本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

  1. 広島市中小企業支援センター
  2. 支援センター職員によるブログ

支援センター職員によるブログ

第17回ビジネスフェア中四国2019出展に向けて

2018/09/20

創業支援担当・北浦主事 おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・北浦です。

 ビジネスフェア中四国への出展に向けて、具体的な準備に入る時期となりました。

10月初旬には、ビジネスフェア実行委員会にバイヤー向けのカタログ案を作成し提出します。企業にとっては「戦略広報活動」の一環として地域性と機能性が一目瞭然で伝わる様なキャッチフレーズ等を作り出す必要があります。県外へ販路開拓を望むのであれば、ビジネスフェア当日以上に重要な部分です。なぜならバイヤーの方々にとって、わざわざ広島まで出張して来るかどうかを判断する為のものになるからです。


11月には、「出展者説明会」があります。その後、11月~1月の初旬頃迄は、デザイン支援室の協力を得て展示ブースの装飾関係の打合せとなり、2月のビジネスフェアに出展します。


今年で4回目の担当となります。毎年学んだことは、誌上セミナーの執筆依頼等に活かすことができるので楽しくやらせて頂いてます。


ちょっとお得なパソコン(iPhone含む)活用術

2018/09/13

kobayashi2

 おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・小林です。
 

 ひさしぶりのiPhone活用術です。

(=゚ω゚)ノオヒサ

 私ごとですが、iPhoneを購入してもう?年。マンネリ化しつつあるiPhoneの活用...いやいや、世の中は進化している。新しいアプリや、以前からのアプリでも新機能の追加で、これまでとは違った活用法もあるはず!

 

 ということで、今回はGoogle翻訳です。私のiPhoneに以前から入れていたアプリですが、知らない間に超絶進化していましたw

 カメラに映った画像をリアルタイムで翻訳してくれちゃってます!(ΦωΦ)

 同じようなアプリは他にもありましたが、有料版であったと記憶しています。Google翻訳様は無料!いいね~。

 試しにひろしまの企業情報(英語版)のHPをカメラを使って翻訳させてみました。

 うむ...ま、分かればいいか。これで海外の看板も読めちゃうぜ。(oノ´3`)ノウェーイ

 

Google翻訳サンプル.JPG

 


今年の夏は暑かったです。

2018/09/11

経営革新担当・三井主査 おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・三井です。

  

 14年間使用していた我が家のリビングにあるエアコンが今年の7月下旬に壊れました。修理部品がないため、新しいエアコンを購入することにし、家電量販店へ行きました。

 エアコンはありましたが、取り付けは約2週間後と聞き、それまでは暑さに耐えなければいけないと覚悟しました。
 暑さに耐えきれないときは別の部屋にエアコンがあるため、その部屋で過ごしていましたが、3日目くらいから暑さに慣れてきて、扇風機を使用することでなんとかリビングでも過ごすことができました。
 現在、エアコンの効いたリビングは快適です。
 今年の夏はエアコンの有難さと自分の適応力を感じました。でも、無理はしないようにしましょう。

 

 

 


松茸

2018/09/ 6

創業支援担当 上谷 主査

おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・上谷です。

ここのところ、やや涼しくなって過ごしやすくなってきましたね。
さて、松茸の季節がやってきました。国産品は高嶺の花だということは言うまでもないことですが、外国産は香りがイマイチなんですよね。

松茸の香りといえば、約80年ほど前に日本人の農学博士によって成分が解明されました(おかげで松茸のお吸い物の素なんていう商品が出たんですね)が、この成分研究のために「約500kg」の松茸が使われたということです。今では考えられないですね。あ~、もったいない!


それでは、10月1日から募集する経営セミナーをご案内します。

セミナー名は、「成功事例でわかる効果的な販売促進」です。

◆日 時 平成30年11月7日(水) 13:00~17:00

◆会 場 合人社ウェンディひと・まちプラザ(広島市中区袋町6番36号)

◆受講料 2,000円

◆講 師 株式会社マーケティング・トルネード 代表取締役 佐藤 昌弘 氏

  • ◆内 容1 効果的にアピールするとは何か?
  • 2 各ビジネス、各タイミングに適した各種ツールが利用される
  • 3 成功している販促ツールに共通する特徴
  • 4 販促ツールの事例紹介(ビフォー&アフター4事例)
  • 5 アピールポイントの作り方・見つけ方
  • 6 アピールポイントをみつける(ワーク)
  • 7 販促ツールへの落とし込み
  • 8 万能的な販促ツール・デザインのひな形紹介
  • 9 お客様の声の取り方と質問例


お申込みは、こちらです。皆さま、奮ってご参加ください。


鉄道の旅

2018/09/ 4

asaki.jpg

おはようございます。 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・浅木です。

 

近年、寝台特急(ブルートレイン)が廃止される一方で、JR九州の「ななつ星in九州」、JR東日本の「TRAIN SUITE 四季島」、JR西日本の「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」など、周遊型寝台列車が登場し、チケットを取るのも大変だそうです。

