本文へ移動

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2016年度 > 広島品質工学研究会

広島市産業振興センターNEWS

事業報告 「広島品質工学研究会」


 

 技術振興部では、企業等の技術者の技術水準の向上を図るため、様々な技術課題をテーマにした研究会やセミナーを実施しています。このコラムでは、こうした研究会等の活動状況等を報告します。
 今回は、「広島品質工学研究会」について紹介します。

■品質工学とは
 "品質工学"とはコスト"改革"手法として、マツダ(株)、トヨタ自動車(株)等の自動車メーカーやコニカミノルタグループ等の精密機器メーカーのものづくりに活用されています。また、米国では、創始者の故田口玄一博士の名を冠して"Taguchi Methods(タグチメソッド)"と呼ばれ、国内以上に盛んに活用されています。

 参考:技術支援アラカルト『コストダウンは"改善"から"改革"の時代へ』


■研究会の活動報告(平成27年度)
 (公財)広島市産業振興センターでは、平成5年度から、この品質工学の手法を技術開発に活用する研究会を開催しており、平成27年度(2015年度)からは、広島県立総合技術研究所と連携して開催しています。平成27年度の活動内容は以下のとおりです。

  • ○ 品質工学の基礎を学ぶ基礎セミナーの開催
  • 開催日 内容
    第1回 平成27年6月12日(金)

    ○講義「パラメータ設計の概要と実習」

    ○演習「Excelを用いた実験計画の組み方、望目特性の計算」

    第2回 平成27年6月26日(金)

    ○講義「MTシステムの概要と実習」

    ○演習「Excelを用いた動特性の計算、MTシステムの概要」

  • ○ 実践的な研究をサポートする実践セミナーの開催
  • 開催日 内容
    第1回 平成27年5月29日(金)

    ○講演

     「リョービでの品質工学の取組み ~金型製作での活用事例~」
     講師 リョービ株式会社 寶山 靖浩 氏
    ○平成26年度会員による事例紹介

    第2回 平成27年7月 9日(木) ○開発テーマについての討議
     アドバイザー:応用計測研究所(株) 矢野宏 氏
    第3回 平成27年9月17日(木)
    第4回 平成28年1月14日(木)


■平成28年度 広島品質工学研究会について

 平成28年度も(公財)広島市産業振興センターと広島県立総合技術研究所が連携して、内容を新たにして研究会をスタートしています。会員は随時募集していますので、ご興味のある方は研究会へ参加してください。

  • ○活動内容
  •  希望者が設定する課題を研究会で発表し,以下のような各段階に応じアドバイザーの指導・解説を受けながら、議論していきます。
     課題発表者だけでなく,聴講者にも品質工学の手法を基礎から習得できるよう活動を進めますので,お気軽に課題設定ください。
  • ○アドバイザー
  •  福山大学工学部機械システム工学科 教授・博士(工学) 内田 博志 氏
  • ○開催予定
  • 第1回  平成28年 5月18日(水)13:00~
     ○講演:福山大学工学部機械システム工学科 内田 博志 氏
     「産学公連携による広島クオリティづくり 
     -新たな不確実性の時代を乗り切るために-」
     ○提案課題の概要説明とアドバイザーからのコメント
    第2回  平成28年 6月15日(水)
     ○研究テーマに対する指導・解説
     アドバイザー:福山大学工学部機械システム工学科 内田 博志 氏
    第3回  平成28年 9月12日(月)
     ○研究テーマに対する指導・解説
     アドバイザー:福山大学工学部機械システム工学科 内田 博志 氏
    第4回  平成28年12月14日(水)
     ○研究テーマに対する指導・解説
     アドバイザー:福山大学工学部機械システム工学科 内田 博志 氏
  • ○開催場所
  • 広島市工業技術センター(広島市中区千田町三丁目8-24)
  • ○参加費
  • 無料
  • ○会員募集のお知らせ
  • https://www.itc.city.hiroshima.jp/kenkyukai/h28-hinshitsu.html


■問い合わせ先
  技術振興部 技術振興部 材料・加工技術室(広島市工業技術センター内)

  TEL 082-242-4170(代表)、FAX 082-245-7199

  E-mail kougi@itc.city.hiroshima.jp

HOME

ページトップへ

本文へ移動

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2016年度 > 広島品質工学研究会

広島市産業振興センターNEWS

事業報告 「広島品質工学研究会」


 

