本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

広島市中小企業支援センター > 支援センター職員によるブログ > 2008年12月

支援センター職員によるブログ

またまた認定が出ました!

2008/12/26

bajyou.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力でバックアップする「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・馬上です。


 またまた認定が出ました!


 去る12月11日(木)に、今年度第3回目の女性・シニア創業パッケージ型支援事業の事業可能性評価委員会が行われ、5名の応募者の中から3名の方の事業計画が認定されました。


 今回認定を受けたのは、栗栖かいんさん、野村美幸さん、橋本明子さんのいずれも意欲溢れる女性で、今年度はこれで女性ばかり6名が認定を受けました。


 昨日、広島市役所で認定式が行われ、三宅理事長(副市長)から認定書の交付を受け、創業への決意を新たにしていました。

 

37.jpg


〈先行きが混沌とした時代、複眼的視点が必要とされています:その2〉

2008/12/25

mennde.jpg  おはようございます。がんばる中小企業を全力でバックアップする「広島市中小企業支援センター」マネージャー・免出です。

 

 10年前、大型風力発電の勉強のため北方ドイツに訪問しました。1500kwの風力発電が一般農地に組み立てられつつあるところも見学しました。その地は、30年前豪雪地帯であったとのことです。そのときふと思ったことは、雪が少なくなってよかったなあということです。

 

 一方、現代は石油より水が貴重な資源になりつつあるといいます。そして日本人は水に不足しないといいます。しかし四国に行くと水不足が深刻になる場合があります。その大きな理由の一つとして、雪が降らないということがあります。雪が積もり、それが徐々に溶け、流れ出ることによって、天然の貯水池の役割を果たし、水不足を解消するからです。雪は貴重な水資源であることに、遅まきながら気がつきました。

 

 新潟のように大雪が降るととても大変です。しかし豪雪の翌年は豊作になるといいます。豊富な水が得られるだけでなく、害虫等も少なくなるためと思います。そう納得すれば、私たちは一概に雪を邪魔扱いしないに違いありません。つまり、ものごとを様々な角度から見ていくことが大事であるということではないでしょうか。実は、人は自分の良さとだめさ加減がわかりにくいということがあります。大事なのは自分の良さに気付き、自分の良さを活かすことなのですが、それが容易ではありません。

 

 そんな時、違う立場の人、異なる経験をした人、異業種の人の意見や考えを聞くことが、大切になります。特に将来の見通しが難しい時こそ、さまざまな人々の意見に耳を傾けて、自分たちの良さを活かす、新たな見通しのきく大地を見つけ出して行かなくてはなりません。

 

 私たちマネージャーが、そんなときに、何らかのお役に立つことができないかとも思います。お互いが持っている良さに気づいて、その良さを活かして行くことで、明日が切り開らかれてくると思います。


クリスマスプレゼント

2008/12/24

  tosa.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力でバックアップする「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・土佐です。

 

 今日はクリスマスイブですね。若い頃はこの日はなんとか一人で過ごさないようにと必死になって奮闘したものですが、長い年月を経過した今日では、何もない普通の日となんら変わらない日になっていることに気づき、習慣とは恐ろしいものだと痛感しています。

 

 たとえ話がおかしいのですが、皆様の企業においても、悪しき習慣がはびこっていないでしょうか。本当は改善すべき事項であるにもかかわらず、放置している仕組みや制度等はありませんか?

 

 社内を見渡し、改善すべき事項があれは、改善目標として紙で職場に掲げましょう。そして、改善のための方策を検討し、社員全員で対応策を共有し、意識することで、問題点は改善に向かうことになります。

 

 厳しい経済情勢の昨今、社内の無駄や無意味な習慣などがないかもう一度見直すことで、会社の増収、経費削減に努めてください。


中小企業向け支援事業を行っています!

2008/12/22

  mikio.jpg  おはようございます。がんばる中小企業を全力でバックアップする「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・北林です。

 

 昨日は冬至。今日から一日の日照時間は長くなりますが、厳しい寒さはこれから。しかし、「一陽来復」の言葉どおり、少しずつ春に向かっているのだと思い、寒さに立ち向かっていきたいと思います。

 

 さて、経済環境もこれから迎える季節同様、ますます厳しい寒さに向かっていくように思われます。こうした状況では、新たな取組みに果敢に挑戦することへの意欲が薄れがちになりそうですが、こういう時であっても、将来のために何らかの「種まき」を行うことが必要なのかもしれません。

 

 広島市中小企業支援センターでは、研修会、専門家のアドバイザー派遣など中小企業の皆様向けの様々な事業を行っています。是非ご利用いただき、少しでも中小企業の皆様の「種まき」にお役に立てればと思います。


「特定電子メール法」について紹介します!

2008/12/19

hamada.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力でバックアップする「広島市中小企業支援センター」のマネージャー・浜田です。


 みなさんは、「特定電子メール法」が改正されたことをご存じでしょうか。いわゆる迷惑メールを規制する法律です。この法律は平成20年6月6日公布され平成20年12月1日施行されています。正式には「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律の一部を改正する法律(平成20年法律第54号)」です。おもな改正点は【1】オプトイン方式の導入【2】実効性の強化【3】その他です。これらについて若干説明しておきます。


 【1】については

 ①これまでのオプトアウト方式【広告宣伝メールであっても、特定電子メールである旨(件名に「未承諾広告※」を付ける等)の表示をしておけば、事前の同意なしに送信することは可能】からオプトイン方式【あらかじめ送信に同意した者に対してのみ送信を認める方式】になっています。

 

 ②同意後でも改めて拒否の意思表示があると送信はできません。

 

 ③メールには送信者の身元を明示します(送信責任者の氏名、住所、電話番号、受信拒否の連絡先となる電子メールアドレス又はURL)およびオプトアウトの通知ができる旨の記載をします。

