本文へ移動

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

  1. 広島市中小企業支援センター
  2. (114)withコロナを生き抜くための経営戦略(第2回)

withコロナを生き抜くための経営戦略(第2回)

 

ジャイロ総合コンサルティング株式会社 代表取締役  渋谷 雄大さん

リモートワークを前提とした組織マネジメント

  

ジャイロ総合コンサルティング株式会社 代表取締役 

渋谷 雄大(しぶや たけひろ)

 

コロナ禍の影響により働き方も大きく変化しました。会社に出社して仕事をするのが当たり前だったものが、業種によっては在宅勤務やテレワークを導入しています。9月からはデジタル庁が発足することからも企業のDX化のチャンスです。

 

2020年OECD加盟国の中でも日本の一人当たり労働生産性は、37ヵ国中26位と低迷しています。世界における競争力を高めるためにも企業の働き方改革は急務とも言えます。日本の生産性が低い原因として「完璧主義な日本人の特性」が一つの要因として挙げられると考えているのですが、DX(デジタルトランスフォーメーション)への対応が遅れたのはこの特性によるものが大きいのではないでしょうか。それがコロナの影響によりDX化しないと仕事が回らないという状況に追い込まれたことでテレワークなどの導入が進み始めておりチャンスとも捉えられます。

 

DX化によって得られる最大の恩恵は、トランザクションコストの低減ではないでしょうか。直接売り上げに関係のない間接コストを大幅に下げることができます。当社は研修会社なのですが、今までならば交通費と移動時間をかけて研修会場に行っていました。それが現在はオンライン研修が主流となり、自宅にいながら遠方の研修を行うことができています。移動時間、コストともにゼロです。

 

営業職の場合も同様で、トランザクションコストがなくなることで、大幅のコスト低減に加え、営業件数の増加にもつながります。売上拡大が難しくなっている今、売上拡大の視点ではなく、利益額をどう増やすか?という視点に立たないとこの危機を乗り越えることが難しくなっておりますが、DX化はその特効薬となり得ます。

 

当社では2020年2月からDX化を進めていますが、まず始めたのが「慣れる」こと。Zoomなどのオンライン会議システムの活用がDX化のキモになるわけですが、こればかりは慣れるしかありません。そこで実践したのが「朝礼をZoomで」という取り組みです。全ての業務をオンライン化するのではなく、一番簡単な「10分間の朝礼」をZoomで行うわけです。月〜金曜日の朝にZoomで朝礼をし続けるだけです。2020年2月から現在も朝礼をZoomで実施していますが、継続することで若手はもちろん、年配のスタッフも自然と慣れていくことができました。まずは「慣れる」ことから始めてみましょう。

 

そして現在、オンライン化で問題になっているのが「雑談不足」です。Zoomのようなオンライン会議システムの場合、どうしても「ちょっと聞きたい」場合に声をかけることが難しい状況になります。

 

そこで当社で5月よりテスト導入しているのが「バーチャルオフィス」。oVice(オヴィス)というサービスを利用しています。バーチャルスペースに出勤するのですが、ちょっと声をかけたい時には、相手のアイコンに自分のアイコンを近づけることで相手と会話できるという仕組みです。まだテスト段階ですが、立ち話レベルの雑談も気軽に行えるようになっておりコミュニケーションの潤滑油になっています。

 

「バーチャルオフィス」oVice(オヴィス)

 

企業風土や業種業態により、リモートワークの正解はありません。また、何がなんでも100%テレワークにするのは現実的ではないと考えています。当社では、5日間のうち1日を出社日として、残り4日間をテレワークにするなど、オフラインとオンラインの特性を生かした働き方を日々模索していますし、会議はZoom、気軽なやりとりはバーチャルオフィスなどツールの使い分けを行っています。まずは取り掛かってみることですし、部分的な導入でも構わないと思います。新しい時代に対応した、新しい働き方を模索するいい機会と捉えて一歩踏み出してみませんか。

 

 

■<講師プロフィール>

 

ジャイロ総合コンサルティング株式会社 代表取締役

渋谷 雄大(しぶや たけひろ)

 

 神奈川大学卒業後、訪問販売会社にて最年少トップセールスを樹立。その後、サプリメント専門チェーン事業部門の責任者として、ショッピングセンター・百貨店などへの出店戦略をはじめ、人材育成、プロモーション・広報などを一手に引き受け多店舗展開を達成する。同社倒産時に、サプリメント専門チェーン事業の譲渡交渉を担当。サプリメント専門チェーン事業を自然派化粧品会社譲渡成功に導く。

 退職後、ジャイロ総合コンサルティングの地方専門のコンサルタントとして、事業承継、営業力強化、店舗戦略、人財育成、販売促進、Webコンサルティングなど、幅広く活躍している。

 

ページトップへ