本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

  1. 広島市中小企業支援センター
  2. 支援センター職員によるブログ

支援センター職員によるブログ

自転車通勤始めました

2018/11/16

経営革新担当 大前主事

 おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・大前です。

 私は約3年前までペーパードライバーでしたが、自動車の運転ができなければ仕事や生活(家族との遠出)に支障が出るため、中古の軽自動車を購入し、運転に慣れるために自動車通勤をしていました。ある程度運転に慣れてきた(と感じる)こと、最近体力の低下が著しいと感じたこと、お腹のぜい肉が気になってきたこと、ガソリン代を削減したい妻からのプレッシャー等の様々な理由により、今月から自転車通勤を始めました。

 始めて一週間ほどですが、坂道を上る時は息も絶え絶えで、脚が筋肉痛になって情けない限りです。横を追い抜かしていく高校生を見ながら運動不足を痛感しています。続けていかなければと思いますが、これから寒い時期に入るため、それを考えると既に心が折れそうです。

 弱音ばかり吐いていると娘に「お父さんかっこ悪い」と言われそうなので・・・頑張ります!

 

 


クラウドファンディングのホームページ

2018/11/15

創業支援担当・北浦主事  おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・北浦です。

 様々なアイデアの製品やプロジェクトが、資金調達を目指してクラウドファンディングのホームページに掲載されています。

 クラウドファンディングは、決まった期間内に、製品やプロジェクト等についてホームページ上でプレゼンテーションを行い、設定した資金の目標額を調達したり、支援者を募ることができます。

 このクラウドファンディングの資金調達に成功すると、製品が生産され、販売が始まります。アイデアを見るだけでも楽しいので、皆さんも一度「クラウドファンディング」について検索してみてください。


山口県に行ってみました

2018/11/14

経営革新担当 大前主事

 おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・大前です。

 先月のことですが、11月4日まで山口県山口市阿知須で開催されていた山口ゆめ花博と、山口市内にある母校のホームカミングデーというイベントに家族で行ってきました。

 山口ゆめ花博は、雨が少し降りましたが、綺麗な花を見たり、設置された遊具で楽しそうに遊ぶ我が子を見たりして、癒されました。

 母校のホームカミングデーでは、教室や食堂が一般解放されており、私が在学していた10年程前と変わらないところもあれば、新しく綺麗になったところもあり、懐かしい気持ちになったり、驚いたりしました。

 特に、母校の食堂で自分の娘と一緒に昼食を食べたときは、「自分が父になって、このような日が来るとは。」と感動し、一人で胸が熱くなっていました。このような調子なので、私は娘の結婚式で泣いてしまうのだろうと今から思っています(ちなみに娘は現在5歳です)。

 また機会を見つけては、家族で遠出をして思い出を増やしていきたいと思います。

 

 


タバコの値上げとお財布事情

2018/11/ 8

kobayashi2

 おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・小林です。
 

 10月からタバコが値上げしてしまいました。もう何度目でしょうか。私は1日一箱(20本)弱程度の喫煙者でしたので、毎日500円がお財布から消えていくと、結構な金額になったりします。

 

 キッツイわ~(;´Д`)y-.。o○

 とか思いながらも現実からは目をそらし、なんとなくフラフラとちょっと気になっていたPloom TECH(加熱式タバコの一種)を購入していました。

 

 この商品は、タバコ1回あたり1本という消費量ではなく、「タバコ1回あたり10回吸うよね。250回吸ったらタバコ1箱分ね」という方式で消費していきます。

 この違いに、はじめはピンとこなかったのですが、使ってみると「ん?」なんか一箱が長持ちするんですけどw

 

 どうやら私はタバコ1回あたり、平均して6~7回くらいしか吸っていないようなのです。つまり、250回吸えれば、タバコ40本分くらいのボリュームということ。Ploom TECH1箱で2日以上吸えるので、結果、タバコの費用が半分以下に((((oノ´3`)ノワーイ

 

