本文へ移動

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2015年度 > 平成26年度 「創業チャレンジ・ベンチャー支援事業」 の事業認定について

広島市産業振興センターNEWS 第163号(2015.4.15)

広島市産業振興センターNEWS
平成26年度 「創業チャレンジ・ベンチャー支援事業」 の事業認定について

 当財団では、広島市内で創業を考えている方及び市内の中小企業者(創業後3年未満)の有する優秀な事業計画に対して経営、資金の両面から総合的に支援し、地域経済の活性化を図ることを目的とした「創業チャレンジ・ベンチャー支援事業」を実施しており、この度、平成26年度後期の事業認定を行いました。
 また、事業認定式を3月20日(金)に行い、三村理事長が、事業認定を受けた皆さんに認定書を交付しました。

認定式終了後の記念写真
認定式終了後の記念写真
(後列)左から福永事務局長、藤井さん、橋本さん、國行さん、江川さん
(前列)左から西村常務理事、坂本さん、栗田さん、石硯さん、三村理事長
(役職については、3月31日時点)

尿もれ等で悩んでいる女性たちの不満を解消し、快適に笑顔で暮らせるお手伝いと地球に優しい、「リフレッシュショーツと2DDブラ」の製造・販売

石硯 登貴子さん


石硯 登貴子さん
石硯 登貴子さん

【事業概要】

 成人女性の実に3割が体験する尿漏れであるが、尿漏れをトータルケアできる商品はなく、そのトータルケアと薬効染めなど女性の身体に優しい製品と、身体に合わないブラジャーを着用することで締め付けがきついなどで悩んでいる女性たちに対し、「こんな製品があったらいいな」と思う製品をネット販売で提供する。


【認定を受けて一言】
 この度は、認定いただき、誠にありがとうございます。事業計画書作成等多大なるご支援のおかげにより創業のスタートラインに立つ事が出来ました。感謝申し上げます。

 人生の分岐点に立ちいろいろと思い悩んでいたころ、自身の経験からこの様な製品があったらいいなと思いつき、創業出来ないかと模索中に創業チャレンジ・ベンチャー支援事業を知り一か八かで申し込んでみました。資金も知識も信用も何もない状況でやれるところまでやってだめならあきらめようと決心し取り組んできました。事業計画書作成は、大変でしたが適切なアドバイスを頂き自分の頭を整理し目標達成に向けた課題を分析する事が出来いい勉強になりました。

 これからは、自分と同じ思いをされている女性の方々を笑顔にできるよう少しずつ、そして確実に進歩していくことをここに決意いたします。お客様に「あってよかった。」と思っていただけますよう日々努力してまいります。


【創業予定時期】

 平成27年6月


働く若い女性に和食の素晴らしさを手頃な価格で味わっていただける、こだわりの「料理」、「落ち着いた雰囲気」とともに心温まる「おもてなし」を提供する笑顔あふれる和風居酒屋

江川 良平さん


江川 良平さん
江川 良平さん

【事業概要】

 紙屋町一丁目に出店し、働く女性たちを顧客ターゲットに手頃な価格で昼食と夕食需要を賄う。料理は瀬戸内の魚介類を中心に盛り付けや脇役としての米、油にもこだわりを持ち、落ち着いた雰囲気の中で最高のおもてなしを味わっていだだく和風居酒屋を行う。


【認定を受けて一言】
 飲食店の創業を考え、創業チャレンジ・ベンチャー支援事業の活用をさせていただきました。

 計画書の作成は、今までの現場での経験に加え、様々な知識、今後の構想が必要とされ、一人の力でなく多くの方々の協力のもと作り上げることが出来ました。それにより、今後の事業展開がより明確になりました。協力してくださった方々に恩返しが出来るよう、これから頑張っていきます。

【創業予定時期】

 平成27年5


デジタル化の推進と創意工夫による製造工程の見直し、改善により、大幅な工期短縮とコストダウンを実現させ、エアロメーカーやエンドユーザーのニーズに応える技術集団の創設

國行 卓雄さん


國行 卓雄さん
國行 卓雄さん

【事業概要】

 エアロパーツと軽板金の2部門を設けることにより、軽板金は粗利益率は低いものの経常的に受注があることから固定費の回収を、エアロパーツは目標利益の獲得を目指すことにより、事業の円滑な運営を図る。また、エアロパーツ部門にデジタル化の導入と創意工夫によりこれまでの工期の約半分の短縮(23日)とコストダウンに加え、高品質の製品をエアロパーツメーカーに提供することにより競合他社との差別化を図る。


