本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

  1. 広島市中小企業支援センター
  2. 支援センター職員によるブログ

支援センター職員によるブログ

「安定ある成長」を続けるために(「現場から見上げる企業戦略論」から)

2017/11/20

橋口コーディネータ

 おはようございます。 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のコーディネータ・橋口です。

 今回ご紹介する「現場から見上げる企業戦略論」藤本隆宏教授 角川新書は、現役の「実証」経営学者の著書です。30数年間で国内外の千数百ヶ所のモノづくりの「現場」を歩き、現場の調査や観察に基づく知見をとても大切にされています。

 6章からなる本書で、難しい戦略理論は止めて、成る程と思った分かりやすい文章を順番に取り上げました。

  • (1)「グローバル能力構築競争」の時代は、すでに始まっている。そのためにやるべきことは、まずもって「良い現場を国内に残す」ということに尽きる。それは地域とともに取り組んでこそ意義がある。
  • (2)世界に先駆けて人口が自然減少していく時代に突入した日本は、世界のどの国よりも、現場の付加価値生産性の向上に注力していかねばならない。
    優良現場が、親会社や本社から「存続すべき生産現場」として選ばれる力が「裏の競争力(生産性、品質、リードタイム、フレキシビリティ)」である(現場で生産された「もの」が製品市場で選ばれる力が「表の競争力」※①)。技術とともに裏の競争力を支えるものづくりの組織能力は、能力構築や人材育成を怠ればたちまち劣後する。
  • (3)悲観論に惑わされるな、潮目は変わっている。中国経済は2005年ごろに農村部からの未熟練労働力の無制限供給が限界に達したと思われる※②。五分の一の賃金差ならば物的生産性を五倍に高めることで労働コスト競争力は互角になる。その目標が十分達成可能なものであることは、苦闘の二十年の間にひたすら能力構築を続けてきた日本の多くの優良現場が証明している。
  • (4)産業版の「三方よし」(顧客満足、利益確保、雇用安定)は、日本の優良な現場や現場指向企業が持つ隠れたアドバンテージである。しかし、固有技術力に自信のある中小企業もこれらに安住せず、顧客と結びつく有効需要の創出のための能力構築が必要である。
  • (5) ・2010年代は「グローバル・デジタル化」が本格化する時代である。インターネットを含む「上空」の電子情報システム(ICT)と「地上」の電子制御システム(FA)との融合により、世界を覆う情報通信ネットワークと現場のモノが一体となって進化を遂げる局面を迎えたと言うことができる。
  • ドイツのインダストリ-4.0は、地道な自動化・ネットワーク化推進と並んで、ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)による作業者や作業組織の異常対応や技能蓄積の支援あるいは中小企業の能力強化などの地道な取り組みで、ドイツの誇る中小企業が、ICTを制しているグーグルなどの下請けにならないことを目標としている。
  • 工場のインテリジェント化は、調整能力に長けた良い現場を持つ日本の企業には得意な領域であり、先を走ることも十分に可能であろう。結局、現場のICT-FA使いこなし能力で競争力が決まる。
  • (6)日本が安定ある成長を目指すためには、供給側の土台には、必ず「良い現場」やそれを大事にする「現場指向企業」が存在しなければならない。
    「明るい経済」には「明るい現場」が伴う必要がある。明るい現場とは、能力構築も、需要創造も、利益確保も、雇用確保も同時に目指す「良い現場」であって、しかも多くの人たちが、何年かあとにそこで元気にはたらく自分を想像できる、場所のことである。

  • これを見て本書を読んでみようと思われる方が居られれば幸いです。
    コーディネータは引き続きコンサルティング、マッチング等で中小企業様の能力構築のご支援を致します。

  • ①戦略構想力、ビジネスモデル創造力、プラットフォーム主導力、ブランド構築力アーキテクチャー改変力等本社・経営者の能力
  • ②2015年の一人当たりGDPは、中国約8,000ドル、日本約40,000ドル