 カウントの方法を変えると経費が半額とか、経営的には会心の一撃でしたわw


新成長ビジネス事業化支援事業(第2回目)の支援先を掲載しています。

2018/11/ 7

経営革新担当・三井主査 おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・三井です。

  11月に入りました。あっという間に今年も残り2か月となりました。今年は子供の軟式野球部への入部、カープのセリーグ3連覇ということもあり、我が家では野球の話題が多かったです。

 少し前になるのですが、今年度の第2回目の「新成長ビジネス事業化支援事業」の支援先を決定し、当センターのホームページに掲載しました。
 第2回目の支援先は株式会社東洋高圧と株式会社福々庵の2社です。2社とも高齢者向けの食品の開発で、平成31年4月の販売を目指しています。
 計画通りの事業化となることを期待しています。

※支援先についてはこちらから確認してください。

http://www.assist.ipc.city.hiroshima.jp/news/2018/10/30-1.html

 

 

 


菊の花

2018/11/ 1


創業支援担当 上谷 主査

おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・上谷です。


ここのところ、朝晩、めっきり冷えてまいりましたね。

さて、季節も晩秋にかかり花の数がめっきり少なくなってくる11月ですが、この時期の代表的な花の一つに、菊の花があります。この菊と言えば、食用菊がちょうど出荷のピークとなるようです。
食用菊は、苦みや渋みを抑えつつ、食べる花の部分が大きくなるように品種改良されたものだそうです。
生でも美味しい食用菊ですが、天ぷらがイチオシという通の話があります。
揚げると、独特の苦みが和らいで、サクサクとした新感覚の触感が楽しめるということです。食べてみたくなりました~。

それでは、今日から募集している経営セミナーをご案内します。
セミナー名は、マーケティングセミナー「売り手発想から生活者発想への転換
~そもそもの存在意義から発想する~」です。
  • ◆日 時平成30年12月6日(木) 13:30~16:30
  • ◆会 場合人社ウェンディひと・まちプラザ(広島市中区袋町6番36号)
  • ◆受講料1,000円
  • ◆講 師株式会社博報堂 そもそもデザイン推進体 代表/ファシリテーター 赤松 範麿 氏
  • ◆内 容 1 生活者発想になるクセづくり
  • 普段しがちな発想と、生活者発想との違い
  •  生活者にとっての「そもそも」から発想するミニワーク
  • 皆が良く知っている商品や、伝統工芸などの事例で、自ら考えるミニワークを体験
  •  「そもそも」を捉えるコツ
  • 発想するコツについての共有

お申込みは、こちらです。皆さま、奮ってご参加ください。


食欲の秋はパスタで

2018/10/25

創業支援担当・城戸主幹

 おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する 「広島市中小企業支援センター」 創業支援担当の城戸です。

 

今日はプロ野球ドラフト会議がありますね。

昨年は7球団が早稲田実業の清宮幸太郎選手を1位指名するなか、カープは広陵の中村奨成選手を1位指名して獲得しました。今年はいったい誰を指名するのでしょうか。

 

ところで、今日10月25日は「世界パスタデー」です。

EUやイタリアのパスタ業界団体などが、毎年、この日にイベントやキャンペーンを行います。

日本でも、イタリアンレストランなどが今日限定のメニューを出したり、販促キャンペーンを行ったりして「世界パスタデー」の認知度が徐々に高まっています。

 

500種類以上あるとも650種類以上あるとも言われるパスタ。その原型となる料理は古代ローマ時代にはすでに食べられていたそうで、当時は麺状ではなく、粥状に煮込んで食べられていたとか。

日本発祥とされるケチャップで味付けしたナポリタンも今は懐かしのメニューになっていますが、相変わらず根強いファンは多いようです。

 

カープ大好きのあなた、今日はドラフト会議の中継を見ながら、ワインでも飲みつつ好きなパスタを食べて食欲の秋を満喫するというのはどうですか。

  


