本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

広島市中小企業支援センター > 支援センター職員によるブログ > 2011年4月

支援センター職員によるブログ

放射線と放射能の違いは何?

2011/04/27

kodama.jpg おはようございます。
 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当課長の児玉です。

 

 福島第一原子力発電所事故に関しては、予断を許さない状況が続いています。
 テレビなどの報道によれば、外国人観光客が激減しているとのことですが、他にも海外アーティストの来日中止によるコンサートの中止など、日本への渡航自粛の影響は、観光産業、イベント産業に現れています。(私自身、チケットを買っていた海外ピアニストのリサイタルがキャンセルになりました。)
 農水産物や工業製品についても、風評被害の広がりが心配ですが、我々としては放射線に関する正しい知識をもって、風評被害に踊らされないようにすることが大切です。

 

 ここで、放射線に関する基礎的な話ですが、放射線と放射能との違いは何でしょうか?
 平たく言うと、放射能は懐中電灯で放射線はその懐中電灯から出る光です。
 これを難しく言うと、放射線は放射性物質の崩壊に伴い放出されるエネルギーを持った粒子又は電磁波で、放射能は放射線を出す性質・能力だそうです。(一般的には、放射能は放射性物質の意味で使われることが多いようです。)

 

 放射線の基礎知識については、広島県、広島市等で運営を支援している、放射線被曝者医療国際協力推進協議会(HICARE)のホームページをご参照ください。(HICAREには、私も以前在籍していました。今年20周年を迎えています。)

 

 また、広島市のホームページに、原子力発電所事故の食品への影響に関して詳しく掲載されていますのでご参照ください。


「窓口相談事業」のご案内

2011/04/26

mikio2.jpg おはようございます。 
 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の副所長・北林です。


 当センターでは、広島市内の中小企業や創業者の方が抱える経営上の課題などの解決を支援するため、経営コンサルタントや税理士等の専門家が相談に応じる事業を行っています。


 その一つに、当センターに来所し相談することのできる窓口相談事業があります。


◎一般相談(経営全般、創業についての相談):毎週火・金曜日
◎特別金融相談(資金繰り、企業の将来的な方向性についての相談):毎週月・水曜日
◎法律相談(経営の法律相談):第二木曜日
◎創業資金相談(創業、第二創業の資金相談):第四木曜日


 このように四種類の相談に分けて、ほぼ毎日、何らかのテーマに応じて窓口を開設しています。


 この窓口相談は年間を通して実施しており、何度利用されても無料です。


 様々な経営課題の解決に向けて、利用されることをお勧めします。


広報誌「ひろしま中小企業支援情報GET」第31号を発行します!

2011/04/22

niimoto2.jpg おはようございます。
 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・新本です。

 

 当センターでは、毎年5月に中小企業経営に必要な情報、産業振興に関わる情報を提供することを目的として、広報紙「ひろしま中小企業支援情報GET」を発行しています。

 

 掲載項目は、下記のとおりです。

 経営支援情報
   平成23年度 中小企業向け施策
    施策の紹介、マネージャーの紹介、経済危機対策関連事業、広島市中小企業融資制度 
   平成22年度 事業実績
    「いい店ひろしま」受賞店舗 
     女性・シニア創業パッケージ型支援事業・障害者創業支援事業で認定した方 
     優良企業等受賞者
 技術支援情報
   技術振興部長の紹介
   平成23年度 技術関連施策
    ものづくり分野の人材育成・確保事業
   平成22年度 事業実績
    共同研究
    産業デザイン展
    新規導入機器
 お得な情報
   中小企業支援センター・技術振興部からのお知らせ
   新規事業のお知らせ

 

 どうぞご期待ください。

 

 ひろしま中小企業支援情報GET2010年の内容等バックナンバーはこちら

 