【認定を受けて一言】
 当支援に応募することをきっかけに、何年もかけて構想してきた『自分のしたい事』を具体的に人に伝えることの難しさ、ビジネスとして成立させるための仕組みやアイデアを組み立てていく難しさが身に染みて分かりました。

 日常の仕事と応募の準備がとても大変で、途中で諦めようと思ったこともあります。しかし、担当者の方の支えがあって、これくらい乗り越えないでどうするという気持ちを持つことができ、何とか応募することができました。

 しかも、認定という最高の結果をいただけた事は何より嬉しく思い、励みになりました。

 今後、事業を行っていく上で、支えてくださった皆様に感謝の気持ちを忘れず、堅実に成長させ、地域に貢献できる会社づくりを目指していきたいと思います。ありがとうございました。

【創業時期】
 平成27年1月


五感を刺激し、心と身体を癒し、ストレスからの解放、健康的で美しい自分を取り戻すフェイシャルエステサロン

栗田 寛子さん


栗田 寛子さん
栗田 寛子さん

【事業概要】

 経験上肩こりや肌あれなどは便秘、冷え性といったことが主要因で発生することが多く、丁寧なカウンセリングと生活改善指導は不可欠であり、施術はその効果をより高めるため五感を刺激し、施術効果のすぐに見える化を果たし、顧客満足度を高めるサービスの提供を行う。


【認定を受けて一言】
 実際に創業をすると、日々の業務や現実という壁にぶちあたり「本当は何をやりたかったのか!?」を見失うのではないかと思っていました。

 自分の想い、実現したいこと、誰にどんな事を伝えたいかなどを明確にしておく必要がある。ぶれない自分(理念・信念)を作る必要がある。そう思い、今回の創業チャレンジ・ベンチャー支援事業に挑戦しました。

 事業計画とは、自分の頭の中に描いている夢や希望を整理し、より明確にする事ができます。自分が思い描いているものを、誰が見ても分かるようにすること、誰が見てもよい計画だと思われるようにすること。簡単なようで難しい作業でした。1人では成し遂げられなかったと思っています。

 今回の創業チャレンジ・ベンチャー支援事業に挑戦することで、ぶれない自分を作ることができたと思っております。

 この経験を活かし、今後も日々精進して参ります。

 担当の方や専門家の方々の親身なご協力ご支援を賜ったことに深く感謝申し上げます。

【創業予定時期】
 平成27年7月


素材からこだわった手作りのスイーツと食事、心からのおもてなしで人々の心を満たす「CORITA CAFE(コリタカフェ)」

坂本 緑さん


坂本 緑さん
坂本 緑さん


【事業概要】

 杉材、暖色系統の照明、アンティーク雑貨で演出されるノスタルジックな空間の中で、「素材にこだわったシンプルで濃厚なスイーツ・食材豊富な食事・五感で楽しむドリンク」を個々に合わせた接客で提供し、お客様の心が満たされる場所を創るカフェを行う。


【認定を受けて一言】

 高校生の頃から抱いていた夢の実現にあたって、様々な融資制度を探していました。そんな中、たまたま参加していたセミナーで支援センターの担当者の方に紹介して頂き、この度の支援事業を受けることにしました。

 事業計画書を作成するにあたって、専門家の方々から客観的にアドバイスを頂くことによってより具体的かつ明確な事業計画を進めることができました。事業をしていくためには自分の思いだけで突っ走るのではなく、他の方から見ても理解できる、納得できることも大切なことだと改めて実感しました。

 事業に関してたくさんの方からアドバイスやご意見などを頂き、今後の方向性を見つめ直すことが出来たと同時に、より事業にかける思いが強くなりました。

 これまでご支援頂く中で得られたことを、今後事業を始め経営を続けていくための力に変え、お客様に還元していきたいと思います。支えてくださった皆様に心より感謝しております。


【創業予定時期】
 平成27年7月


熟練の技を駆使して「繊細で深みのある貴族たちに愛されたウィーンのお菓子とパン」の魅力を広島の女性たちに伝えます。

橋本 昌和さん


橋本 昌和さん
橋本 昌和さん

【事業概要】

 洗練された「伝統のウィーンのお菓子とパン」の美味しさはもとより、ウィーンの文化や歴史を含め「ウィーン物語」として提供していくことで、「身体と心を豊かにし、街行く人の笑顔を増やす」広島初のウィーン菓子とパンの専門店を行う。


