本文へ移動

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2020年度 > 事業報告

広島市産業振興センターNEWS

事業報告

『令和元年度 3D形状評価技術体験研修会の実施報告』

 

 システム技術室では、昨年度、「3D形状評価技術体験研修会」を以下のとおり開催しました。

 本研修会では、当センターの接触式及び非接触式三次元測定機を用いた測定実習を中心に、製品形状検査に必要となる基本的な図面の見方と幾何公差についての解説を、マンツーマンで行いました。

 今年度も同様の研修会を開催する予定ですが、開催日時は、新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため未定です。研修会の詳細が決定しましたら、工業技術センターのトップページに掲載します。

 

  • 研修内容
  • (1)研修期間
  • 1日(9:00~17:00)
  • (2)内容
  • ガイダンス(概要、スケジュール)
  • 図面に表現されるもの(仕様、規格、見方等)の解説
  • 幾何公差についての解説
  • 実技に使用する装置の原理、使用方法の説明
  • 接触式三次元測定機を用いた測定と評価(実技)
  • 非接触式三次元測定機を用いた測定と評価(実技)
  • アンケート記入、質疑応答

  • 開催回数
    5回

  • 参加者数
    5社7名(原則1回あたり1社1名で実施)

  • 研修会で使用した機器
  • (1) 非接触式三次元測定機 COMET L3D 5M  (Steinbichler社)
  • 機器紹介ページURL: https://www.itc.city.hiroshima.jp/setsubikiki/setsubikiki-6/6-6.html
  • (2) 接触式三次元測定機SVA fusion 9/10/6 ((株)東京精密)
  • 機器紹介ページURL: https://www.itc.city.hiroshima.jp/setsubikiki/setsubikiki-4/4-5.html

 

■問合せ先
 工業技術センター システム技術室
 TEL.082-242-4170(代表) FAX.082-245-7199 E-mail:kougi@itc.city.hiroshima.jp

 

HOME

ページトップへ

本文へ移動

広島市中小企業支援センター > メールマガジン > 2020年度 > 事業報告

広島市産業振興センターNEWS

事業報告

『令和元年度 3D形状評価技術体験研修会の実施報告』

 

 システム技術室では、昨年度、「3D形状評価技術体験研修会」を以下のとおり開催しました。

 本研修会では、当センターの接触式及び非接触式三次元測定機を用いた測定実習を中心に、製品形状検査に必要となる基本的な図面の見方と幾何公差についての解説を、マンツーマンで行いました。

 今年度も同様の研修会を開催する予定ですが、開催日時は、新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため未定です。研修会の詳細が決定しましたら、工業技術センターのトップページに掲載します。

 

  • 研修内容
  • (1)研修期間
  • 1日(9:00~17:00)
  • (2)内容
  • ガイダンス(概要、スケジュール)
  • 図面に表現されるもの(仕様、規格、見方等)の解説
  • 幾何公差についての解説
  • 実技に使用する装置の原理、使用方法の説明
  • 接触式三次元測定機を用いた測定と評価(実技)
  • 非接触式三次元測定機を用いた測定と評価(実技)
  • アンケート記入、質疑応答

  • 開催回数
    5回

  • 参加者数
    5社7名(原則1回あたり1社1名で実施)

  • 研修会で使用した機器
  • (1) 非接触式三次元測定機 COMET L3D 5M  (Steinbichler社)
  • 機器紹介ページURL: https://www.itc.city.hiroshima.jp/setsubikiki/setsubikiki-6/6-6.html
  • (2) 接触式三次元測定機SVA fusion 9/10/6 ((株)東京精密)
  • 機器紹介ページURL: https://www.itc.city.hiroshima.jp/setsubikiki/setsubikiki-4/4-5.html

 

■問合せ先
 工業技術センター システム技術室
 TEL.082-242-4170(代表) FAX.082-245-7199 E-mail:kougi@itc.city.hiroshima.jp

 

HOME

ページトップへ