本文へ移動

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2015年度 > 技術支援アラカルト

広島市産業振興センターNEWS 第184号(2016.3.15)

広島市産業振興センターNEWS
工業技術支援アドバイザーの紹介

ひねくれデザイン 代表 広本 理絵 さん

 技術振興部(広島市工業技術センター内)では、地元中小企業に対する支援施策として、企業からの相談内容に応じ、企業や大学などで実績豊富なアドバイザーを製造現場へ派遣し、指導・助言を行っています。
 自社製品の品質向上・保有技術の新分野展開等にぜひご活用ください。
 このコーナーでは、現在アドバイザーとして登録いただいている専門家をご紹介します。

ひねくれデザイン アートディレクター・デザイナー 広本 理絵

ひねくれデザイン

アートディレクター・デザイナー

広本 理絵


プロフィール

大阪のデザイン事務所などを経験し、神戸にて洋菓子メーカーのADを担当。2009年広島を拠点にし、デザイン、ワークショップ等を中心に活動中。 2013年ひねくれデザイン設立。

非常勤講師(タイポグラフィ、POP)"H"ADC(広島アートディレクターズクラブ)会員/JAGDA(日本デザイングラフィックデザイン協会)広島地区会員/JPDA(日本パッケージデザイン協会)会員


専門分野

ブランディングのディレクション、タイポグラフィ、グラフィックデザイン、広告デザイン、エディトリアルデザイン、パッケージデザイン、ディスプレイデザイン


アドバイザーから一言

 最近「デザインが必要だ。」という言葉をよく聞くようになりました。

デザイナーとしては、デザインの大切さを知って頂けることは大変嬉しいことですが、「デザイナーにデザインしてもらえれば、売れる商品が出来るのだろう。」と思われている方が増えているような気がいたします。

 売れる商品の条件としては、まずその商品としての良さ・魅力があって、そのうえで、興味をもったり手に取って頂くための「商品の魅力(コンセプト)が伝わるデザイン」があることが必要ですし、それを伝える店頭作りも大切です。 また、生産者、販売員、営業員、デザイナーが一丸となって商品の魅力を伝えようとするチームワークがすごく大事だと思います。

 お受けしているアドバイザーとしての私の信条は、「何をどこから手をつけていいのかわからない・・・?」といった声に親身になって丁寧にお答えし、企業様のデザインプランの具現化のお手伝いが出来るよう、適切なアドバイスをすることを心掛けております。

 同じ熱意を持った仲間で何かを生み出すことはとても楽しく、きっと問題解決へと導いてくれると思っております。


賞歴

280315-5-3.jpg

・2012年 

"H"ADC賞「ひねくれホント」

・2012年

"H"ADC植原亮輔賞「ひねくれホント」受賞

・2013年

TDC入選

・2013年

Graphic Design in Japan 2013入選 / JAGDA新人賞ノミネート

・2013年

ひろしまグッドデザイン賞パッケージ部門奨励賞受賞

・2014年

"H"ADC部門賞 TV-CM・映像・モーショングラフィック受賞

・2014年

日本パッケージ大賞2015 一般飲料 銅賞受賞

・2015年

JAGDA賞ノミネート Graphic Design in Japan 2015 入選

・2015年

"H"ADC2015(広島アートディレクターズクラブ)グランプリ受賞

・2015年

TDC入選 ・2015年 第11回世界ポスタートリエンナーレトヤマ入選

・2015年

ひろしまグッドデザイン賞パッケージ部門準グランプリ受賞

・2015年

東京ADC入選

ひねくれデザイン URL http://hiro.webcrow.jp/


■お問い合わせ先 

 技術振興部 技術振興室 (広島市工業技術センター内) TEL 082-242-4170(代表)
■工業技術支援アドバイザー派遣事業ご案内 URL   

 https://www.itc.city.hiroshima.jp/l020200001-02.html

HOME

ページトップへ

本文へ移動

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2015年度 > 技術支援アラカルト

広島市産業振興センターNEWS 第184号(2016.3.15)