 

 ④同意取得の記録は配信停止の1カ月後まで保存する必要があります。


 【2】については

 ①送信者情報を偽った電子メールの送信に対し電気通信事業者が電子メール通信の役務の提供を拒否できます。

 

 ②電子メールアドレス等の契約者情報を保有する者(プロバイダ等)に対し情報提供を求めることができます。

 

 ③報告徴収及び立入検査の対象に送信委託者を含め、不適正な送信に責任がある送信委託者に対し、必要な措置を命ずることができます。

 

 ④法人に対する罰金額を100万円以下から3000万円以下に引き上げるなど罰則を強化しています。


 【3】については

 ①迷惑メール対策を行う外国執行当局に対し、その職務に必要な情報の提供を行うことができます。

 

 ②海外発国内着の電子メールが法の規律の対象となります。


 以上ですが、広告・宣伝のメールを出される事業者(法人および個人)の方は、 こちらを参照してください。また当法律は【38条】からなっております。ご一読ください。


 なお今回の改正でスパム業者からのメールはなくなると期待されますが、受信した場合の対処方法は従来と変わりません。【迷惑メールは無視】してください。


「いい店ひろしま」に学ぶ「記憶力の接客」

2008/12/18

29.jpg kusukubo.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力でバックアップする「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・楠窪です。


 今回のブログでは、実際に「いい店ひろしま」の審査をした消費者審査員からいただいた、とても興味深いご意見を紹介します。

 

 「一度店舗を訪問調査したが評価を迷い、3週間後再度訪問した時、店員さんが私のことを覚えていてくれたのでうれしかった。」というものです。覆面調査なのでこの店員さんは一般のお客様として対応したのだと思いますが、このお店は、接客に関してとても高い点数を取っていました。

 

 接客に求められる要素は数々ありますが、記憶力も接客の重要な要素だと感じました。ある有名ホテルのドアスタッフ(ホテル玄関で車のドアを開ける従業員)の方は1,000人以上のお客様の顔、名前、車種などを記憶し「ようこそお越しくださいました、○○様」と声をかけている、という話を聞いたことがあります。

 

 確かに「覚えられている」=「特別扱い」という心理がはたらき、悪い気はしないものです。こうなると  購買意欲も沸いてきて、財布の紐が緩むのではないでしょうか。いわゆる「顔パス」などはその典型 30.jpg例だと思います。


   接客業に携わっている皆様、この「記憶力の接客」を是非参考にしてみてはいかがですか。

 

いい店ひろしま表彰店舗はこちら

 


只今、研修で勉強中です。

2008/12/17

saeki.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力でバックアップする「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当の・佐伯です。


 現在、私は中小企業大学校で行われている研修に参加し、商圏分析、中小企業のマーケティング、マーチャンダイズ、販売分析、販売計画の立て方、POP・チラシの作り方等、経営支援に必要な知識を、主に中四国地方の商工会議所や商工会の経営指導員の方と一緒に学んでいます。


 約4週間に及ぶ非常に長い研修ですが、今回の研修で、少しでも経営支援に必要な知識を増やし、経営支援を必要としている皆様のお役に立てるよう頑張りたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

(研修内容の紹介)


小売店への誘客方法
① 手書ボード
 ホワイトボードより黒板がよく、商品の説明よりも会話のきっかけになるような内容がよい。


② 隙をわざと作る
 手書きのPOPやおしながきを店頭にかざる。字は多少くずれているほうが客に親近感を与える場合がある。


③ 見せる、聴かせる、漂わせる
 作業や製造場面を店頭から見せるようにしたり、良い匂いや音楽が流れ出すようにすると誘導効果が高まる。


④ 誘客商品
 店頭に誘客力のある商品を並べる。毎日一緒だと飽きられるので一週間に一度ぐらいの頻度で商品を入れ替えるとよい。


⑤ 店頭に花やベンチを置く。
 高齢者や親子づれの休憩場所になり、コミュニケーションの場となる。


(グローバルビジネスのこぼれ話:Eメール編その2)

2008/12/16

  konndou.jpg  おはようございます。がんばる中小企業を全力でバックアップする「広島市中小企業支援センター」マネージャー・近藤です。


 さて、先日のEメール編その1の続き、つまり'数多いメールをいかに処理するか'について。


 まずもって、一通りすべてのメールを一瞥することは、どうしても必要です。でないと重要な情報を見逃しかねませんから。


 朝のほんの10分程度で、全部を一瞥するには、差出人とタイトルを見ながらスクロールし、ある問題意識を持って、時々スクロールの指を一瞬止め、Previewをちらっと見ることを続けるしかありません。


 問題意識とは、優先順位といってもよいかもしれませんが、


 優先順位1

 メールを見る前に まず今日予定されている会議のうち、自分がリード役で、かつ重要案件があるものを、まず頭に入れましょう。
 おっと、ここで朝一番にやらねばならないことがもう一つありました。
 Outlookのスケジュールをみること。急な会議が午前中に入っていたりしてないでしょうか?(会議編はまた別途お話ししましょう)


 優先順位2

 企業は組織で動いていますから、自分の上司や重要な関係先から来ている案件があれば、それを見ずして、会議に行くわけにはいきません。もし何らかの事前協議が必要になるかもしれませんから。


 優先順位3

 OutlookにはToとCcがありますが、当然Toに自分の名前が入っているとまず優先です。しかしCcのなかには、関係者全員にかかわる重要案件があることが多いので注意が必要です。


 これらの視点を頭にいれ、スクロール開始!
 右親指が止まるのが少ないほど、朝の作業は楽なものになるのですが。
 なかなかそうはいきません。続きは'その3'で。

 


月別の記事
リンク集

ページトップへ