本文へ移動

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2011年度 > 中央図書館からのおすすめ本(40)
広島市産業振興センターNEWS
中央図書館からのおすすめ本(40)
『彼女はなぜ「それ」を選ぶのか? 世界で売れる秘密』
 毎月、中央図書館が推薦するビジネス支援情報の図書をご紹介しています。
 なお、これまでに紹介した本については、当財団のホームページに「中央図書館からのおすすめビジネス図書」として公開しておりますので、いつでも見ることができます。

『彼女はなぜ「それ」を選ぶのか? 世界で売れる秘密』

『彼女はなぜ「それ」を選ぶのか?
世界で売れる秘密』

 パコ・アンダーヒル/著


(早川書房 2011年7月15日発行)


 なでしこジャパンがついに、強豪チームを破り、W杯世界一を果たした。
 環境が整っていない中で、サッカーを続けてきた「絶対あきらめない」精神は、どの試合にも、その気迫を感じられた。このなでしこジャパンが象徴するように、近年女性は力強く、自立した存在になり、世界のビジネスや文化にまでも、大きく影響をもたらしている。

 そういった10年の流れを汲みながら、この本は、2001年にベストセラーになった「なぜこの店で買ってしまうのか‐ショッピングの科学」に続くパコ・アンダーヒルの新作である。本書で取り上げられるのは、女性の社会的役割やライフスタイルの変化による、女性が望む条件について、住宅、トイレとお風呂、ネットショッピング、ホテル、ファッションまたフェイスブックやツイッターなどに関わるあらゆるジャンルにおいて、具体的に事例をあげながら検討し、変化や対策を解き明かしている。読みながら思わず「わかるわかる」と女性として消費者として共感し、またマーケティングの理論としても具体的でわかりやすい。女性が好み重視するのは、清潔であること、調節できること、安全であること、思いやりがあるかということだと、著者は唱えている。

 冒頭に、日本の読者へという序文で、今後女性に焦点を合わせることは、おそらく世界のどの国よりも、日本においては重要だと思うと述べているが、女子力という言葉がビジネスの世界でも使われるようになり、昨日の新聞にも女子会で勉強会という記事が載っているのは、まさにそのとおりの現象であろう。今話題の「もしドラ」も、女子高生がドラッカーを読んでマネジメントし、野球部を甲子園へ連れていくというストーリーであるが、今世界の流れは、彼女たちをマーケティングし、また彼女たちがマネジメントしていく時代なのだろうか。彼女たちが今何を求めていて、どう世界が動いていくのか、ぜひ一読をおすすめしたい。

■問い合わせ先 広島市立中央図書館 事業課 TEL 082-222-5542
これまでに紹介した本 「中央図書館からのおすすめビジネス図書」



HOME

ページトップへ

本文へ移動

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2011年度 > 中央図書館からのおすすめ本(40)
広島市産業振興センターNEWS
中央図書館からのおすすめ本(40)
『彼女はなぜ「それ」を選ぶのか? 世界で売れる秘密』
 毎月、中央図書館が推薦するビジネス支援情報の図書をご紹介しています。
 なお、これまでに紹介した本については、当財団のホームページに「中央図書館からのおすすめビジネス図書」として公開しておりますので、いつでも見ることができます。

『彼女はなぜ「それ」を選ぶのか? 世界で売れる秘密』

『彼女はなぜ「それ」を選ぶのか?
世界で売れる秘密』

 パコ・アンダーヒル/著


(早川書房 2011年7月15日発行)


 なでしこジャパンがついに、強豪チームを破り、W杯世界一を果たした。
 環境が整っていない中で、サッカーを続けてきた「絶対あきらめない」精神は、どの試合にも、その気迫を感じられた。このなでしこジャパンが象徴するように、近年女性は力強く、自立した存在になり、世界のビジネスや文化にまでも、大きく影響をもたらしている。

 そういった10年の流れを汲みながら、この本は、2001年にベストセラーになった「なぜこの店で買ってしまうのか‐ショッピングの科学」に続くパコ・アンダーヒルの新作である。本書で取り上げられるのは、女性の社会的役割やライフスタイルの変化による、女性が望む条件について、住宅、トイレとお風呂、ネットショッピング、ホテル、ファッションまたフェイスブックやツイッターなどに関わるあらゆるジャンルにおいて、具体的に事例をあげながら検討し、変化や対策を解き明かしている。読みながら思わず「わかるわかる」と女性として消費者として共感し、またマーケティングの理論としても具体的でわかりやすい。女性が好み重視するのは、清潔であること、調節できること、安全であること、思いやりがあるかということだと、著者は唱えている。

 冒頭に、日本の読者へという序文で、今後女性に焦点を合わせることは、おそらく世界のどの国よりも、日本においては重要だと思うと述べているが、女子力という言葉がビジネスの世界でも使われるようになり、昨日の新聞にも女子会で勉強会という記事が載っているのは、まさにそのとおりの現象であろう。今話題の「もしドラ」も、女子高生がドラッカーを読んでマネジメントし、野球部を甲子園へ連れていくというストーリーであるが、今世界の流れは、彼女たちをマーケティングし、また彼女たちがマネジメントしていく時代なのだろうか。彼女たちが今何を求めていて、どう世界が動いていくのか、ぜひ一読をおすすめしたい。

■問い合わせ先 広島市立中央図書館 事業課 TEL 082-222-5542
これまでに紹介した本 「中央図書館からのおすすめビジネス図書」



HOME

ページトップへ