ギンナン

2017/11/16

創業支援担当 上谷 主査

おはようございます。 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・上谷です。


平和大通りでは、ギンナンを拾っている方が見かけられ、この時期の風物詩になっていますね。

ところで、ギンナンの果肉は、非常にカブレやすいので、拾うときは必ずゴム手袋をして果肉が皮膚に触れないようにしたほうがいいそうです。


さて、11月1日から募集中の経営セミナーをご案内します。

セミナー名は、「人財確保はザバイバル!~「合同企業説明会」活用セミナー~」です。

  • ◆日 時平成29年12月7日(木) 13:00~17:00
  • ◆会 場合人社ウェンディひと・まちプラザ(広島市中区袋町6番36号)
  • ◆受講料2,000円
  • ◆内 容第1部 「採用活動の総点検」編
  • 採用活動の目的
  • 活躍する姿から逆算する採用活動
  • 第2部 「合同企業説明会活用」編
  • 合同企業説明会に臨む前に
  • 成果をあげるための運営とは

皆さま、奮ってご参加ください。


最後までお読みいただきありがとうございました。


鍋のシーズン

2017/11/ 9

創業支援担当 平田主事

 おはようございます。 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・平田です。

 最近、寒い日が続くので、こたつを出そうかと考えていますが、こたつから出られなくなりそうなため、頑張って耐えています。

 さて、このシーズンは寒さで辛くなる一方、あたたかい鍋を食べることが私の楽しみになってきます。

 鍋の良いところは、野菜を中心に色々な食材を食べることができること、簡単に作れること、そして、味(鍋つゆ)について深く考えなくても良いことだと思っていました。

 しかし、最近では「ビスク鍋」や「塩レモン鍋」など鍋つゆの種類やレシピが非常に増えているため、何を買ったり、作ったりすれば良いか分からず、悩むことが多くなっています。

 美味しい鍋ですが、ついつい色々な食材を入れて多く作りすぎてしまうので、食べ過ぎには気を付けたいと思います。

  


私のバイク

2017/11/ 7

asaki.jpg

おはようございます。 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・浅木です。

 

私が通勤で使用するバイクは、ホンダのスーパーカブです。数年前に父親から譲り受けて修繕し、今年で31年目になります。見た目はボロボロですが、愛着があり、とても気に入っています。

先日、ホンダはスーパーカブの生産を5年ぶりに中国から国内に戻すと発表しました。円安推移や中国での人件費高騰が続く中での判断とのことですが、私個人の意見としては、国内ユーザーに対する「国内生産」というブランド価値のPRもあろうかと思います。次期モデルも発表され、デザインも現在の角型ヘッドライトから、往年の丸型に戻すようで、私としても好感が持てます。

また、マツダはデビューから28年が経過した初代ロードスターのレストア事業の開始について発表しました。マツダがパーツを復刻して再供給する体制を整え、オリジナルに近い状態にクルマをリフレッシュするとのことです。

大企業、中小企業ともに新しい技術の開発は必要ですが、従来の製品とユーザーを大事にする姿勢も大事だと思います。

さて、私のバイクの話に戻りますが、最近、信号待ちでエンストすることがありますので、今度、プラグを交換しようかと思います。


医者が患者から風邪をうつされない理由

2017/11/ 2

創業支援担当・城戸主幹

 おはようございます。 がんばる中小企業を全力で支援する 「広島市中小企業支援センター」 創業支援担当の城戸です。

11月に入り、朝晩冷え込むようになりましたね。 これからの季節、気温が下がって空気が乾燥してくると風邪やインフルエンザといった感染症が流行しやすくなります。

そのほかノロウイルスなどによる感染性胃腸炎も増えてきます。

 

ところで、風邪をひいたりして近所のクリニックなどを受診したとき、なぜ診察しているお医者さんに感染しないのか不思議に思ったことありませんか。もしかすると医療関係者だけが使う特別な薬があるんじゃないか? とか。

 

でも当然そんなことはなく、マスクの着用や手洗いなど普段から予防行動を徹底しているため、一般の人に比べると感染する率がかなり低いのだそうです。ただし、さすがにインフルエンザのように感染力の高いものには通常の予防行動だけではムリみたいで、感染しても重症化しないよう予防接種を受けている人が多いとのこと。