【認定を受けて一言】
 私はいままで一貫して製菓・製パン業に従事し、技術習得やノウハウの蓄積に努めてきました。その中でウィーンでの修行の機会にも恵まれ、その経験を活かした事業を創業するために、「創業チャレンジ・ベンチャー支援事業」を活用しようと思い応募しました。

 まず、専門家の方々にご助力頂きながら、事業計画書を作成した経験が大変大きな収穫でした。再度、自分の技術や経験と客観的に向き合い、論理的に整理できたことは、とても感謝しています。

 そして、認定を頂いたことをさらに前進する機会ととらえ、広島の女性たちにウィーン菓子の素晴らしさを伝えるために努力していきます。

【創業予定時期】
 平成27年6月


労務管理のサポートから、営業実績の向上までをサポートする戦術指導型の社会保険労務士事務所の開業

藤井 大介さん


藤井 大介さん
藤井 大介さん


【事業概要】

 長年の医療業界で培った、営業ノウハウと業界特有の問題を理解している強みを活かし、労務管理のサポートから、営業実績の向上までをサポートする戦術指導型の社会保険労務士事務所を行う。


【認定を受けて一言】

 私が認定を受けて一番感じたことは、支援センターの職員の方、支援してくれた専門家の方ともに、応募者のモチベーションを維持させながら、弱点に気付かせてくれ、ただのアイデアでしかないものを事業化できるレベルまでケアしてくれることの「ありがたみ」でした。

 支援センターの職員の方は本当に親身になって手伝ってくれ、こちらの質問への回答も早く、打ち合わせの当日には、私自身が気付かなかった私のアイデアをアピールできるデータまで用意してくれていました。

 そういった支えがなければきっと思い込みと独りよがりの創業になっていたに違いありません。

 今、広島市を活性化させる、人のためになる独自性のあるアイデアを持っている方。是非その思いをぶつけてください。支援センターの職員の方々は必ず応援してくれます。

 私は次の段階として認定を受けた事業を大成功させ、支援センターの職員の方々に「手伝って良かったな」と思われるような仕事をしたいと思います。


【創業予定時期】

 平成27年4月


■27年度「創業チャレンジ・ベンチャー支援事業」については、こちらをご覧ください

■問い合わせ先 中小企業支援センター創業支援担当 TEL 082-278-8032

HOME

ページトップへ

本文へ移動

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2015年度 > 平成26年度 「創業チャレンジ・ベンチャー支援事業」 の事業認定について

広島市産業振興センターNEWS 第163号(2015.4.15)

広島市産業振興センターNEWS
平成26年度 「創業チャレンジ・ベンチャー支援事業」 の事業認定について

 当財団では、広島市内で創業を考えている方及び市内の中小企業者(創業後3年未満)の有する優秀な事業計画に対して経営、資金の両面から総合的に支援し、地域経済の活性化を図ることを目的とした「創業チャレンジ・ベンチャー支援事業」を実施しており、この度、平成26年度後期の事業認定を行いました。
 また、事業認定式を3月20日(金)に行い、三村理事長が、事業認定を受けた皆さんに認定書を交付しました。

認定式終了後の記念写真
認定式終了後の記念写真
(後列)左から福永事務局長、藤井さん、橋本さん、國行さん、江川さん
(前列)左から西村常務理事、坂本さん、栗田さん、石硯さん、三村理事長
(役職については、3月31日時点)

尿もれ等で悩んでいる女性たちの不満を解消し、快適に笑顔で暮らせるお手伝いと地球に優しい、「リフレッシュショーツと2DDブラ」の製造・販売

石硯 登貴子さん


石硯 登貴子さん
石硯 登貴子さん

【事業概要】

 成人女性の実に3割が体験する尿漏れであるが、尿漏れをトータルケアできる商品はなく、そのトータルケアと薬効染めなど女性の身体に優しい製品と、身体に合わないブラジャーを着用することで締め付けがきついなどで悩んでいる女性たちに対し、「こんな製品があったらいいな」と思う製品をネット販売で提供する。


【認定を受けて一言】
 この度は、認定いただき、誠にありがとうございます。事業計画書作成等多大なるご支援のおかげにより創業のスタートラインに立つ事が出来ました。感謝申し上げます。

 人生の分岐点に立ちいろいろと思い悩んでいたころ、自身の経験からこの様な製品があったらいいなと思いつき、創業出来ないかと模索中に創業チャレンジ・ベンチャー支援事業を知り一か八かで申し込んでみました。資金も知識も信用も何もない状況でやれるところまでやってだめならあきらめようと決心し取り組んできました。事業計画書作成は、大変でしたが適切なアドバイスを頂き自分の頭を整理し目標達成に向けた課題を分析する事が出来いい勉強になりました。

