本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

  1. 広島市中小企業支援センター
  2. 創業者紹介リンクページ(安藤光昭)

<広島市産業振興センターNEWS 第211号(2017.9.15)掲載>


 当財団では、有望な事業モデルを有する創業予定者と創業3年未満の中小企業者を対象に、事業計画策定から事業運営までを、専門家派遣や融資により総合的に支援を行う「創業チャレンジ・ベンチャー支援事業」を実施しています。

 同事業の認定を受けられた「ビットリバー株式会社」の安藤光昭さんにお話を伺いました。


【事業概要】
『ビットリバー株式会社』 医療機関内外において、患者に関わるすべてのスタッフが利用可能な患者情報基盤をクラウドサービスとして提供します。


【現在の活動状況】
 現在、製品の開発を終えて各種医療機関様のご協力をいただきながら、システムの機能向上ポイントや改善ポイントの検証を行っています。平成29年中に、複数の医療機関様にて試験導入のご協力をいただくことを目標として、営業活動を行っています。
 平成29年9月より、開発メンバーを新規採用し、今後の事業拡大に向けた社内体制の整備も並行して実施しています。また、広島県内のIT従事者のコミュニティ活動をバックアップするなどの地域貢献活動にも取り組んでいます。

『ビットリバー株式会社』代表取締役 安藤 光昭さん【これから創業される方へ】

 広島は地方の中核都市としての魅力と、すぐそばにある自然が両立している、非常に素晴らしい地域です。そして、広島市内には様々な創業支援機関やインキュベーション施設が充実しており、創業の環境としては非常に恵まれた環境であると考えています。
 創業する事自体は、今や誰でもできる世の中になっています。様々なIT技術を活用する事で初期のコスも以前に比べて大幅に少なくなっている中で「何のために創業するか?」「自分にとって大切な事は何か?」という視点を常に意識する事が大切だと思います。特に創業初期は、さまざまな壁に直面します。そうした時、この二つの視点に戻って考える事が、壁を超える大きな力となります。
 また、創業前後には様々な人との出会いがあります。一つ一つの出会いが思いもよらない助け舟につながる事も多く経験してきました。どんな事業をする場合も、人とのつながりが最も大切だと思います。
 自分自身の思いと、人とのつながり、この二つの要素と、広島という土地が持つ良さが最大限に融合されて、広島からもっとたくさんの面白い事業が生まれることを期待しています!


【所在地】

 広島市中区広瀬北町3-11 SO@Rビジネスポート

【営業時間】
 9:00~17:30


【定休日】
 土日祝日、夏季、年末年始


【電話】
 050-3187-3331

【HP】
 https://bitriver.jp


■問い合わせ先 中小企業支援センター創業支援担当 TEL082-278-8032

ページトップへ