 技術振興部では、企業等の技術者の技術水準の向上を図るため、様々な技術課題をテーマにした研究会やセミナーを実施しています。このコラムでは、こうした研究会等の活動状況等を報告します。
 今回は、「広島品質工学研究会」について紹介します。

■品質工学とは
 "品質工学"とはコスト"改革"手法として、マツダ(株)、トヨタ自動車(株)等の自動車メーカーやコニカミノルタグループ等の精密機器メーカーのものづくりに活用されています。また、米国では、創始者の故田口玄一博士の名を冠して"Taguchi Methods(タグチメソッド)"と呼ばれ、国内以上に盛んに活用されています。

 参考:技術支援アラカルト『コストダウンは"改善"から"改革"の時代へ』


■研究会の活動報告(平成27年度)
 (公財)広島市産業振興センターでは、平成5年度から、この品質工学の手法を技術開発に活用する研究会を開催しており、平成27年度(2015年度)からは、広島県立総合技術研究所と連携して開催しています。平成27年度の活動内容は以下のとおりです。

  • ○ 品質工学の基礎を学ぶ基礎セミナーの開催
  • 開催日 内容
    第1回 平成27年6月12日(金)

    ○講義「パラメータ設計の概要と実習」

    ○演習「Excelを用いた実験計画の組み方、望目特性の計算」

    第2回 平成27年6月26日(金)

    ○講義「MTシステムの概要と実習」

    ○演習「Excelを用いた動特性の計算、MTシステムの概要」

  • ○ 実践的な研究をサポートする実践セミナーの開催
  • 開催日 内容
    第1回 平成27年5月29日(金)

    ○講演

     「リョービでの品質工学の取組み ~金型製作での活用事例~」
     講師 リョービ株式会社 寶山 靖浩 氏
    ○平成26年度会員による事例紹介

    第2回 平成27年7月 9日(木) ○開発テーマについての討議
     アドバイザー:応用計測研究所(株) 矢野宏 氏
    第3回 平成27年9月17日(木)
    第4回 平成28年1月14日(木)


■平成28年度 広島品質工学研究会について

 平成28年度も(公財)広島市産業振興センターと広島県立総合技術研究所が連携して、内容を新たにして研究会をスタートしています。会員は随時募集していますので、ご興味のある方は研究会へ参加してください。

  • ○活動内容
  •  希望者が設定する課題を研究会で発表し,以下のような各段階に応じアドバイザーの指導・解説を受けながら、議論していきます。
     課題発表者だけでなく,聴講者にも品質工学の手法を基礎から習得できるよう活動を進めますので,お気軽に課題設定ください。
  • ○アドバイザー
  •  福山大学工学部機械システム工学科 教授・博士(工学) 内田 博志 氏
  • ○開催予定
  • 第1回  平成28年 5月18日(水)13:00~
     ○講演:福山大学工学部機械システム工学科 内田 博志 氏
     「産学公連携による広島クオリティづくり 
     -新たな不確実性の時代を乗り切るために-」
     ○提案課題の概要説明とアドバイザーからのコメント
    第2回  平成28年 6月15日(水)
     ○研究テーマに対する指導・解説
     アドバイザー:福山大学工学部機械システム工学科 内田 博志 氏
    第3回  平成28年 9月12日(月)
     ○研究テーマに対する指導・解説
     アドバイザー:福山大学工学部機械システム工学科 内田 博志 氏
    第4回  平成28年12月14日(水)
     ○研究テーマに対する指導・解説
     アドバイザー:福山大学工学部機械システム工学科 内田 博志 氏
  • ○開催場所
  • 広島市工業技術センター(広島市中区千田町三丁目8-24)
  • ○参加費
  • 無料
  • ○会員募集のお知らせ
  • https://www.itc.city.hiroshima.jp/kenkyukai/h28-hinshitsu.html


■問い合わせ先
  技術振興部 技術振興部 材料・加工技術室(広島市工業技術センター内)

  TEL 082-242-4170(代表)、FAX 082-245-7199

  E-mail kougi@itc.city.hiroshima.jp

HOME

ページトップへ