本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

  1. 広島市中小企業支援センター
  2. 創業者紹介リンクページ(中藤友栄)

<広島市産業振興センターNEWS 第239号(2019.4.15)掲載>


 当財団では、有望な事業モデルを有する創業予定者と創業3年未満の中小企業者を対象に、事業計画策定から事業運営までを、専門家派遣や融資により総合的に支援を行う「創業チャレンジ・ベンチャー支援事業」を実施しています。

 同事業の認定を受けられた「こうのふく」の中藤友栄さんにお話を伺いました。


【事業概要】

 障がいを持つ子の母として、重度認知症の父の娘として、自分で衣服の着脱ができない人、ケアする人に"※やすさ"にこだわった機能的でお洒落な生活服の製造販売を行います。個々の身体的特徴にもセミオーダーで対応し、色の選択肢を広げることで、自分に合った服を着る楽しみ、選ぶ楽しみを提供します。介護経験のある登録スタッフによる、ユーザーの視点に立ったサービスを提供します。

※やすさ:着やすさ、着せやすさ、生活しやすさ、選びやすさ


【現在の活動状況】

こうのふく 試作を重ねて制作した横開きのシャツとパンツを父に着てもらい、入所先の介護士さんにアンケートを実施したり、作業療法士の先生にご意見を頂いたりして、改良点を探っています。

 肌着を着用しなくても、直に着られる肌触りの良いシャツにするため、生地にこだわりオリジナルの布を製作し、本格的な量産体制に入れるよう準備を進めています。
 また、この服が必要な方に知って頂けるように、「こうのふく着脱体験セミナー」を実施します。
 これから更に高齢化が進み、医療的ケアの必要な方の増加や、介護現場での人手不足も深刻です。少しでも介護がラクに、楽しくなるよう、一つ一つ構想を実現していきます!

【これから創業される方へ】

「こうのふく」の中藤友栄さん

 私は縫製の知識も経験もありません。もちろん、起業についてもまったく無知でした。

 少しのアイデアと、介護が必要な方々に「おしゃれに着て欲しい」という思いだけで、ここまでできたのは、ひとえに創業チャレンジ・ベンチャー支援事業があったからです。とにかく頭の中にあるものをアウトプットしてみれば、親身になってそれを組み立ててくれる人たちがいます!そして、仲間が出来ます!人脈が広がります!
 創業をお考えの方は、最初の一歩はぜひ創業チャレンジ・ベンチャー支援事業で!!


【所在地】

 広島市安芸区
 

【営業時間】
 10:00~17:00

 
【定休日】
 土日祝日
  

【電話】

 080-1925-7340

 

【HP】
 http://www.kounofuku.net/

 

■問い合わせ先 中小企業支援センター創業支援担当 TEL082-278-8032

ページトップへ