本文へ移動

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2015年度 > 技術情報の提供

広島市産業振興センターNEWS 第165号(2015.5.15)

広島市産業振興センターNEWS

技術情報の提供 (システム技術室)

   真円度円柱形状測定機の紹介


 真円度は、JIS B 0621で「円形形体の幾何学的に正しい円からの狂いの大きさをいう。」と定義されています。わかりやすくいうと、測定対象となる円形状がどれくらい真円に近いかを表す数値です。その数値が小さければ小さいほど真円に近いといえます。シリンダ、ピストン、モーターシャフト等、円筒形状に加工された製品の形状を評価する際は、真円度や円筒度、同軸度等の幾何公差が使用されます。

 真円度円柱形状測定機は、それらの幾何公差を高精度に測定するために使用されます。

その種類は、以下の2種類に分類されます。
 (1)載物台回転形 検出器が固定され、載物台が回転する機構をもつ測定機
 (2)検出器回転形 載物台が固定され、検出器が回転する機構をもつ測定機


 同様の測定が可能な測定機として、接触式三次元測定機がありますが、測定精度は真円度円柱形状測定機の方が勝ります。当センターでは、試料の形状や要求される測定精度によって使い分けをしています。

■型式 株式会社ミツトヨ RA-H426

■仕様

形式 載物台回転形 株式会社ミツトヨ RA-H426
回転精度 0.04+6H/10000μm H:測定高さ(mm)
最大測定径 φ300mm
最大積載質量 30kg
上下移動量 280mm
測定項目

真円度、同心度、同軸度、径偏差、円筒度、

偏肉度、平行度、径測定、直角度、平面度等

機器の写真

■試験手数料 1試料につき2,540円


■設備使用料 1時間につき330円

■問い合わせ先
 技術振興部 システム技術室 (広島市工業技術センター内)
 TEL 082-242-4170(代表)  E-mail:kougi@itc.city.hiroshima.jp

HOME

ページトップへ

本文へ移動

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2015年度 > 技術情報の提供

広島市産業振興センターNEWS 第165号(2015.5.15)

広島市産業振興センターNEWS

技術情報の提供 (システム技術室)

   真円度円柱形状測定機の紹介


 真円度は、JIS B 0621で「円形形体の幾何学的に正しい円からの狂いの大きさをいう。」と定義されています。わかりやすくいうと、測定対象となる円形状がどれくらい真円に近いかを表す数値です。その数値が小さければ小さいほど真円に近いといえます。シリンダ、ピストン、モーターシャフト等、円筒形状に加工された製品の形状を評価する際は、真円度や円筒度、同軸度等の幾何公差が使用されます。

 真円度円柱形状測定機は、それらの幾何公差を高精度に測定するために使用されます。

その種類は、以下の2種類に分類されます。
 (1)載物台回転形 検出器が固定され、載物台が回転する機構をもつ測定機
 (2)検出器回転形 載物台が固定され、検出器が回転する機構をもつ測定機


 同様の測定が可能な測定機として、接触式三次元測定機がありますが、測定精度は真円度円柱形状測定機の方が勝ります。当センターでは、試料の形状や要求される測定精度によって使い分けをしています。

■型式 株式会社ミツトヨ RA-H426

■仕様

形式 載物台回転形 株式会社ミツトヨ RA-H426
回転精度 0.04+6H/10000μm H:測定高さ(mm)
最大測定径 φ300mm
最大積載質量 30kg
上下移動量 280mm
測定項目

真円度、同心度、同軸度、径偏差、円筒度、

偏肉度、平行度、径測定、直角度、平面度等

機器の写真

■試験手数料 1試料につき2,540円


■設備使用料 1時間につき330円

■問い合わせ先
 技術振興部 システム技術室 (広島市工業技術センター内)
 TEL 082-242-4170(代表)  E-mail:kougi@itc.city.hiroshima.jp

HOME

ページトップへ