本文へ移動

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2018年度 > 技術支援アラカルト

広島市産業振興センターNEWS

技術支援アラカルト

「組織体制の改正について」


 公設試験研究機関である広島市工業技術センターは、これまで設置者である広島市と指定管理者である公益財団法人広島市産業振興センターが連携・役割分担しながら管理運営をしてきましたが、平成30年度から、その管理運営を財団に一元化し、より効率的な運営を行えるように組織体制を改正しました。

 引き続き、広島市産業振興センターは、広島市工業技術センターの指定管理者として、設置目的を達成するため、専門知識等を要する職員・ノウハウ・情報と工業技術センターの施設・設備を有効に活用するとともに、広島県の工業技術センターや大学等の外部機関との連携を図り、技術指導相談、依頼試験、設備利用、人材育成に重点を置いて事業を行います。
 技術力向上を目指している方や技術的課題でお困りの方は、お気軽にご相談ください。


○組織体制

平成29年度まで 平成30年度から
平成29年度まで 平成30年度から




HOME



ページトップへ

本文へ移動

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2018年度 > 技術支援アラカルト

広島市産業振興センターNEWS

技術支援アラカルト

「組織体制の改正について」


 公設試験研究機関である広島市工業技術センターは、これまで設置者である広島市と指定管理者である公益財団法人広島市産業振興センターが連携・役割分担しながら管理運営をしてきましたが、平成30年度から、その管理運営を財団に一元化し、より効率的な運営を行えるように組織体制を改正しました。

 引き続き、広島市産業振興センターは、広島市工業技術センターの指定管理者として、設置目的を達成するため、専門知識等を要する職員・ノウハウ・情報と工業技術センターの施設・設備を有効に活用するとともに、広島県の工業技術センターや大学等の外部機関との連携を図り、技術指導相談、依頼試験、設備利用、人材育成に重点を置いて事業を行います。
 技術力向上を目指している方や技術的課題でお困りの方は、お気軽にご相談ください。


○組織体制

平成29年度まで 平成30年度から
平成29年度まで 平成30年度から




HOME



ページトップへ