いずれも豪華な新型車両のクルーズ列車ですが、先日、朝のニュースで、豪華クルーズ列車のように、お金をかけることはできないものの、アイデア勝負で頑張っている観光列車「ながまれ海峡号」の紹介をしていました。

運営はJR北海道から経営分離された第三セクターの「道南いさりび鉄道」です。

新型車両の製造ではなく既存車両の改造、地元の食材を活かした料理の提供、途中駅に停車して地元の方々による手作りのおもてなし 、イカ釣り漁船の幻想的な漁火の鑑賞など、アイデア勝負の企画で旅行会社とタイアップして、リーズナブルな価格設定により、ファミリー層に人気とのことでした。

ちなみに、私、二度ほど寝台特急「サンライズ出雲」に乗車したことがあります(広島から岡山まで新幹線で、岡山で乗り換えます)。通常生活では、不眠で苦しむことはないのですが、なぜか、二度とも一睡もできませんでした。


「断捨離」 決行!

2018/08/30

創業支援担当・城戸主幹

 おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する 「広島市中小企業支援センター」 創業支援担当の城戸です。

 

家のリフォームをすることにしました。現在の我が家は2階中心の生活スタイルなんです。そこで、歳をとって階段の昇り降りが辛くなる前に生活の拠点を1階に移そうと、1階をリフォームすることにしたのです。

 

でも、その前に1階にある多くのモノをなんとかしないと工事のジャマになります。

改めて見回してみると、タンス、書棚、食器棚などの収納家具、その中に入っている衣類や雑貨に様々な食器類。他にもスチール製の家具や各種電気製品、押入れの中には収納ケースといっぱいの布団。 (うーん、モノが多すぎ!)

しかも家族構成が変わって使わなくなったものがたくさんあります。

 

昔の写真など懐かしい品々もありましたが、この際、今使っていないものは全て処分することにしました。一部の家具は人にあげて、小物はごみ収集日に少しずつ出して。残りの家具は? 布団は? ・・・ (ダメだ、当分終わりそうにない。)

 

ということで、あとは業者に回収を依頼しました。残りの不用品を手際良く部屋から搬出し、ついでに庭に置いていた古いベンチや植木鉢なども回収してもらい、1時間程で作業は終了。あっという間にトラックが満杯になりました。

おかげで1階はスッキリ。これでリフォームに着手できます。

「断捨離」 成功 \(^o^)/

 


同窓会

2018/08/28

中小企業支援センター 土佐所長 おはようございます。

 がんばる中小企業と創業者を全力で応援する「広島市中小企業支援センター」所長の土佐です。


 平成30年7月豪雨で被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。当センター及び広島市等では、被害を受けられた事業者の皆様に対して、各種支援策(当センターHP参照)を用意していますので、是非御活用ください。

 

 さて、私は今年還暦を迎えましたが、還暦の年は、皆様方におかれましても、同窓会が大流行となっているのではないでしょうか。私も、今年、高校と中学校において還暦同窓会が開催されると案内があり、お盆に高校の学年同窓会に参加しました。

 クラスの同窓会は、5年間隔程度で開催していますが、学年全体となると卒業後25年目頃に1度開催しただけで、今回2度目、幹事の皆さんには本当に御苦労をかけたものと思います。

 

 当日は、卒業生約400名のうち151名の参加がありました。しかしながら、わかっているだけで21名の同窓生が既に亡くなっているということもわかりました。その中には、よく話をした者も何人か含まれており、胸の奥に何かとても切ない気持ちが沸き上がりました。

 歳を取ると時間の経つのが早いといわれますが、「主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価される。」とフランスの哲学者が言っており、若い時期における時間の心理的長さは、歳をとってからのそれよりも長く感じるのは事実のようです。このため、太ったり、皺が増えたり、毛が薄くなっていても、会えば一瞬で高校生の頃に帰り、思い出話に花がさきました。また、当時憧れていた人は、長い歳月を経てはいますが、凛とした姿で輝いて見えました。

 

 ところで、同窓会の日時は、盆の日曜日の夜でしたが、同じ時間帯に他の中学、高校の同窓会が2~3件開催されておりました。周年記念の同窓会やイベントは、今日のホテル業界ではなくてはならない事業の一つとなっているようであり、こうした周年記念等のようなイベントは他の業界においてもビジネスチャンスの一つではないかと感じています。

 


がんばろう広島

2018/08/23

阿須賀コーディネータ(創業支援) おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のコーディネータ・阿須賀です。

  

当センターも広島市の関連施設なので8月6日はお休みでした。今年は豪雨災害から1か月ということもあり、改めて祈りの一日となりました。

生まれが福山なので、夏の始まりとともに「ハチロク」関連行事が大小数多く行われ、暮らしの中に溶け込んでいることに最初は驚きましたが、子どもたちにはそんな広島をきちんと継承させたいと娘が小学生のころ、8月6日の灯篭流しに行きました。私は「カープ優勝」と当時の市民の切なる願いを灯篭に書きましたが、わざわざ書くくらいに「優勝なんて夢のまた夢」という感覚だったことをよく覚えています。


