本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

  1. 広島市中小企業支援センター
  2. 申請に関してよくあるご質問

セーフティネット保証の申請に関するご案内

申請に関してよくあるご質問


Q「最近3ヶ月」とはいつまでを「最近」として認められるのですか。
A 「最近3ヶ月」とは、基本は申請する月の前の3ヶ月となります。ただし、確定していない、あるいは整理できていないという場合には、少なくとも申請する月の3ヶ月前の月は含むものをお願いしています。例えば6月に申請する場合は、基本は「3月から5月まで」ですが、「2月から4月まで」「1月から3月まで」も認めています。
Q数値の端数処理はどのようにすればよいでしょうか。
A 基本的には小数点以下を切捨てて下さい。四捨五入等の処理でも認定要件に差し支えなければ受付いたします。
Q売上証明書類の単位が円でなく千円である場合、申請書の記入はどのようにすればよいでしょうか。
A 数値に続いて千円(100千円など)と漢数字で単位をご記入下さい。
Q登記簿謄本は履歴事項全部証明でも大丈夫でしょうか。
A 発行後3ヶ月以内のものであれば履歴事項全部証明、現在事項全部証明どちらも受付いたします。
Q謄本はコピーでも大丈夫でしょうか。
A 発行後3ヶ月以内のものであればコピーでも結構です。
Q試算表が完成していない場合、又は作成していない場合はどうすればよいのでしょうか。
A 売上高確認表等に、所在地、会社名、代表者名(個人事業者の場合は事業所所在地、お名前)をご記入の上、実印を捺印いただいたものでも受付いたします。
Q試算表や決算書について留意することはありますか。
A 会社名や事業者名の記載が無い場合は受け付けることが出来ません。所在地、会社名、代表者名(個人事業者の場合は事業所所在地、お名前)をご記入の上、実印を捺印して下さい。
Q個人事業者の添付書類の「確定申告書の写し(事業所の所在地の記載のあるもの)」とは、どの様な書類を出せばいいでしょうか。
A 原則として、「税務署の受付印のあるもの」または「電子申告を行った場合は受付確認記録を添付したもの」をお願いしています。ただしそれが困難な場合は、申告内容と間違いがないことをご確認の上、確定申告書の余白に「確定申告した内容に相違ない」旨とお名前をご記入いただき、実印を捺印してください。

ページの先頭へ

トップページへ戻る

Get ADOBE READERサイト内のコンテンツの一部はPDFで提供しております。

PDFの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。

アクセス 公益財団法人広島市産業振興センター中小企業支援センター
〒733-0834 広島県広島市西区草津新町1-21-35(広島ミクシス・ビル内)
TEL082-278-8032 FAX:082-278-8570 E-mail:assist@ipc.city.hiroshima.jp


ページトップへ