事件は現場で起きている

2018/10/23

中小企業支援センター 土佐所長 おはようございます。

 がんばる中小企業と創業者を全力で応援する「広島市中小企業支援センター」所長の土佐です。


 やっと暑かった夏も終わり、朝晩も涼しく、風がとても心地よく過ごしやすい季節になりました。この季節が長く続けばいいのですが、また、あっという間に寒い冬が来るのかと思うと残念な気分になりますが、この季節を存分に楽しみたいと思います。


 さて標題のフレーズは、有名なテレビドラマの主人公の台詞であり、皆さんもよく御存知ではないでしょうか。このことの本質は、企業経営の問題解決にも通じるものがあります。


 以前、私が企業からの相談を受けた時のことです。その企業は、長い歴史を有し、有能な職人も抱えた建設業の方で、新たにリフォーム用のショールームを設置したが、売上が伸びないとのことでした。

 そのショールームに行ってみると、そこには、洋菓子店、喫茶店、美容室かと見まごうような、とてもオシャレな店がありました。しかし、外観からは何をしている店かまるでわかりませんでした。このため、オシャレな外観にふさわしい看板を付けて、リフォームのためのショールームであることを明示するよう提案しました。その後、半年くらい経って経営者の方から電話があり、看板設置後お客様が増えた、お客様も何の店かわからないので、入りにくかったとのことでした。


 例えは違うかもしれませんが、キリンや象のことを全く知らない人に、口でいくらその特徴を説明しても理解できないが、一度見せると皆が理解できるように、課題・問題点の改善のためには、現場に足を運ぶことの重要性を、企業の経営者も企業の支援を行う者も 肝に命じる必要があるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 


朔日参り

2018/10/18

阿須賀コーディネータ(創業支援) おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のコーディネータ・阿須賀です。

  

 最近、若い人たちの間でも節目節目に神社にお参りしたり、盛り塩したり、満月や新月、二十四節気など季節の行事を大切にするという人が増えているように感じます。昔ながらの日本の知恵が受け継がれていくのはとてもいいことですね。

 広島に住んでいるといつでも行けるから、渋滞するから、人が多いから、と意外と行く機会もなかったりする宮島ですが、朔日参りに行かれたことはありますか?毎月一日は、時刻表にはありませんが朝五時半発のフェリーが無料で乗船できます。もちろん渋滞に巻き込まれることもありません。季節によっては朝日を浴びながら、また冬場は真っ暗な中を厳島神社や大願寺、大聖院へと参拝し、新しい月を新たな気持ちでスタートできます。近くに住んでいるからこそ、参拝後に普段通り仕事することも可能ですね。毎月一日にしか売られない「ついたち団子」などこの日、この時間だけの特別なメニューを出しているお店もあり、ひそかな観光資源になると感じています。一度早起きしてお参りしてみてはいかがでしょうか。


「就職協定 ルール廃止に思うこと」

2018/10/16

佐藤コーディネータ

おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のコーディネータ・佐藤です。

経団連が2021年春から採用ルールを廃止する意向を示したと報道がありました。

永く採用の仕事に携わってきましたのでよもやま話を少し・・・

産業界、学生の双方にとって好ましい方向に踏み出したと感じています。大学生が勉強して専門性を磨き、企業はその到達度を評価するスタイルになることを期待してのことです。協定廃止にあたっては、就職活動の長期化により学生が学業に専念できなくなるとの懸念がありますが、杞憂だと思っています。

多くの学生は受験が終わると、勉強よりもバイトや部活に専念します。3年夏になると、バイトや部活での活動体験を武器に就職活動を始めます。企業もポテンシャル採用と称し、学業のことは殆ど問わず、人間性や行動特性を測ります。

学生の本分は学業です。専門性を磨き、それを活かす場を決めるのが就職です。専門性を磨くことが就職に有利に働くのであれば、多くの学生は協定に関係なく学業に専念できるはずです。

実はこの価値観や動きはすでに少なくない企業や学生の中では共有されています。

経団連会員外の人気のIT企業や外資系企業は、すでに舵を切っているのです。

自分の過去はすっかり棚に上げて(笑)、学生にはしっかり勉強して、未来を謳歌して欲しいと思っています。


月別の記事
リンク集

ページトップへ