それからまだ10年もたっていないのに、カープは三連覇をめざすほど強くなり、「この世界の片隅に」のロングランヒットなど広島が日本中から注目され、世界的にもトリップアドバイザーの人気観光地ランキング2位が平和記念資料館、3位が宮島となっています。いつのまにか、それが当たり前に思えていたかもしれませんが、実はすごい努力の積み重ねの結果だったのだと思います。


豪雨災害でたくさんの事業者の方々も被害を受け、瀬戸内エリアの観光地も客足が落ち込んでいますが、きっとカープとサンフレッチェが日本一となり、再び広島を元気づけてくれることでしょう。

私たち一人一人もできることを精いっぱいやって、地域の元気を支えていきたいですね。


「雨が降ったら傘をさすこと」

2018/08/21

佐藤コーディネータ

おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のコーディネータ・佐藤です。

これは20代の時に当時の上司に勧められ読んだ松下幸之助さんの著書「経営のコツここなりと気づいた価値は百万両」にある最も印象深い一説です。

それ以降何度も読み返しましたが、今でもその大切さを感じることが尽きません。

その一説とは、

ある記者が経営の神様といわれていた幸之助氏に

「会社経営の秘訣はなんですか?」と聞いたところ

「そうですなあ。雨が降れば傘をさすことではないでしょうか」

との返事。

記者がきょとんとしていると

「周りをよく見てください。傘を持っているのにささずにずぶ濡れになっている人もいれば、頭の上にさせばよいのに、横に向いてさしている人もいる。なかなか難儀なんではないでしょうか」

とのこと。

つまり、当たり前を当たり前にやることこそ、実は難しく、とても大事だとのことです。

お客様の声に耳を傾ける。互いに協力し合う。責任をもって仕事をする。困った人を助ける。約束を守る。うそをつかない。人にやさしくする。いつも前向きに挑戦を続ける・・・

ニュースになるような不祥事や問題を見ていると、改めてこの言葉の重みを感じます。

あれから二十数年が経ちますが、心の葛藤があると、その度に幸之助さんの本を手に取ります。

本を読み返した数が、葛藤した回数だったのかもと思い出しながら、改めてその大事さを噛みしめています。


エアコンの省エネ

2018/08/16

向井コーディネータ(技術) おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のコーディネータ・向井です。

 この度の平成307月豪雨で犠牲になられた方にお悔やみ申し上げますとともに、被災された方にお見舞い申し上げます。豪雨の後は一転して35℃を超える猛暑日が続いており、今時夏を元気に乗り切るためにはエアコンが必需品となっています。最近の天気予報では、「生命に危険を及ぼす暑さとなります。適切にエアコンを使いましょうという。」というコメントが流されるほどです。

 今回、家庭での夏場日中の消費電力の58%を占めるエアコンの省エネ対策について述べたいと思います。エアコンは、室内機と室外機の間を熱の運び屋である冷媒が循環し、圧縮凝縮と減圧蒸発を繰り返すことで、夏場は室内の熱を室外に汲み出し、冬場は室外の熱を部屋に汲み入れる「ヒートポンプ」です。ポンプですから熱を移動させるだけで、電熱ヒータのようにジュール熱を発生させるものではありません。したがって、ヒートポンプは、消費するエネルギーよりも大きなエネルギーを移動させることができ、工夫次第で省エネを追求することができます。

 ヒートポンプの省エネポイントは、第一に室外機と室内機の作動温度差が小さいこと、また窓からの熱の授受が少ないことです。この理屈から、冷房時には次の対策が有効です。

1.室内機と室外機の作動温度差低減と窓からの熱の授受抑制

(1)部屋の設定温度を上げる。

  ただし、快適性を維持し、我慢しない程度。設定温度を1℃上げると約10%節電。

(2)室外機への直射日光を遮り、風通しを良くする。
  我が家では、写真のように簾を使って日陰をつくっています。

(3)窓からの日射を遮断する。

  ブラインドやカーテンを利用する。我が家では、グリーンカーテンも併用。


 第二に、室内機や室外機の熱移動を促進することで作動温度差低減と等価の効果が得られます。これには、次の対策が挙げられます。

2.室内機や室外機の熱移動促進

(1)室外機の周りに風の流れの妨げになるものを置かない。

(2)室内機のフィルターを定期的に掃除する。

(3)室内機の送風ファンの流速を上げる。

  送風ファンの消費電力の上昇よりも、圧縮機の消費電力の低減効果が大きい。

 第三に、起動時と運転パターンの適正化です。エアコンは起動から約10分までの消費電力が最も大きいことが知られています。そのため、次の対策が有効です。

3.エアコン起動時と運転パターン

(1)起動前に、まず部屋にこもった熱を換気する。

(2)エアコンは断続運転より連続運転の方が省エネに有利。(断続運転条件による)

  例えば、30分運転、5分停止の繰り返しより、連続運転の方が約3割省エネ。電灯やテレビのように、こまめにスイッチを入切すれば節電できるのとは異なります。

 まだまだ残暑厳しい日々が続きそうです。エアコンを適切な条件で使用し、快適性を維持したまま省エネを実現してみてはいかがでしょうか。

IMG_0864.jpg


月別の記事
リンク集

ページトップへ