 これからは、自分と同じ思いをされている女性の方々を笑顔にできるよう少しずつ、そして確実に進歩していくことをここに決意いたします。お客様に「あってよかった。」と思っていただけますよう日々努力してまいります。


【創業予定時期】

 平成27年6月


働く若い女性に和食の素晴らしさを手頃な価格で味わっていただける、こだわりの「料理」、「落ち着いた雰囲気」とともに心温まる「おもてなし」を提供する笑顔あふれる和風居酒屋

江川 良平さん


江川 良平さん
江川 良平さん

【事業概要】

 紙屋町一丁目に出店し、働く女性たちを顧客ターゲットに手頃な価格で昼食と夕食需要を賄う。料理は瀬戸内の魚介類を中心に盛り付けや脇役としての米、油にもこだわりを持ち、落ち着いた雰囲気の中で最高のおもてなしを味わっていだだく和風居酒屋を行う。


【認定を受けて一言】
 飲食店の創業を考え、創業チャレンジ・ベンチャー支援事業の活用をさせていただきました。

 計画書の作成は、今までの現場での経験に加え、様々な知識、今後の構想が必要とされ、一人の力でなく多くの方々の協力のもと作り上げることが出来ました。それにより、今後の事業展開がより明確になりました。協力してくださった方々に恩返しが出来るよう、これから頑張っていきます。

【創業予定時期】

 平成27年5


デジタル化の推進と創意工夫による製造工程の見直し、改善により、大幅な工期短縮とコストダウンを実現させ、エアロメーカーやエンドユーザーのニーズに応える技術集団の創設

國行 卓雄さん


國行 卓雄さん
國行 卓雄さん

【事業概要】

 エアロパーツと軽板金の2部門を設けることにより、軽板金は粗利益率は低いものの経常的に受注があることから固定費の回収を、エアロパーツは目標利益の獲得を目指すことにより、事業の円滑な運営を図る。また、エアロパーツ部門にデジタル化の導入と創意工夫によりこれまでの工期の約半分の短縮(23日)とコストダウンに加え、高品質の製品をエアロパーツメーカーに提供することにより競合他社との差別化を図る。


【認定を受けて一言】
 当支援に応募することをきっかけに、何年もかけて構想してきた『自分のしたい事』を具体的に人に伝えることの難しさ、ビジネスとして成立させるための仕組みやアイデアを組み立てていく難しさが身に染みて分かりました。

 日常の仕事と応募の準備がとても大変で、途中で諦めようと思ったこともあります。しかし、担当者の方の支えがあって、これくらい乗り越えないでどうするという気持ちを持つことができ、何とか応募することができました。

 しかも、認定という最高の結果をいただけた事は何より嬉しく思い、励みになりました。

 今後、事業を行っていく上で、支えてくださった皆様に感謝の気持ちを忘れず、堅実に成長させ、地域に貢献できる会社づくりを目指していきたいと思います。ありがとうございました。

【創業時期】
 平成27年1月


五感を刺激し、心と身体を癒し、ストレスからの解放、健康的で美しい自分を取り戻すフェイシャルエステサロン

栗田 寛子さん


栗田 寛子さん
栗田 寛子さん

【事業概要】

 経験上肩こりや肌あれなどは便秘、冷え性といったことが主要因で発生することが多く、丁寧なカウンセリングと生活改善指導は不可欠であり、施術はその効果をより高めるため五感を刺激し、施術効果のすぐに見える化を果たし、顧客満足度を高めるサービスの提供を行う。


【認定を受けて一言】
 実際に創業をすると、日々の業務や現実という壁にぶちあたり「本当は何をやりたかったのか!?」を見失うのではないかと思っていました。

 自分の想い、実現したいこと、誰にどんな事を伝えたいかなどを明確にしておく必要がある。ぶれない自分(理念・信念)を作る必要がある。そう思い、今回の創業チャレンジ・ベンチャー支援事業に挑戦しました。

 事業計画とは、自分の頭の中に描いている夢や希望を整理し、より明確にする事ができます。自分が思い描いているものを、誰が見ても分かるようにすること、誰が見てもよい計画だと思われるようにすること。簡単なようで難しい作業でした。1人では成し遂げられなかったと思っています。

