本文へ移動

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2010年度 > 中央図書館からのおすすめ本(25)
広島市産業振興センターNEWS
中央図書館からのおすすめ本(25)
(「特別講義 コミュニケーション学」)
●毎月、中央図書館が推薦するビジネス支援情報の図書をご紹介しています。


『特別講義 コミュニケーション学』

 藤巻 幸夫/著


(実業之日本社 2010年1月20日発行)


 人々の価値観がどんどん多様化してきている現代において、相手としっかりと向き合い、お互いの力をうまくかみ合わせていくためには、コミュニケーションが必要であり、その重要性はどんどん増してきていると著者は語ります。
 著者は大学卒業後、伊勢丹に入社。「解放区」「リ・スタイル」「BPQC」など数々の売り場をプロデュースした経歴を持っており、現在は株式会社藤巻兄弟社 代表取締役社長。テレビコメンテーター、講演会講師など幅広い分野でご活躍され、コミュニケーションの達人と呼ばれている方です。
 本書は、著者がコミュニケーションをテーマに実体験から学んできたことをまとめたもので、とても分かりやすく、また読みやすく書かれています。
 「コミュニケーションとは?」という基本的なところから始まり、「人間関係を築く」というあらゆる場面における一般的なものから、職場で活かせる「プレゼン・交渉する」という章や、部下や後輩との関わり方や怒る技術などについての「教える・導く」という章など、さまざまな場面で役立つコミュニケーションのアドバイスや大事なポイントが提示されています。
 ビジネスシーンの人間関係に役立てるためにはもちろんのこと、毎日を楽しく過ごすためにもこの本を読んで日々のコミュニケーションに役立ててみてはいかがでしょうか。

■問い合わせ先 広島市立中央図書館 事業課 TEL 082-222-5542


HOME

ページトップへ

本文へ移動

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2010年度 > 中央図書館からのおすすめ本(25)
広島市産業振興センターNEWS
中央図書館からのおすすめ本(25)
(「特別講義 コミュニケーション学」)
●毎月、中央図書館が推薦するビジネス支援情報の図書をご紹介しています。


『特別講義 コミュニケーション学』

 藤巻 幸夫/著


(実業之日本社 2010年1月20日発行)


 人々の価値観がどんどん多様化してきている現代において、相手としっかりと向き合い、お互いの力をうまくかみ合わせていくためには、コミュニケーションが必要であり、その重要性はどんどん増してきていると著者は語ります。
 著者は大学卒業後、伊勢丹に入社。「解放区」「リ・スタイル」「BPQC」など数々の売り場をプロデュースした経歴を持っており、現在は株式会社藤巻兄弟社 代表取締役社長。テレビコメンテーター、講演会講師など幅広い分野でご活躍され、コミュニケーションの達人と呼ばれている方です。
 本書は、著者がコミュニケーションをテーマに実体験から学んできたことをまとめたもので、とても分かりやすく、また読みやすく書かれています。
 「コミュニケーションとは?」という基本的なところから始まり、「人間関係を築く」というあらゆる場面における一般的なものから、職場で活かせる「プレゼン・交渉する」という章や、部下や後輩との関わり方や怒る技術などについての「教える・導く」という章など、さまざまな場面で役立つコミュニケーションのアドバイスや大事なポイントが提示されています。
 ビジネスシーンの人間関係に役立てるためにはもちろんのこと、毎日を楽しく過ごすためにもこの本を読んで日々のコミュニケーションに役立ててみてはいかがでしょうか。

■問い合わせ先 広島市立中央図書館 事業課 TEL 082-222-5542


HOME

ページトップへ