本文へ移動

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2017年度 > 技術情報の提供

広島市産業振興センターNEWS

技術情報の提供(材料・加工技術室)

「図柄入りナンバープレートに係る試験について」


 

図柄入りナンバープレート

図柄入りナンバープレート

着色液による浸漬試験

着色液による浸漬試験

促進耐候性試験機

促進耐候性試験機

 平成29年4月1日から、図柄入りナンバープレート(シート式)が導入され(例えば、ラグビーワールドカップ2019や東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会をPRするナンバープレート)、当該ナンバープレートが国土交通省の定めた品質基準に適合しているか確認を行うため、一般社団法人全国自動車標板協議会が定めた「非反射シート式自動車番号標の品質基準の点検方法」に基づく16項目の試験を行う必要があります。
 このうち、当センターでは、①外観、②文字、数字の塗色、③塗膜の厚さ、④亀裂及び硬度、⑤耐衝撃性、⑥耐屈曲性、⑦密着性(付着性)、⑧耐汚染性、⑨耐溶剤性、⑩耐揮発油性、⑪耐塩水性、⑫耐酸性、⑬耐アルカリ性、⑭促進耐候性、⑮接着性の15項目の試験を行うことができます。
具体的な試験内容として、例えば、④亀裂及び硬度については、試料をイソプロピルアルコールに顔料系インク朱で着色した0.5wt%着色液に10分浸漬後(浸漬試験、写真参照)、イソプロピルアルコールを染みこませたウェスで拭き取り、外観を確認し、500gf程度の力を加えた親指で表面を擦り、軟化の有無を確認します。
また、⑭促進耐候性については、サンシャインカーボンアーク灯促進耐候性試験機で、ブラックパネル温度63±3℃、水の噴霧60分間中12分間の条件下、500時間照射後、目視により外観を確認するとともに、「JIS K 5600-8-6 白亜化の等級(テープ法)」により、白亜化の等級が3以上であることを確認します。

当センターでは、こうした各試験に係る費用は、表のとおりとなっています。

項目

試験手数料

①外観

表面性試験
 1,970円/1試料

②文字、数字の塗色

測色試験
 1,970円/1試料

③塗膜の厚さ

膜厚試験
 1,970円/1試料

④亀裂及び硬度

耐液体性試験
 1,970円/1試料

⑤耐衝撃性

耐おもり落下性試験
 1,570円/1試料

⑥耐屈曲性

耐屈曲性試験
 1,570円/1試料

⑦密着性(付着性)

付着性試験
 1,970円/1試料

⑧耐汚染性

耐汚染性試験

 1,970円/1試料

⑨耐溶剤性

耐液体性試験
 1,970円/1試料

⑩耐揮発油性

耐液体性試験
 1,970円/1試料

⑪耐塩水性

耐液体性試験
 1,970円/1試料

⑫耐酸性

耐液体性試験
 1,970円/1試料

⑬耐アルカリ性

耐液体性試験
 1,970円/1試料

⑭促進耐候性

促進耐候性試験(カーボンアーク法)

 590円/1時間 

表面性試験(白亜化)
 1,970円/1試料

⑮接着性

精密万能試験機による試験(引張試験)
 2,680円/1試料

■問い合わせ先

  技術振興部 材料・加工技術室 (広島市工業技術センター内)

  TEL 082-242-4170(代表)  E-mail kougi@itc.city.hiroshima.jp

HOME

ページトップへ

本文へ移動

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2017年度 > 技術情報の提供

広島市産業振興センターNEWS

技術情報の提供(材料・加工技術室)

「図柄入りナンバープレートに係る試験について」


 

図柄入りナンバープレート

図柄入りナンバープレート

着色液による浸漬試験

着色液による浸漬試験

促進耐候性試験機

促進耐候性試験機

 平成29年4月1日から、図柄入りナンバープレート(シート式)が導入され(例えば、ラグビーワールドカップ2019や東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会をPRするナンバープレート)、当該ナンバープレートが国土交通省の定めた品質基準に適合しているか確認を行うため、一般社団法人全国自動車標板協議会が定めた「非反射シート式自動車番号標の品質基準の点検方法」に基づく16項目の試験を行う必要があります。
 このうち、当センターでは、①外観、②文字、数字の塗色、③塗膜の厚さ、④亀裂及び硬度、⑤耐衝撃性、⑥耐屈曲性、⑦密着性(付着性)、⑧耐汚染性、⑨耐溶剤性、⑩耐揮発油性、⑪耐塩水性、⑫耐酸性、⑬耐アルカリ性、⑭促進耐候性、⑮接着性の15項目の試験を行うことができます。
具体的な試験内容として、例えば、④亀裂及び硬度については、試料をイソプロピルアルコールに顔料系インク朱で着色した0.5wt%着色液に10分浸漬後(浸漬試験、写真参照)、イソプロピルアルコールを染みこませたウェスで拭き取り、外観を確認し、500gf程度の力を加えた親指で表面を擦り、軟化の有無を確認します。
また、⑭促進耐候性については、サンシャインカーボンアーク灯促進耐候性試験機で、ブラックパネル温度63±3℃、水の噴霧60分間中12分間の条件下、500時間照射後、目視により外観を確認するとともに、「JIS K 5600-8-6 白亜化の等級(テープ法)」により、白亜化の等級が3以上であることを確認します。

当センターでは、こうした各試験に係る費用は、表のとおりとなっています。

項目

試験手数料

①外観

表面性試験
 1,970円/1試料

②文字、数字の塗色

測色試験
 1,970円/1試料

③塗膜の厚さ

膜厚試験
 1,970円/1試料

④亀裂及び硬度

耐液体性試験
 1,970円/1試料

⑤耐衝撃性

耐おもり落下性試験
 1,570円/1試料

⑥耐屈曲性

耐屈曲性試験
 1,570円/1試料

⑦密着性(付着性)

付着性試験
 1,970円/1試料

⑧耐汚染性

耐汚染性試験

 1,970円/1試料

⑨耐溶剤性

耐液体性試験
 1,970円/1試料

⑩耐揮発油性

耐液体性試験
 1,970円/1試料

⑪耐塩水性

耐液体性試験
 1,970円/1試料

⑫耐酸性

耐液体性試験
 1,970円/1試料

⑬耐アルカリ性

耐液体性試験
 1,970円/1試料

⑭促進耐候性

促進耐候性試験(カーボンアーク法)

 590円/1時間 

表面性試験(白亜化)
 1,970円/1試料

⑮接着性

精密万能試験機による試験(引張試験)
 2,680円/1試料

■問い合わせ先

  技術振興部 材料・加工技術室 (広島市工業技術センター内)

  TEL 082-242-4170(代表)  E-mail kougi@itc.city.hiroshima.jp

HOME

ページトップへ