本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

  1. 広島市中小企業支援センター

小さなお店の差別化戦略(第3回)

中小企業の経営者が抱える経営課題について、専門家の方にわかりやすく解説していただいています。
 なお、このセミナーの内容は、当財団のホームページに「Webセミナー」として公開していますので、いつでも見ることができます。

田岡 美江さん
田岡 美江さん

「更新型ホームページ」とSNSの活用について

田岡 美江(たおか みえ)
有限会社イーリンクス代表取締役




「更新していないホームページの価値」

あなたの会社のホームページ、最後に更新したのはいつか覚えていますか?作った当初は納得のいく内容のホームページだったとしても、情報とは常に古くなるもの。せっかく訪れてくださった方には最新の情報を見ていただきたいですよね。
こまめに更新している企業のホームページはそれだけで勢いを感じます。

とはいえ、デザイン力にすぐれ、画像ソフトを使いこなし、HTMLの作成が得意!・・・という従業員が在籍しているラッキーな会社は、そんなに多くはないはずです。
外注にお願いすれば間違いないものが出来上がってくるでしょうが、時間がかかってタイムリーでなくなってしまう可能性や、ちょっとした修正にも費用はかかります。
手間がかかるほど更新が面倒になり、結果"存在するだけ"というホームページになってしまいがちです。


「ブログ感覚で更新できる更新型ホームページ(CMS)」


現状のスタッフだけでなんとかホームページを更新したい!
そんな方におすすめなのが、更新型ホームページ(CMS)です。
CMSとは、コンテンツマネージメントシステムの略称で、今まではHTMLなどの専門知識をもつ者しか扱えなかったホームページのコンテンツ更新など、あまり知識がない人でも簡単に管理できるように開発されたシステムのことをいいます。
Word pressやMovable Type・・・と言えば「聞いたことある!」という方もいらしゃるのではないでしょうか?
最近ではCMSにも "とにかく導入が簡単""デザインに特化""E-コマース対応"など、様々なタイプがありますので、自分のホームページには何が必要なのかをよく検討した上での導入が必要です。
また、こういった検討を重ねることで、自分たちのホームページに足りないものや方向性が見えてくることもあります。

「SNSとの連携でさらにパワーアップ!」

コミュニケーションツールとして社会的に広がりを見せているTwitterやFacebookなどのSNSは、ホームページを直接的にアピールできる有効な手段の一つでもあります。
たとえばネット上の様々なシーンで、このようなボタンを目にしたことはないでしょうか?

SNSのボタン

あなたがホームページにアップした記事に共感を覚えた人がこのボタンを押してくれると、SNSでのクチコミにつながり、それがアクセス数の増加につながるのです。

また、更新したホームページをそれそれのSNSに反映することもできるので、面倒な手間をかけることなく、ひとつの記事をいろいろな場所でアピールすることも可能です。


「それぞれにあった使い方」


これから自社で、色々なことに取り組むにあたって迷った時には、


「ホームページがビジネスの中心となる営業本部だとすれば、SNSは営業本部の存在を広く知らしめる広報部門である。」ということを思い出してください。


いろいろなツールを使っても当初の目的を忘れなければ、道具に振り回されることはありません。たとえどれだけネットが進化しても、本当に大切なものはそんなに変わらないものなのです。

■<講師プロフィール>
 田岡 美江(たおか みえ)

 昭和58年広島日野自動車株式会社に入社。その後、株式会社ニューホライズン広島センター等の勤務を経て、平成14年2月に有限会社イーリンクスを設立し、現在に至る。

 また現在、広島市中小企業支援センター登録専門家として、小さな会社のネット通販プロ育成、中小企業におけるパソコン有効活用・インターネット活用について技術指導を行っている。 

ページトップへ