本文へ移動

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2019年度 > 技術情報の提供(材料技術室)

広島市産業振興センターNEWS

技術情報の提供(材料技術室)

新設機器の紹介「塩乾湿複合サイクル試験機」


 (公財)広島市産業振興センターでは、広島市の中小企業が抱えている技術的な課題に対応するため、試験・検査用機器の整備を進めています。

 平成31年度に、(公財)JKAの補助を受けて広島市が下記の機器を整備しました。

 

  • [機器名]
  • 塩乾湿複合サイクル試験機

  • [型式]
  • スガ試験機株式会社 CYP-90L
  •  
    スガ試験機株式会社 CYP-90L
    図 塩乾湿複合サイクル試験機

  • [主な仕様]
  • 塩水噴霧試験:30℃、35℃、50℃
  • 乾燥試験:30℃、室温+10℃~70℃
  • 湿潤試験:30℃・95%RH、室温+10℃~50℃・60%RH~95%RH
  • 試験槽寸法:幅900 mm、奥行き600 mm、深さ500 mm
  • 試験片設置数:58枚(150 mm×70 mm×1 mm、15°又は20°)
  • 試験片設置角度:15°、20°、30°
  • 試料枠耐荷重:6 kg
  • 床面耐荷重:50 kg

  •  
  • [機器概要・用途]
  •  この機器は、中性塩水噴霧・乾燥・湿潤を組み合わせ、繰り返し試験することで、金属製品等の耐食性を迅速に評価する装置です。
     試験条件は任意で設定可能ですが、以下のサイクル試験等を実施できます。
    ・JIS H 8502「めっきの耐食性試験方法」中性塩水噴霧サイクル試験
    ・JIS K 5600-7-9「塗料一般試験方法―第7部:塗膜の長期耐久性―第9節:サイクル腐食試験方法―塩水噴霧/乾燥/湿潤」附属書C(規定)サイクルA及び附属書1(規定)サイクルD
    ・JIS K 5621「一般さび止めペイント」サイクル腐食性
    ・JASO M 609「自動車用材料腐食試験方法」

■問合せ先
 工業技術センター 材料技術室
 TEL.082-242-4170(代表) FAX.082-245-7199 E-mail:kougi@itc.city.hiroshima.jp

 

HOME

ページトップへ

本文へ移動

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2019年度 > 技術情報の提供(材料技術室)

広島市産業振興センターNEWS

技術情報の提供(材料技術室)

新設機器の紹介「塩乾湿複合サイクル試験機」


 (公財)広島市産業振興センターでは、広島市の中小企業が抱えている技術的な課題に対応するため、試験・検査用機器の整備を進めています。

 平成31年度に、(公財)JKAの補助を受けて広島市が下記の機器を整備しました。

 

  • [機器名]
  • 塩乾湿複合サイクル試験機

  • [型式]
  • スガ試験機株式会社 CYP-90L
  •  
    スガ試験機株式会社 CYP-90L
    図 塩乾湿複合サイクル試験機

  • [主な仕様]
  • 塩水噴霧試験:30℃、35℃、50℃
  • 乾燥試験:30℃、室温+10℃~70℃
  • 湿潤試験:30℃・95%RH、室温+10℃~50℃・60%RH~95%RH
  • 試験槽寸法:幅900 mm、奥行き600 mm、深さ500 mm
  • 試験片設置数:58枚(150 mm×70 mm×1 mm、15°又は20°)
  • 試験片設置角度:15°、20°、30°
  • 試料枠耐荷重:6 kg
  • 床面耐荷重:50 kg

  •  
  • [機器概要・用途]
  •  この機器は、中性塩水噴霧・乾燥・湿潤を組み合わせ、繰り返し試験することで、金属製品等の耐食性を迅速に評価する装置です。
     試験条件は任意で設定可能ですが、以下のサイクル試験等を実施できます。
    ・JIS H 8502「めっきの耐食性試験方法」中性塩水噴霧サイクル試験
    ・JIS K 5600-7-9「塗料一般試験方法―第7部:塗膜の長期耐久性―第9節:サイクル腐食試験方法―塩水噴霧/乾燥/湿潤」附属書C(規定)サイクルA及び附属書1(規定)サイクルD
    ・JIS K 5621「一般さび止めペイント」サイクル腐食性
    ・JASO M 609「自動車用材料腐食試験方法」

■問合せ先
 工業技術センター 材料技術室
 TEL.082-242-4170(代表) FAX.082-245-7199 E-mail:kougi@itc.city.hiroshima.jp

 

HOME

ページトップへ