途]
 本装置は、温度をプログラムに従って変化させながら、試料と基準物質に供給される熱エネルギーの差を検出する装置であり、物質の融点、融解熱、比熱容量の測定等に使用します。
 示差走査熱量計(DSC)による熱物性測定は、溶融のような単純な熱による状態変化の反応だけでなく、構造の相転移、結晶化などを把握することを可能とし、高分子材料、有機材料、金属、セラミックなどの物性評価に広く利用されています。

示差走査熱量計

示差走査熱量計

■問い合わせ先
  技術振興部 技術振興部 材料・加工技術室 (広島市工業技術センター内) 
  TEL 082-242-4170(代表)  E-mail kougi@itc.city.hiroshima.jp

HOME

ページトップへ