本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

広島市中小企業支援センター > 支援センター職員によるブログ > 2010年2月

支援センター職員によるブログ

「戦略的思考力強化セミナー」を開催しました!

2010/02/26

niimoto2.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・新本です。

 

 今回は、2月22日(月)に、メルパルクHIROSHIMAで開催した戦略的思考力強化セミナーの結果を報告します。

 

 このセミナーでは、中小企業の経営者等を対象に、経営戦略策定に必要な戦略的思考力の高め方、戦略策定・実行のプロセスについての解説・演習を行い、経営戦略の構築に必要な知識と実践的な手法を学んでいただきました。


 経営戦略に関心のある方50名が受講されました。

 

 講師は、企業戦略分野のエキスパートとして活躍中で、大手企業、中堅・中小企業、ベンチャー企業など200社を超えるコンサルティング実績があるS&Gビジネスディレクション株式会社の代表取締役社長の吉田史朗先生で、具体的な事例を交えながら、「経営戦略の重要性」、「自社のあるべき姿を的確に捉える戦略眼」や「経営戦略策定のための分析手法」などについて、わかりやすく解説していただき、大変好評でした。

 

 今年度の当センターのセミナー・研修はこれで終了しましたが、来年度も各種セミナー・研修を開催しますので、中小企業の方や創業をお考えの方は、ぜひご参加ください。

 

105.jpg

 

 


起業家サロンを開催しました!

2010/02/25

kitabayashi2.jpg   おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当 北林昌樹です。

 

 去る2月15日の月曜日に、WEプラザ(広島市女性教育センター)で、財団法人広島市産業振興センターの創業支援事業利用者、女性起業家サポーターなどの創業支援の専門家、SOHO施設の関係者など34名の方にお集まりいただき起業家サロンを開催しました。

 

 広島修道大学川名教授からの現在の創業環境や創業のポイントについて講演、開業資金の低減や創業をスムーズに行うためのSOHO施設や商店街の空き店舗の紹介、女性・シニア創業パッケージ型支援事業被事業認定者からの創業の経緯や現在の経営状況などについての事例発表及びそれに対する創業支援の専門家からのアドバイスなど、盛りだくさんの内容で大変好評でした。

 

 また、意見交換会は、立食形式で、料理に舌鼓をうちながら、創業者、創業予定者、創業支援専門家の交流を深め、創業に大切な人的ネットワークづくりを行っていただきました。

 

103.jpg 104.jpg


みかんとこたつの相関関係?

2010/02/24

bajyou2.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・馬上です。

 

 先日のニュースで、昔に比べてみかんの出荷量が減っているという放送をしていました。その原因の一つとして、「皮をむくのがめんどうだ」とか「中の白い皮が爪の間に入るのが嫌だ」とか言う若い主婦や女子学生のコメントを流し、その対策として、皮をむいてあるみかんの新商品を開発した企業の紹介もしていましたが、その後で、唐突にこたつの生産量も減っているという話をしていました。結局、昔に比べて一家団欒の時間が少なくなり、家族でこたつに入って、みかんを食べながらテレビを見るという習慣がなくなってきているのが大きな原因ではないかということでした。ちなみに、統計資料からグラフを作ると下記のようになりました。(詳細に相関係数を計算したわけではありませんので、実際に相関関係があるかどうかはわかりません。)

 

 確かに、わが家でも今はこたつがありませんし、テレビドラマを見ても、昔は「時間ですよ」とか「寺内貫太郎一家」など、中央にちゃぶ台を置いて、皆で食事を取るシーンがありましたが、今のトレンディドラマではあまり見ることがなくなりました。

 

 このように、ライフスタイルの変化は産業や企業経営に大きな影響を及ぼします。ライフスタイルだけでなく、政治の動向や流行、トレンドなど世の中の流れに対して常にアンテナを張り、変化に敏感に対応できるようにしておくことが大切です。

 

102.jpg


「経営者のための職場のメンタルヘルス対策入門セミナー」を開催しました!