広島市産業振興センターNEWS
工業技術支援アドバイザーの紹介

ひねくれデザイン 代表 広本 理絵 さん

 技術振興部(広島市工業技術センター内)では、地元中小企業に対する支援施策として、企業からの相談内容に応じ、企業や大学などで実績豊富なアドバイザーを製造現場へ派遣し、指導・助言を行っています。
 自社製品の品質向上・保有技術の新分野展開等にぜひご活用ください。
 このコーナーでは、現在アドバイザーとして登録いただいている専門家をご紹介します。

ひねくれデザイン アートディレクター・デザイナー 広本 理絵

ひねくれデザイン

アートディレクター・デザイナー

広本 理絵


プロフィール

大阪のデザイン事務所などを経験し、神戸にて洋菓子メーカーのADを担当。2009年広島を拠点にし、デザイン、ワークショップ等を中心に活動中。 2013年ひねくれデザイン設立。

非常勤講師(タイポグラフィ、POP)"H"ADC(広島アートディレクターズクラブ)会員/JAGDA(日本デザイングラフィックデザイン協会)広島地区会員/JPDA(日本パッケージデザイン協会)会員


専門分野

ブランディングのディレクション、タイポグラフィ、グラフィックデザイン、広告デザイン、エディトリアルデザイン、パッケージデザイン、ディスプレイデザイン


アドバイザーから一言

 最近「デザインが必要だ。」という言葉をよく聞くようになりました。

デザイナーとしては、デザインの大切さを知って頂けることは大変嬉しいことですが、「デザイナーにデザインしてもらえれば、売れる商品が出来るのだろう。」と思われている方が増えているような気がいたします。

 売れる商品の条件としては、まずその商品としての良さ・魅力があって、そのうえで、興味をもったり手に取って頂くための「商品の魅力(コンセプト)が伝わるデザイン」があることが必要ですし、それを伝える店頭作りも大切です。 また、生産者、販売員、営業員、デザイナーが一丸となって商品の魅力を伝えようとするチームワークがすごく大事だと思います。

 お受けしているアドバイザーとしての私の信条は、「何をどこから手をつけていいのかわからない・・・?」といった声に親身になって丁寧にお答えし、企業様のデザインプランの具現化のお手伝いが出来るよう、適切なアドバイスをすることを心掛けております。

 同じ熱意を持った仲間で何かを生み出すことはとても楽しく、きっと問題解決へと導いてくれると思っております。


賞歴

280315-5-3.jpg

・2012年 

"H"ADC賞「ひねくれホント」

・2012年

"H"ADC植原亮輔賞「ひねくれホント」受賞

・2013年

TDC入選

・2013年

Graphic Design in Japan 2013入選 / JAGDA新人賞ノミネート

・2013年

ひろしまグッドデザイン賞パッケージ部門奨励賞受賞

・2014年

"H"ADC部門賞 TV-CM・映像・モーショングラフィック受賞

・2014年

日本パッケージ大賞2015 一般飲料 銅賞受賞

・2015年

JAGDA賞ノミネート Graphic Design in Japan 2015 入選

・2015年

"H"ADC2015(広島アートディレクターズクラブ)グランプリ受賞

・2015年

TDC入選 ・2015年 第11回世界ポスタートリエンナーレトヤマ入選

・2015年

ひろしまグッドデザイン賞パッケージ部門準グランプリ受賞

・2015年

東京ADC入選

ひねくれデザイン URL http://hiro.webcrow.jp/


■お問い合わせ先 

 技術振興部 技術振興室 (広島市工業技術センター内) TEL 082-242-4170(代表)
■工業技術支援アドバイザー派遣事業ご案内 URL   

 https://www.itc.city.hiroshima.jp/l020200001-02.html

HOME

ページトップへ