本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

広島市中小企業支援センター > 支援センター職員によるブログ > 2010年5月

支援センター職員によるブログ

「売場活性化セミナー」を開催します。たくさんの皆様のご参加お待ちしております!!

2010/05/31

takeda2.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当の竹田です。

 

 平成22年7月14日(水)13時30分から広島商工会議所において「売場活性化セミナー」を開催します。


 このセミナーは、広島市内の小売店舗の経営者、店舗責任者の皆様を対象として行うもので、多くの業種・業態の事例を紹介しながら、ビジュアルマーチャンダイジング(VMD)に携わる人がどのような視点で取組むと時代に対応した売場をつくることが出来るのかを、実例を交えながら分かりやすく解説します。
講師には、小売店の売場改善、販売研修VMDの実践指導を行っておられ、著書として、「商品陳列の法則99」「売場づくりの法則84」、その他月刊誌「商業界」「ファッション販売」などの業界誌で多数執筆しておられる株式会社マインド代表取締役 VMDディレクター 福田ひろひで(ふくだ・ひろひで)氏をお招きしております。


 詳しいことは、6月1日発行の「市民と市政」、各区役所、出張所、区民文化センター等に置いてあるチラシ、当センターの各種セミナー・研修会サイトで内容をお知らせしますので、是非ご覧ください。たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。

 

111.jpg         「中小企業のためのリスクマネジメント入門」セミナーの開催の様子(昨年7月開催)


ちょっとお得なパソコン活用術

2010/05/28

kobayashi2.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・小林です。

 


 私は、当財団のICT担当と言われている(自称?)こともあり、今回もパソコンの便利な使い方についてご紹介します。

 

 

 

 

 まずは、次の図を見てください。どちらが、立体的に見えますか?
(どちらも、ワードのオートシェイプで作成した図です。Aはオートシェイプの標準機能である影効果を付けたもの。Bは周辺をぼかした影の画像を別に作って重ねています。)


117.jpg 
 私は、断然Bの方です。


 私たちが普段、生活している場所には、様々なところから光がやってきているはずです。蛍光灯や窓からの太陽光、それらが壁へ反射した反射光などです。それらの総和として影ができているハズですから、はっきりとした影になる方が少ないのかもしれません。


 そこで、オートシェイプの影も周辺を少しぼかしてみると、あら不思議、立体的に見えます(私には)。こちらの方が、より自然に近いということなのでしょうか。
ワードでチラシを作るときなどに活用されてみてはどうですか? 立体感アップですよ!


「モノづくり事はじめ‐19」

2010/05/27

kubo3.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のプロジェクト・マネージャー 久保です。

 

 この「モノづくり事はじめ」は、一昨年の12月に始まりその後シリーズとして継続し今回で19回目になりました。これまでに①発想→②設計→③図面化→④試作→⑤評価・検証→⑥改善→⑦生産→⑧販売→⑨アフターサービスの全プロセスの「⑦生産」までを「モノづくりの立場」から見てきたことになります。


 モノづくりの立場からは、工場から商品を送り出し、⑨のアフターサービスの段階で市場品質情報が得られれば「モノづくりの仕事は終わり、あとは販売部門の仕事」と思うかもしれませんが、決してそうではありません。次世代の商品を「発想」するためには、P-D-C-Aの輪を閉じてやる必要があります。


 商品導入時期には、開発した商品をお客様に正しく理解していただくために新商品発表会や展示会等のプロモーションイベントが実施されると思いますが、技術者自身も積極的にこれに参画し、開発のポイントは何か商品メリットは、競合商品に対しどういう点が優れているか等を開発者の立場から顧客に説明し理解を深めて頂いて一人でも多くのファンを獲得することが大切です。


 さらに、その商品がどのように顧客に評価されているか、また不幸にして購入に至らなかった場合はその商品のどういうところがお客様に気に入っていただけなかったのか、購入拒否の理由は何だったのかを冷静に客観的につかみ取ることが大切です。商品の好評点だけでなく、お客さまから寄せられるこれらの不評点は次期商品を企画するにあたって非常に貴重な情報です。"自分はひと様との付き合いが苦手だから"という理由で技術者になる人は少なくありませんが、だからと言って自分が作った商品の向こう側にいるお客様が何を感じているかということに無頓着でいてもよいということではないのです。

 

(以下次号)


中小企業のみなさんのためのコンシェルジュ!

2010/05/26

hamada2.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のマネージャーの浜田文男です。


 コンシェルジュは、「お客様にきめ細かなサービスを提供する人」の意味で使われています。たとえば、ホテルや百貨店などでお客さまの要望や分からないことなどいろいろなことの相談に乗ってくれます。お客様にとってとても役に立つ存在です。

 

 実際、大手百貨店のコンシェルジュサービスを見てみると伊勢丹(新宿店)、西武百貨店(池袋店、渋谷店)、そごう(横浜店、千葉店、神戸店、広島店、大宮店、八王子店)、高島屋(東京店、大阪店)、三越(日本橋店)で行われています。サービスを受けるには前日までに予約した方が良いようです。「要望をあらかじめ聞いておけば時間をかけて店内を調査でき、より希望に沿った提案ができる」からです。


 さて、中小企業のみなさんにとってこのような役割の人が居ると心強いのではないでしょうか。しかも、一旦受け止めると最後まで面倒を見てくれるというのが望ましいでしょう。でも、みなさんに心掛けて欲しいことがあります。それは、隠さないことです。