2010/02/23

kataoka2.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のマネジメント担当・片岡です。

 

 今回は、2月17日(水)に、広島市まちづくり市民交流プラザで、32名の方にご参加いただき開催した「経営者のための職場のメンタルヘルス対策入門セミナー」の結果を報告します。

 

 

 

 

 

 

 

101.jpg このセミナーでは、中国電力㈱専属産業医などを経て、現在、独立行政法人労働者健康福祉機構 広島産業保健推進センター産業医学相談員や中小企業の産業医などをされている"松山須美子"先生を講師にお招きし、メンタルヘルス対策が必要になった背景、メンタルヘルス対策の必要性・基礎的な知識・実践などについて、裁判例や事例をあげながら分かりやすく解説していただきました。

 

 セミナー後の参加者アンケートでは、全員の方から「内容が理解でき、参考になった」という回答をいただき、大変好評でした。

 

 当支援センターでは、来年度も様々なセミナーを開催しますので是非ご参加ください。


雑学「地方銀行史」③ナンバー銀行

2010/02/22

kageyama.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営担当マネージャー・景山です。「地方銀行史」シリーズの3回目をお届けします。

 

 明治5年(1872年)の国立銀行条例では4行しか設立されなかったため、明治9年(1876年)には同条例が改正され、銀行が発行した紙幣の正貨兌換義務は無くなり、資本金の80%まで国立銀行紙幣の発行が可能になりました。


 重荷が外されたことで、国立銀行の設立が相次ぎました。


 現在64行ある地方銀行の殆どは、この時期に誕生しています。


 広島県では、明治11年に第六十六国立銀行(尾道市)、明治12年には第百四十六国立銀行(広島市)が設立されました。前者が現在の広島銀行の母体です(後者も後に合併)。


 こうした国立銀行の増加に伴い、紙幣増発によるインフレ懸念が高まったことから、政府は、明治12年11月の第百五十三国立銀行(京都府)を最後に、国立銀行(発券銀行)の設立を禁止し、以降は、紙幣を発行できない私立銀行の設立に限定されました。


 当時の国立銀行名には、全て認可順の番号が行名に付けられており、その番号が現在の行名に残っている銀行が、次の7行で、全て地方銀行(所謂第一地銀)です。


 第四銀行(新潟市)、十六銀行(岐阜市)、十八銀行(長崎市)、七十七銀行(仙台市)、八十二銀行(長野市)、百五銀行(津市)、百十四銀行(高松市)


 このうち八十二銀行は、第十九国立銀行(上田市)と第六十三国立銀行(松代市)の合併による足し算のナンバー銀行ですが、他は国立銀行当時の名称をそのまま残しています。


 この他に、第二地方銀行協会加盟の第三銀行(松坂市)がありますが、同行は国立銀行を母体としておらず、新ナンバー銀行と言われています。


ひみつのケンミンショー

2010/02/19

  tosa2.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の副所長の土佐です。

 

 テレビ番組のなかで、最近私のお気に入りの番組がタイトルにあるケンミンショーです。見られた方も多いかと思いますが、全国各地の不思議な習慣や食生活などをカミングアウトするバラエティ番組です。

 

 例えば、おでんの具が関東から関西にかけてどのように変化しているのか、また、おでんにつける辛子などの香辛料も各地で異なったりしています。さらに、大手餃子チェーン店の天津飯が関東ではケチャップ味で、関西以西は醤油味であったり、佐賀ではちゃんぽんの具にウスターソースをかけるなど、普段では思いつかない商品やメニューが紹介され、その商品を番組の出演者が食するのですが、ほとんどがおいしいという感想を述べています。

 

 新商品のアイデアは、机に向っていてもなかなか出るものではありません。こうした番組を見ると目から鱗状態になり、新商品の開発に繋がるのではないでしょうか。是非、経営者の方は御一考ください。


リコールについて考えること

2010/02/18

  kubo3.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のプロジェクトマネージャー・久保です。

 

 国内最大手の自動車会社が、最近続けてリコールをしたことで話題になっていますが今回は市場品質問題について少し考えて見ましょう。


 商品の市場品質を確保するために、製造し出荷する前に検査・確認し、不具合を市場に出さないよう最大限の努力がはらわれていますが、それでも市場での不具合を完全にゼロにすることはできません。現実の問題としてリコールを避けて通ることは出来ないことです。