 

感染してしまったら、早期治療と十分な休養が重要なのですが、それ以前に感染しないのが一番。まずは自身の免疫力を高めましょう。ポイントは3つ、(1) 栄養バランスの取れた食事で日ごろからしっかり栄養を摂る、(2) 運動して体を鍛える、(3) 睡眠をしっかりとる、だそうです。

 

私はというと、ウーン、どれもできていないかなぁ ・・・ とりあえず、しっかり寝るようにしたいと思います。

 

 

【参考】マイナビニュース http://news.mynavi.jp/articles/2017/09/27/virus/

 


プレゼンで成功するためのポイント その3

2017/10/31

中島コーディネータ

おはようございます。 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のコーディネータ・中島です。

これまで2回のブログでは、書籍「世界を動かすプレゼン力」(NHK出版)から、プレゼンの仕方について紹介しました。

ポイントは

①誰が聞き手か、聞きたいことは何かをまず考えること(7月4日)

②話す内容のストーリーを組み立てること(8月31日)でした。

今回は、パワーポイントの作り方です。


③パワーポイントの作り方

プレゼンには、パワーポイントがつきものですが、パワーポイント(ppt)なしの場合も、多くあります。 政治家や科学者、芸術家などが、一般の方に話す場合などで、定性的な話の内容になるときにはpptなしが多いですね。各種のあいさつや、訓示などの場合もpptは使いません。 一方、事業計画や生産計画など、具体的な数値が必要な場合では、エクセル表などを配布して使う方が良いケースもあります。商品の実物を見せながらのプレゼンもあります。

各方法は一長一短ですので、良い方法を各自選ぶ必要がありますが、一般的にはpptがあったほうが、プレゼンとしては楽ですよね。

さて、 上記書籍の著者であるニック・バーリーさんが「パワーポイントの作り方」で指摘されているのは下記の通りです。

〇ビジュアル(pptなど)は自分の主張を裏付け、強調するために使用するものであって、自分が言っていることを、スクリーンに文章で書いてはいけない。 文章を書くと、そちらを読むほうに気を取られて、自分(スピーカー)の話を聞かなくなる。

〇スクリーンに映っているもの(例えば数値)を読み上げてはいけない。数値が意味するものや、今後の見通しなどを口頭で行うべき。

〇一つのスライドに情報を盛り込みすぎないこと。一枚のスライドに一つの事象だけを記載する。いくつも並べてしまうと聞き手の関心が画面に行ってしまう。

〇スピーカーが一番伝えたいもの(アピールしたいもの)は何かが明確に伝わるようにする。

皆様、如何でしょうか?

このような視点を考えながら、いろいろなプレゼンをお聞きすると、かなり熟練した方のpptでも、課題が見えてくると思います。 プレゼンが上手な方も居られますので、双方を参考にして少しでも上達したいと思っています。

次回は、山中伸弥教授の「プレゼン力」(講談社)から、プレゼン術をご紹介したいと思っています。


食欲の秋 と 減量の秋

2017/10/26

木下副所長 おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の副所長・木下です。

 

 食欲の秋です。ついつい多く食べてしまうような気がします。しかし、当センターには、減量の秋を迎え、2か月で体のシルエットを変えると宣言している職員もいます。

 

 食に関してですが、今年の7月頃、たまたま深夜にテレビを見ていたら、俳優の松重豊さん(1997年NHK大河ドラマ「毛利元就」吉川元春役)が、会社員に扮し、毎回、仕事の合間に立ち寄った実在の飲食店で、1人で食事をするだけという不思議な番組を見ました(番組名は「孤独のグルメSeason6」)。

  

 30分の番組の大半が食べるシーンです。松重さんらしい演技で、店の雰囲気や客の観察、メニューの分析をして注文をします。食べ始めると、「うんうんバランスいいぞ」などとつぶやきながらも、常連客の注文したメニューを気にしながら、黙々と食べます。時には追加注文も。食べっぷりが良く、見ていると食欲がわいて、その店に行ってみたくなります。 

  