 みなさんと同じ目線でコミュニケーションを大切にして対応したいと考えています。みなさんのためのコンシェルジュを目指しています。

 


今を生き抜く「発想と積極性」

2010/05/25

shimonawa.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・下縄です。

 

 ゴールデンウィークにNHKで「地球ドキュメント ミッション」"地方レストラン発 日本の農業"という番組の放送がありました。


 山形県鶴岡市にあるイタリアレストランのシェフ、奥田氏は、絶滅しかけていた在来野菜や埋もれていた地元食材を発掘し、新たな郷土料理の開発や斬新なメニュー開発し、全国から訪れる人々を魅了し続けています。この店の出現で、それまで採算が合わず、自信を失っていた地元生産者は息を吹き返しました。


 奥田氏は自店が成長し続けるためには、地元生産者が元気でなければいけないという信念のもと、共存共栄を図るため地元食材をブランド化し、地元の有望なシェフたちにこれら食材を提供するとともに、こうした志を持つ料理人を全国で発掘し、ネットワークの構築に励んでおられます。


 地産地消が各地で定着するにつれ、消費者(利用者)側の課題として、①出荷量がそろわない、②どのような地場農産物があるか分からない、③どこで地場農産物が入手できるか分からない、などを挙げていますが、顧客に喜んでいただくためには、奥田氏のように自分の足と味覚で県内を駆け回り、農産物を探し出すとともに、新たな郷土料理の開発にまで踏み込むといった積極的姿勢が、今、求められているのではないでしょうか。


 奥田氏の経営姿勢に、商売成功の多くのヒントがあるように思えてなりません。


新商品等の販路開拓に「新開発商品市場開拓事業助成金」をご利用ください。

2010/05/24

tsunemoto2.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・常本☆康之です。

 

 今回は、5月14日(金)から、今年度分の募集を開始した「新開発商品市場開拓事業助成金」は、中小企業の皆さんが研究開発した新商品や新技術を市場に送り出す際のお手伝いをするもので、商品等のPRとなる見本市等の出店費用などが助成対象となります。


 昨年度は、5社に助成しました。募集期限は、6月14日(月)までですので、新商品のPR資金等に利用しようと思われましたら、申請書類をダウンロードして頂いた上で、応募をお願いします。
 また、内容にご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

☆申請書のダウンロードは、こちらをご覧ください。


中国の激安ジーンズ製造工場

2010/05/21

bajyou2.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・馬上です。

 

 1本1,000円を切る激安ジーンズが大手SPAやディスカウントショップから発売されて1年位経ちますが、その安さの秘訣ともいえる中国の製造工場の様子を、先日テレビで放映していました。

 

 ご覧になられた方もいらっしゃると思いますが、その工場では、500人の従業員が午前7時から午後6時まで働き、1日6000本のジーンズを製造しています。布地の裁断もほとんど端切れを残さず裁断し、何といっても驚きは、それが超分業体制で生産されていることで、具体的にはサイドの縫製担当はサイドだけ、ポケット担当はポケットだけ、ファスナー担当はファスナーだけを受け持っています。大量生産体制ではこのように工程を細分化しピッチタイムを短くして、超単能工化を図った方がいいかもしれませんが、毎日毎日10時間も小さなポケットだけを作るのって本人はどうなのかなと思い、見ているうちにチャップリンのモダンタイムスを思い出しました。

 

 ただ、中国もこれから経済が成長するにつれて人件費水準も上がり、いずれはこのような工場も工程の再編、多能工化の促進に迫られ、人件費の安さを目当てに中国で生産活動をしている企業も対応の見直しを迫られてくるのではないでしょうか。


頑張る中小企業訪問記 その3 街のアーティストのためのレンタルギャラリーカフェ"カモメのばぁばぁ" 船本 由利子さん

2010/05/20

fujita3.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する広島市中小企業支援センター所長の藤田です。


 私が、当センターの支援企業や起業家を訪問し、頑張りぶりを紹介しています。

 

 

 

 

 "カモメのばぁばぁ"は、オーナーの船本由利子さんが、当センターの「女性・シニア創業パッケージ型支援事業」を利用して、平成20年8月に創業されました。


112.jpg                           船本由利子さん

 

 "カモメのばぁばぁ"という店名は、船本さんがイギリス留学のときに住んでいたブライトンという港町のイメージと、店舗が元理髪店(Barber)だったことに由来するそうです。


113.jpg 
                        店の看板はもちろん「カモメ」

 

 イギリスでは、街のギャラリーが若い優れた作家の発掘や芸術や文化を語り合える場所となっていることに感動したことが創業のきっかけだそうです。帰国後、広島にも、そのような場所を作りたいと思っていたところ、「アーティストに優しい街」を標榜する横川商店街の一角に現在の物件が見つかり、一念発起。当センターの支援事業にチャレンジされたものです。

 


114.jpg 115.jpg  
   

   

 

 

 

 

     

 

 

     

   訪問した時に展示されていた作品               店内には、藤田嗣治の展示会のポスターも

 

 

 創業を機に「アーティストに優しい街」横川に住まわれ、横川商店街の広報誌づくりに参画したり、カープ応援のために「赤い作品展」を開催されるなど、アートを通した地域活性化にも貢献されています。


116.jpg                     店内はカープの赤一色「赤い作品展」

 

 

 また、着物や帯の洋服、小物へのリメイク事業で、船本さん同様に「女性・シニア創業パッケージ型支援事業」の認定を受けた小田百合さん(ぐれいす ぱんせ)の個展が開催される予定です。

 


月別の記事
リンク集

ページトップへ