 リコールを行う意味は、欠陥が潜在している商品のユーザーに対して「重大な不具合が起こる危険性がある」ということを一早く知らせ顧客の安全を確保するとともに、「メーカーとしてどのように対策を実施するのか」を広く一般に告知することにあります。


 この場合、不具合が報告された時点からメーカーが具体的なアクションを取るまでの間にあまり時間を要すると、メーカーとして責任逃れをしているとの印象を与えてしまうため企業イメージが急速に損なわれ、その企業の存在意義そのものを問われる事態にまで容易に至ってしまうことは、これまでの例に枚挙のいとまがありません。


 従って、多くの企業では市場で品質問題が発生したときに、情報がいち早くフィードバックし、問題の発生→原因究明→対策案の検討→対策実施を可能な限り迅速に行えるようあらゆる事前の策を講じていますが、それでも今回のような問題は起こります。


 リコールを実施するかどうかの判断は、不具合の内容が生命・安全に直接かかわるようなものであったり、あるいは明らかな法規違反のようなものであれば容易ですが、今回一部に報道されたように「フィーリング上の違和感の問題だ」という捉え方があったとすると、リコールを実施するかどうかの判断は非常に難しいことだっただろうと想像されます。


 リコールは、企業にとっては起こしてはならないことです。開発、製造の実行部隊は、リコールは「絶対」に出さないとの固い決意で仕事をする必要があります。しかし不幸にして市場品質問題が起こった時には、経営者は「いかにして責任を回避するか」ではなく、「顧客満足最優先」の考え方を判断の拠り所とすべきです。よしんばそれで経営が立ち行かなくなったとしても、それが顧客第一主義を貫いた結果であるのと、社会的責任から逃げた結果であるのとでは天と地との差があります。経営者の見識と胆力が問われるところです。


「何と御諚なり共、御旗ハ立申たり」

2010/02/17

創業支援担当・北林幹生 おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・北林幹生です。


 当センターで経営者・管理者向けにリーダーシップ能力向上のための「管理者スキルアップ研修」(講師:有限会社コンサルネット 代表取締役 小林茂之氏)を開催したことは、このブログで既報のとおりですが、この研修で「なるほど、そういうことだったのか」と思わず納得したことがありました。

 

 

〔小林先生の講義内容〕


 リーダーシップとは単に影響を及ぼそうとする試み(行動)であり、その行動の成果の有無は2つのパワー(リーダーが保有する「ポジションパワー」と「パーソナルパワー」)に作用される。「ポジションパワー」は組織内の公的地位・権限に伴う力であり、「パーソナルパワー」は個人的な影響力、人間力である。さらに、この2つのパワーの発揮の差は、部下がそれぞれ持っている意欲や能力の高低に応じる。


 このため、例えば、高い自己統制を持つ人(意欲、能力がともに高い人)は、他人の言いなりにならず、主君の命令といえども理不尽なことには従わないという誇りを持っており、ポジションパワーは通じず、パーソナルパワーが大きく影響する。

 

 以上の話を聞いたとき、ある人物のことを思いました。その人物は「大久保彦左衛門忠教」です。忠教は、徳川軍が大坂夏の陣で真田信繁により本陣を襲われ大混乱に陥ったことについて、戦後、二条城で行われた詮議の場で、御旗が立っていなかったと家康を含む多くの者が言う中で、ただ1人家康の前で、御旗は立っていたと言い張り、家康に激怒され、それでも主張を曲げなかったという武功派でした(御旗とは軍旗のことで、御旗が奪われることはお家の恥であるなど、「御旗が崩れる」ことはぶざまなことであった)。そして、その忠教が、自著『三河物語』の中で、「主君たるの大事は「慈悲・情け・哀れみ・武勇」の4つだと述べている。」(第一法規出版「古典大系 日本の指導理念5」)ということを思い出しました。


 他人の言いなりにならない自尊自立の精神の持ち主とも言える忠教が、主君に部下への思いやりを大いに求めていたというその思想について、小林先生の話を聞いてすっかり納得してしまいました。


月別の記事
リンク集

ページトップへ