 登場する店は、ほとんどが、どこの地域にもある普通の食堂、中華料理店などですが、特徴のあるおいしいメニューがあれば、こうして取材をされるのだと思います。Season6は終わったようですが、Season7があれば、広島の飲食店も選ばれてほしいと思います。

  

 さて、冒頭の当センター職員は、食欲の秋と減量の秋をどう解決するのか。12月には答えが出ます。こうした二律背反の課題にどう取り組むか、経営者の方も悩まれることが多いと思います。解決の一助に、ぜひ当センターの窓口相談アドバイザー派遣制度をご利用ください。

  

 




分煙

2017/10/24

中小企業支援センター 土佐所長 

 がんばる中小企業を全力で応援する「広島市中小企業支援センター」所長の土佐です。

 暑い夏も終わり、秋を満喫している今日この頃です。

 さて話は変わりますが、先月、当財団が主催した環境関連の講習会に参加しました。その内容は、地球温暖化を食い止めるためには、脱炭素化(CO₂削減)が必要で、そのためには、産業革命のような社会の大転換が起きる必要があるというものでした。その「大転換」には、単なる制度や技術の導入ではなく、人々の世界観の変化を伴う必要があるといわれていました。

 その大転換に成功した例として、今日の分煙が挙げられていました。私が職場に入った30数年前には、喫煙者(私も当時喫煙者で、5年前に禁煙)はみんな机の上に灰皿をおいて、仕事中にもプカプカ煙草を吸っており、それが当たり前の光景でした。また、電車やバスの中にも灰皿が常備され、喫煙者は煙草を吸っていて、誰も注意することもありませんでした。その後、煙草の健康被害が叫ばれ、健康増進法の制定などを受け、約20年前には、職場に喫煙室が設けられ、その後その喫煙室も撤去され、完全禁煙へと移行してきました。

 私自身が禁煙に成功したこともありますが、今では職場に入った30数年前の状況が本当に信じられません。年末の大掃除でキャビネットを拭くと、雑巾に真黄色のヤニが付いたものでした。今日では、職場や会議で煙草を吸うことは考えられません。それは、煙草の健康被害が認識され、法律等の整備がされ、人々の煙草への認識が大転換した結果なのだと思います。30数年前には想像できなかったことが人間には実現できました。このため、今、無理だろうと思う社会システムも、20~30年後には実現できているのではないでしょうか。


そこに山があるからではなく・・・

2017/10/19

IMG_8032.JPG

 おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・有里です。

 10月も下旬に差し掛かり、秋真っ只中ですね。絶好のアウトドアシーズンにつき、私は度々登山に出掛けています。

 登山といえば、きつそう、準備が大変そうなどのイメージもあると思いますが、広島周辺には、ちょっとしたピクニック気分で、雄大な景色を楽しめる山が多くあります。


 特に今の季節は、暑さ寒さもなく、いいとこどりの登山ができます。そして、絶景を見ながら食べるおにぎりやカップラーメンの味は格別です。

 他にも、登山ファッションにこだわる、SNS映えする写真を撮る、植物を鑑賞するなど、色々な楽しみ方があります。

 何より、日頃の悩みやストレスの解消には、これ以上無い方法だと思いますので、忙しいお仕事の合間に、是非出掛けてみてください。


西日本最大級の「ひろしまIT総合展2017」が開催されます。

2017/10/17

創業支援担当・北浦主事 おはようございます。 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・北浦です。

10月25日(水)から27日(金)の3日間、IT分野では西日本最大級の「ひろしまIT総合展2017」が開催されます。


近年では、ITとは全く別の媒体が結びつくことで、新しいサービス、新しい産業を作り出すという考え方が注目されています。

当財団も、事業紹介の一環としてデザイン開発室のひろしまデザイナー紹介サイト「と、つくる」、支援事例として「平成28年度新成長ビジネス事業化支援事業」で支援している株式会社マージナルのWeb面接システムBioGraph(バイオグラフ)を出展します。


皆さんも是非、会場に足を運んで新技術、新サービスに触れてみてください!




月別の記事
リンク集

ページトップへ