本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

広島市中小企業支援センター > 支援センター職員によるブログ > 2017年1月

支援センター職員によるブログ

カープ優勝のもう一つの価値

2017/01/31

中島コーディネータ

おはようございます。 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のコーディネータ・中島です。

 

最近はIOT、AI、IE、3D、BEMS等々、わかりにくい用語が多いですね。

FAやEC、PET、KYなど、複数の意味があるものは余計わかりにくいので、できるだけネットで調べることにしています。FAには、Factory Automation、Financial Adviser、Free Agentなどの意味があるそうでが、ここでは、Free Agentについていて興味ある(うれしい)記事が載っていたので紹介します。

Free Agent(FA)は、1993年に開始された制度で、「プロ野球球団所属の選手は、球団である年数が経過すれば、いずれの球団とも契約を結ぶことができる制度」のことです。

ドラフト制度により戦力均衡が図られている中で、FAは、他球団の有力選手を獲得できるので、(FAで選手を獲得するためには、資金が必要ですが) 自軍を強化する近道です。

当然ですが、資金に余裕のある球団が有利です。

記事によれば、93年以降で、FA選手を最も多く獲得している球団は巨人で23人、次がソフトバンクの13人、阪神11人、DeNA 8人、中日6人、オリックス5人、ヤクルト4人、ロッテ&西部&楽天3人、日本ハム1人なのだそうです。


では、カープは?

セリーグの有力球団が、獲得数ランキングの上位を占めている中で、カープは"なんと0"でした。(逆に、他球団へのFAは、金本、江藤、新井、黒田(海外FA)等多いですよね!)

FA獲得選手数が0人のカープが、ペナントレースで獲得数が最も多い巨人を破ったことは、特筆すべきことだと思います。カープの、人材獲得(ドラフト)戦略と選手育成システムは評価されて、大リーグの球団からも問い合わせが来ていると記載されていました。

選手育成と言えば、広島県出身でサラリーマンだった原晋氏が、2004年に弱小の青山学院大学の駅伝監督になってから11年、2015年1月の箱根駅伝に見事に優勝。無名の高卒選手を集めて選手育成したとのことです。この1月に3連覇しました。こちらもすごいことです。

カープや青山学院大学の姿は、頑張る中小企業に重なるように思います。

本年も、よろしくお願いいたします。


夢をかなえる方法

2017/01/26

創業支援担当 竹内主事

 おはようございます。 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・竹内です。

 2017年の年初め、目標や計画を立てられた方も多いのではないでしょうか?
 そんな方々に先日読んだ本の中に印象的な言葉があったので紹介します。

 「夢をかなえる方法、それは、自分の夢をたくさんの人に語るということ。できれば、一日に十回、誰かに自分の夢や目標を語ってみよう。十回口にすることによって、漢字の成り立ちどおり、「叶う」になる。でも十一回以上言ってはいけない。なぜなら、「吐く」になってしまうから。」(出典:栗木史多『一歩を超える勇気』サンマーク出版)


 夢を誰かに語ることで、対外的な協力を得られるということもありますが、自分の決意を強固なものとし、ブレのないものにする意味もあるように思います。


 近い将来「創業」を計画されている方はぜひ中小企業支援センターに夢を語りにお越しください。細かな計画まで決まっていなくても構いません。

 あんなことがやりたい!こんなことがやりたい!という夢を聞かせてください。お待ちしています。( ^ ‐ ^ )


寒中お見舞い申し上げます

2017/01/24

創業支援担当・城戸主幹

 おはようございます。 がんばる中小企業を全力で支援する 「広島市中小企業支援センター」 創業支援担当の城戸です。

  

2017年がスタートして、あっと言う間に

1月も下旬になりました。
「ジャネーの法則」 知ってますか?
歳をとるほど時間が経つのが早くなる。

おそらく誰もが感じるこの現象を心理学的に説明したものです。
「生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する」 ということらしいのですが ・・・ 詳しくはWebで (^_^;)

 

ところで、1年の始まりである1月は、二十四節気では1年が終わる時期にあたります。二十四節気とは、1年を24等分(約15日ごと)に分けた季節の区分のことで、「立春」で始まり「大寒」で終わります。

 

今年の「大寒」は1月20日でしたよね。でも二十四節気は特定の日をさすだけでなく期間も表すので、次の「立春」(2月4日)の前日までは「大寒」なんです。
一年のうちで最も寒い時期で、寒稽古などの神事や行事が各地で行われます。

インフルエンザがピークを迎えるのもこの時期、くれぐれもご自愛ください。

 

ちなみに1月20日午前6時24分が今年の「大寒」の瞬間だったそうです。

 


インターネットでも広告が必要です。

2017/01/19

姫野コーディネータ

 おはようございます。 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のコーディネータ・姫野です。
 

 さて、今回のテーマは「インターネット広告」についてです。

 

 インターネットのウェブサイトやメールを使用し企業が製品やサービスのマーケティングのために行う宣伝活動のことで、「ネット広告」「オンライン広告」「ウェブ広告」などと呼ばれます。

 従来のマスメディア=チラシ、新聞、雑誌、TVなどとは異なりインターネット広告はユーザーの年齢、性別などの属性、行動履歴、地域などによって配信する内容を変える、また能動的にアクションできるなど深いコミュニケーションを取れる仕掛けが出来る事が特徴です。