 今回の創業チャレンジ・ベンチャー支援事業に挑戦することで、ぶれない自分を作ることができたと思っております。

 この経験を活かし、今後も日々精進して参ります。

 担当の方や専門家の方々の親身なご協力ご支援を賜ったことに深く感謝申し上げます。

【創業予定時期】
 平成27年7月


素材からこだわった手作りのスイーツと食事、心からのおもてなしで人々の心を満たす「CORITA CAFE(コリタカフェ)」

坂本 緑さん


坂本 緑さん
坂本 緑さん


【事業概要】

 杉材、暖色系統の照明、アンティーク雑貨で演出されるノスタルジックな空間の中で、「素材にこだわったシンプルで濃厚なスイーツ・食材豊富な食事・五感で楽しむドリンク」を個々に合わせた接客で提供し、お客様の心が満たされる場所を創るカフェを行う。


【認定を受けて一言】

 高校生の頃から抱いていた夢の実現にあたって、様々な融資制度を探していました。そんな中、たまたま参加していたセミナーで支援センターの担当者の方に紹介して頂き、この度の支援事業を受けることにしました。

 事業計画書を作成するにあたって、専門家の方々から客観的にアドバイスを頂くことによってより具体的かつ明確な事業計画を進めることができました。事業をしていくためには自分の思いだけで突っ走るのではなく、他の方から見ても理解できる、納得できることも大切なことだと改めて実感しました。

 事業に関してたくさんの方からアドバイスやご意見などを頂き、今後の方向性を見つめ直すことが出来たと同時に、より事業にかける思いが強くなりました。

 これまでご支援頂く中で得られたことを、今後事業を始め経営を続けていくための力に変え、お客様に還元していきたいと思います。支えてくださった皆様に心より感謝しております。


【創業予定時期】
 平成27年7月


熟練の技を駆使して「繊細で深みのある貴族たちに愛されたウィーンのお菓子とパン」の魅力を広島の女性たちに伝えます。

橋本 昌和さん


橋本 昌和さん
橋本 昌和さん

【事業概要】

 洗練された「伝統のウィーンのお菓子とパン」の美味しさはもとより、ウィーンの文化や歴史を含め「ウィーン物語」として提供していくことで、「身体と心を豊かにし、街行く人の笑顔を増やす」広島初のウィーン菓子とパンの専門店を行う。


【認定を受けて一言】
 私はいままで一貫して製菓・製パン業に従事し、技術習得やノウハウの蓄積に努めてきました。その中でウィーンでの修行の機会にも恵まれ、その経験を活かした事業を創業するために、「創業チャレンジ・ベンチャー支援事業」を活用しようと思い応募しました。

 まず、専門家の方々にご助力頂きながら、事業計画書を作成した経験が大変大きな収穫でした。再度、自分の技術や経験と客観的に向き合い、論理的に整理できたことは、とても感謝しています。

 そして、認定を頂いたことをさらに前進する機会ととらえ、広島の女性たちにウィーン菓子の素晴らしさを伝えるために努力していきます。

【創業予定時期】
 平成27年6月


労務管理のサポートから、営業実績の向上までをサポートする戦術指導型の社会保険労務士事務所の開業

藤井 大介さん


藤井 大介さん
藤井 大介さん


【事業概要】

 長年の医療業界で培った、営業ノウハウと業界特有の問題を理解している強みを活かし、労務管理のサポートから、営業実績の向上までをサポートする戦術指導型の社会保険労務士事務所を行う。


【認定を受けて一言】

 私が認定を受けて一番感じたことは、支援センターの職員の方、支援してくれた専門家の方ともに、応募者のモチベーションを維持させながら、弱点に気付かせてくれ、ただのアイデアでしかないものを事業化できるレベルまでケアしてくれることの「ありがたみ」でした。

 支援センターの職員の方は本当に親身になって手伝ってくれ、こちらの質問への回答も早く、打ち合わせの当日には、私自身が気付かなかった私のアイデアをアピールできるデータまで用意してくれていました。

 そういった支えがなければきっと思い込みと独りよがりの創業になっていたに違いありません。

 今、広島市を活性化させる、人のためになる独自性のあるアイデアを持っている方。是非その思いをぶつけてください。支援センターの職員の方々は必ず応援してくれます。

 私は次の段階として認定を受けた事業を大成功させ、支援センターの職員の方々に「手伝って良かったな」と思われるような仕事をしたいと思います。


【創業予定時期】

 平成27年4月


■27年度「創業チャレンジ・ベンチャー支援事業」については、こちらをご覧ください

■問い合わせ先 中小企業支援センター創業支援担当 TEL 082-278-8032

HOME

ページトップへ