「若者起業家養成講座」

2011/04/21

kishino2.jpg おはようございます。

 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・岸野です。


 早いもので、中小企業支援センター在籍6年目となりました。引き続きよろしくお願いいたします。


 今年度の担当業務は、主に「女性・シニア創業パッケージ型支援事業」、「障害者創業支援事業」、「若者起業家養成講座」を担当いたします。


 特に、今年度、新規事業として実施します「若者起業家養成講座」は、広島市内での起業を目指す30歳未満の若者を対象に、若者による斬新なアイデアや技術を生かした起業を実践的な研修会で支援していく予定としております。


 事業の詳細が決まりましたら、当支援センターのホームページなどで順次お知らせいたします。


事業計画書策定のポイント!家計調査年報からみた需要予測について

2011/04/20

shimonawa.jpg おはようございます。
 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・下縄です。

 

 今回は前回の引き続きとして、「飲食業」と「調理食品小売業」の家計調査年報からみた広島市の支出構造の特性について見ていきます。
 広島市の平成21年年間外食支出(二人以上世帯)をみると、172,998円と全国平均の161,314円を上回り、外食依存が高いことが分かります。外食支出の品目別消費性向(外食支出に占める外食品目別支出割合)は、食事代支出(広島市140,151円(81.0%)→全国平均126,952円(78.7%))と飲酒代(広島市20,913円(12.1%)→全国平均17,025円(10.6%))で高く、学校給食(全国平均12,217円(7.6%)→広島市6,921円(4.0%))で低くなっています。また、食事代では「その他主食的外食」が68,706円と全国平均の53,688円を大きく上回っていますが、これは「お好み焼き」が含まれているためと思われます。逆に、全国平均を下回っている「すし(外食)」と「日本そば、うどん」、「中華そば」及び「他の麺類(外食)」等の麺類への支出が低くなっています。
 次に、外食支出の平成20年からの推移をみると、年間で14,907円の減少で、減少割合の高い品目は「中華食」(▲39.0%)、「他の麺類(外食)」(▲32.1%)、「日本そば、うどん」(▲25.2%)、「飲酒代」(▲25.0%)の順となっています。このようほとんどの品目で前年の支出額を下回る状況の中で、「洋食」及び「その他主食的外食」等が支出額を増加させています。

 

230420-1.jpg 平成21年の調理食品支出は105,545円で、全国平均98,470円を上回っており、「主食的調理食品」のうち、「弁当」(広島市16,366円(15.5%)→全国平均12,670円(12.9%))、「すし(弁当)」(広島市14,492円(13.7%)→全国平均11,963円(12.1%))、「他の主食的調理食品」(広島市10,981円(10.4%)→全国平均8,9871円(9.0%))支出が全国平均に比べ、高くなっています。これに対し、「他の調理食品その他」、「天ぷら・フライ」は全国平均を下回っています。
 次に、平成20年からの推移をみると、「主食的調理食品」は▲14.7%と大きく減少しているのに対し、「他の調理食品」は3.8%の増加となっており、中でも、「ぎょうざ」、「冷凍調理食品」、「惣菜材料セット」が二桁の伸びを示しています。

230420-2.jpg  以上のように、「外食支出」及び「調理食品支出」とも全国平均は上回っているものの、対前年支出はそれぞれ▲7.9%、▲5.6%減少しており、「飲食業」と「調理食品小売業」を取り巻の外部環境は厳しいものとなっています。
 創業に関する様々な問題や課題について、ご気軽に創業支援担当・下縄までご連絡ください。


環境への取り組み! 海の幸・山の幸

2011/04/19

mennde6.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のマネージャー免出です。

 

 12年前に、1500kwの風力発電を売り込むために、山陰に出かけました。その風力発電の電力を利用してポンプを回し、深層水を吸い上げてはどうかと提案しました。しかし、深層水は200メートル以上の深海にありますが、山陰ではその深海までかなりの距離があり、とても難しいということがわかりました。

 富山湾や駿河湾ではすぐそばに深海があり、取水ができます。

 