 インターネット販売やサービスで苦戦しているというのをよく聞きますが、お店を作っても広告しなければ売れないように、インターネットという大海原で見てもらうために広告は必須だと考えて経営戦略や予算に入れておくことが必要です。



店舗物件の探し方について

2017/01/17

創業支援担当 平田主事

 おはようございます。 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・平田です。
 

 今回は、飲食業や小売業などで店舗を賃借して創業する方が特に悩まれる「店舗物件の探し方」についてお話しします。

 
 最近はインターネットで手軽に物件を探すことができますが、特に条件の良い物件は、インターネット上で物件情報が公開される前に賃貸契約が成立することがあります。


 こうした物件を探す場合、現賃借人の退去時期を一早く把握できる物件のオーナーや現賃借人、知人からの紹介など人脈を活かした方法以外には、主に次の2つの方法があると言われています。


① 場所、予算などの条件を整理した上で、複数の不動産仲介業者を訪問し、希望する条件を伝えて探してもらうこと


② 希望する出店予定地を実際に歩いて、入居者募集中の物件を探すこと


 物件を探す際には、出店予定地近辺の調査を事前に必ず行うことに加え、前テナントがある(あった)場合には、前テナントの撤退理由についても確認しておくと、立地条件などを含めた物件そのものの課題などが分かる場合がありますので、参考までに確認してみてはいかがでしょうか。


社会保険労務士などの専門家への相談窓口について

2017/01/12

経営革新担当 大前主事

 おはようございます。 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・大前です。

 年末年始は3歳の娘と二人きりで過ごす時間が多く、心と時間に余裕を持ちながら娘と向き合うことで、普段は気づかなかった娘の小さな成長を発見するとともに、妻の日頃の苦労を改めて実感することができました。今後も娘と過ごす時間をしっかり持つように努めようと思いました。


 育児に関連した話題になりますが、育児・介護休業法が改正され、平成29年1月1日に施行されました。介護休業の分割取得、介護休暇の取得単位の柔軟化、有期契約労働者の育児休業の取得要件の緩和、子の看護休暇の取得単位の柔軟化などのポイントが改正されました。この他にも、労働や社会保険に関する法律の改正が相次いでおり、就業規則などの内容を変更する必要が生じるケースも考えられます。


 広島市中小企業支援センターでは、中小企業診断士や社会保険労務士などの専門家による経営や創業に関する相談窓口を開設しています。経営をする中で、労務や社会保険について社会保険労務士などの専門家に相談したいと思われたときは、ぜひ窓口相談をご活用ください。


経営セミナーの御案内です!

2017/01/10



創業支援担当 上谷 主査

 おはようございます。 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・上谷です。

 

昨年12月15日に経営セミナー「思わず入りたくなる店づくりの極意」を開催いたしました。店舗の玄関の写真を使用して入りたくなる店舗を検証したり、実際に紙コップを使って商品陳列の演習を行ったりして、小売業の人たちにとってとても参考になる講義でした。


次は、「小さな会社の成功事例100連発!」というテーマで経営セミナーを開催します。あらゆる業種の方に為になる経営セミナーですので、奮って御参加ください。

◆日  時 平成29年2月7日(火) 13:30~16:30

◆受講料 1,000円

◆講  師 株式会社インタークロス 代表取締役 栢野 克己 氏

◆内  容  

  ・ 小さな会社が成功するには?皆さんの意見を聞かせてください

  ・ 小さな会社が成功する8つのポイント

  ・ 小さな会社の成功事例100連発

  ・ 皆さんの会社の改善点を書いてみてください(簡単なワーク)



お申込みは、こちらを御覧ください。







平成29年(2017年)年頭にあたってのご挨拶

2017/01/04

中小企業支援センター 土佐所長 あけましておめでとうございます。

 がんばる中小企業を全力で応援する「広島市中小企業支援センター」所長の土佐です。


 旧年中は、当支援センター事業の推進に格別のご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 昨年を振り返りますと、まず、5月にアメリカのオバマ大統領が被爆地広島を訪問され、本当に記憶に残る歴史的な年になりました。
 また、もう一つ広島にとって大きな出来事は、カープの25年振りのセリーグ制覇ではないでしょうか。自分の周りでも、遠くは青森、東京、高松などの古い友人からお祝いの電話やメールが届きびっくりしましたが、その広島経済への波及効果は極めて大きかったのではないかと思われます。
 さて、今年についてですが、1月にトランプ次期米大統領が就任されますが、保護主義的といわれる経済政策が日本の経済にどのような影響を与えるのかは未確定ですが、結果的に、市内の中小企業の皆さまにとってプラスに働くことを期待しています。
 広島市中小企業支援センターでは、窓口相談、専門家派遣、創業者支援など各種支援制度を有しておりますが、事業内容のさらなる充実を図り、これまで以上に中小企業の皆さまのお役に立つよう職員一同努めてまいりますので、本年もよろしくお願い申し上げます。

公益財団法人広島市産業振興センター
中小企業支援センター
所長  土 佐  計








月別の記事
リンク集

ページトップへ