 そこでわかったことは、日本には深海が迫って来ている場所もあれば、遠浅で穏やかな海に接している場所もあるということでした。その深層水は、地球上を2000年くらいかけて大循環します。

 北大西洋上で深層へと沈んだ海水は、北南米大陸に沿って南下し、南極付近で新たに沈み込んだ深層水と合流して巨大な海流となり、北太平洋上で湧昇します。

 その深層水には以下の特徴があります。


・ミネラルが豊富 ・きれいで安全な水 ・低温安定性 ・無機栄養塩類が豊富

 

 私達は、また新たな恵みを海から見つけました。

 今までは、主として大地(陸)から資源・食材を得て来ましたが、もはやそれだけでは人類が生きていけないくらい人口増加しました。 今後は、海をより一層活用して行く必要があります。

 

 海は陸地と違って目に見えにくく広大である分、環境に配慮しながら取組まないと、いつの間にか汚染が進み、取り返しがつかないということになります。

 広島市は、海の幸・山の幸に恵まれた都市として、今まで十分に恩恵を受けて来ました。

 産業も、水産をベースにしたもの、農業をベースにしたものがあります。 

 

 今後工・商との連携により更なる産業の発展が期待されます。

 海が山々に恵みの雨をもたらし、山が海を育てます。

 水産業と農業の発展は広島市の発展に欠くべからざるものです。

 今年度はこの海の幸・山の幸、その産業の発展も見て行きたいと思います。


「転ばぬ先の杖」

2011/04/18

kubo4.jpg おはようございます。
 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のプロジェクト・マネージャー 久保です。


 この度の東日本大震災で、被災された皆様方に心よりお見舞い申し上げますとともに、必ずや復旧、復興を成し遂げられることをお祈りしております。


 さて、この度の大災害が想定の範囲を超えるものであったのかどうかは今後議論がなされるものと思いますが、翻って常日ごろ企業の経営を担っておられる経営者の皆さんの周りを見てみると、順風満帆であることはむしろ少なく、常になにがしかのリスクにさらされながら、この対応に心を砕く毎日を送っておられることでしょう。想定されるリスクにはありとあらゆるものがあります。経営者、従業員の問題発言、リコール、品質へのクレーム、果てはこの度のような天変地異に至るまで数え上げたらきりがありませんが、だからと言って目をつむっていても、やりすごすことができるわけではありません。


 最近、経営者の方々にお会いするたびに「震災の影響はありますか?」と問いかけていますが、幸いにして今のところは「大きな影響はありません」という答えがほとんどです。そこで「今後どのような影響が出ると考えていますか? それにはどう対応する予定ですか?」と聞いてみると、答えが帰ってくる例は今のところ皆無です。


 「危機管理」とはまだ現実のものとなっていない"危機を予想"して事前に"回避策を講ずる"こと、またそれが現実のものとなった時の"対応策を準備"することではないでしょうか。


 たとえば原材料の入荷が滞りだしたという現象一つにしても、その原因として、製造元が震災で壊滅した、被害を受けて休業中、物流ルートが確保できない、IT系の被害で帳票処理ができない等々いろいろなケースが考えられます。それぞれの可能性の高さに応じてどう対応するかを事前に考えておくのとそうでないのとでは、発生する被害の程度、復旧の速さは大きく異なってくるはずです。


 「転ばぬ先の杖」、用心に用心を重ねるに越したことはありません。


はじめまして

2011/04/15

230421.jpg はじめまして。


 4月から「広島市中小企業支援センター」に新規配属となりました、創業支援担当の下條と稲見です。


 業務は、創業者支援、セミナー・研修会開催、情報提供です。


 皆様のお役にたてるよう頑張ってまいりたいと思いますのでよろしくお願いします。


  (ブログ初挑戦!なので、ちょっと緊張・・・。)


月別の記事
リンク集

ページトップへ