本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

広島市中小企業支援センター > 支援センター職員によるブログ > 2009年5月

支援センター職員によるブログ

創業者のための事業プラン策定セミナーのご案内!

2009/05/29

  kitabayashi.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力でバックアップする「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当 北林昌樹です。

 

 下記のとおり、創業者のための事業プラン策定セミナーを開催します。

 

 事業プランを策定し、御自分のアイデアを文書化することで、これから創業しようする企業の将来の姿や行動計画が明確になり、創業という夢の実現が近付くと思います。

 また、事業プランは、創業に際して、金融機関から融資を受ける時、取引先に事業内容を説明する時などにも必要になります。

 創業をお考え方で、お時間の取れる方は、是非ご参加ください。
 
                 記


◆名 称  創業者のための事業プラン策定セミナー
◆日 時  平成21年6月7日(日) 10:30~17:30
◆会 場  広島市まちづくり市民交流プラザ北棟5階 研修室C(広島市中区袋町6番36号)
◆講 師  株式会社創研 代表取締役  西原 裕 氏
◆対 象  これから創業をしようとする方
◆受講料  無料

 

※詳しくは、こちらをご覧ください。

 

■問い合わせ先 中小企業支援センター創業支援担当 TEL 082-278-8880


メールマガジン「広島市産業振興センター」のお知らせ

2009/05/28

  niimoto.jpg おはようございます。
 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・新本です。

 

38.jpg 広島市中小企業支援センターでは、広島の企業の皆様に役立つ情報をいち早くお届けするために、メルマガ「広島市産業振興センターNEWS」を毎月15日頃に発行しています。


 来月は、私が編集を担当します。6月は、15日に発行するメルマガ以外に臨時増刊号(6月30日発行)も発行します。


 15日に発行するメルマガ掲載内容は、今年度の「いい店ひろしま」顕彰事業の募集案内や昨年度の受賞店舗の紹介、メルマガ誌上セミナー、中央図書館のおすすめ本の紹介、女性・シニア創業事業被事業認定者の事業紹介、各種セミナーや支援制度など経営の極意、タイムリーな情報をお届けします。
 みなさん、たのしみにお待ちください。

 

 このメルマガの登録はこちら 登録は簡単で、購読料無料です。


備えあれば・・・

2009/05/27

  bajyou.jpg おはようございます。
 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・馬上です。

 

 とうとう、日本でも新型インフルエンザが発生しました。わが家では、以前の鳥インフルエンザのときから少しずつ常備品を揃えていき、現在はマスク80枚、ミネラルウォーター(2リットル)14本、米5kg、その他レトルトカレーやカロリーメイト等を備蓄しています。家族3人で、これで十分かどうかはわかりませんが、大流行になった場合でも職業柄出勤するようになると思われますので、まだまだ備蓄が必要かもしれません。

210527.jpg

 企業においても、インフルエンザの流行や地震などの自然災害等で事業活動がストップすることが十分に考えられます。先の新潟県中越沖地震では、1工場が被災したために、大手自動車メーカーのラインがストップしたのも記憶に新しいところです。

 

 このような緊急事態への備えとしてBCP(Busines.s Continuity Plan:事業継続計画)があります。BCPとは、「企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画」のことです。

 

 中小企業の皆さんも、BCPを策定することで、緊急事態に遭遇したときの被害を少しでも軽減し、一刻も早く復旧できる企業体質を作り上げることが大切ではないでしょうか。


いよいよ始まりました・・・

2009/05/26

kataoka.jpg おはようございます。
 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のマネジメント担当・片岡です。

 

 いよいよ今年度の新規事業である「メルマガ誌上セミナー」と「Webセミナー」が5月15日に始まりました。
 セミナーや研修会に参加したくても時間がなくて参加できない中小企業の方。必見です!!!

 

 「メルマガ誌上セミナー」とは、中小企業の方が抱えている喫緊な経営課題の中からテーマを選定し、毎月、専門家の方に分かりやすく解説していただいたものを、当中小企業支援センターが発信しているメールマガジンに掲載するものです。

 また、「Webセミナー」とは、「メルマガ誌上セミナー」の内容を当中小企業支援センターのホームページに蓄積していくもので、いつでもその内容をホームページ上で見ることができます。

 

 今回のテーマは、個人情報保護への取組みなどを解説した「 ~一石二鳥~ 中小企業のプライバシーマーク認定取得」です。


 この後のテーマは、ソーシャルビジネス、知財戦略、内部統制、コンプライアンス・CSR、事業承継を予定していますので、ご期待下さい。


創業者研修のお知らせ

2009/05/25

  mikio.jpg おはようございます。
 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・北林幹生です。

 

 広島市中小企業支援センターでは、これから創業されようとする方、創業間もない方を対象に、創業や経営についての基礎知識やスキルを身につけていただくために創業者研修を開催します。


 研修名は「創業アカデミー」。3つのコース(ホップコース、ステップコース、ジャンプコース)に分けて開催する計画です。現在、講師の方と日程・内容を調整中です。日程等決まりましたら、広島市中小企業支援センターのホームページの「セミナー・研修会」のコーナーでお知らせします。是非、ご参加ください。


 また、そのほかにも創業者向けのセミナー(事業プラン策定セミナー、女性のための起業支援セミナー)を開催します。


(「創業アカデミー」の日程・内容(予定))
1 「ホップコース」(平成21年9月~10月の4日間)
 事業計画作成・会計書類・創業手続きの解説、ビジネスに必要なコミュニケーションスキルの  演習、販路開拓の進め方についての解説・演習、交流会等を行います。
2 「ステップコース」(平成21年11月の4日間)
 フリーマーケットへの参加(販売体験)を通した事業計画・販売計画の立て方の実習、顧客ニーズのつかみ方の実践研修です。
3 「ジャンプコース」(平成22年1月~2月の4日間)
 事業実施に伴う経理の基礎(帳簿のつけ方、領収書のファイリング方法等)、事業計画のプレゼン演習等を行います。


中小企業支援センターに新規配属となった常本です。

2009/05/22

  おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・常本です。


 中小企業支援センターでは、中小企業診断士、税理士、社会保険労務士等の専門家による相談業務を無料で行っております。
 これから創業を考えられている方、経営計画、財務内容の改善、資金繰り、販売促進、人事労務、事業承継等の経営上の様々な問題でお悩みの方、是非一度、窓口相談を利用してください。
 緊急保証制度(セーフティネット)の申請を考えておられる方も、是非一度、窓口相談を利用して資金繰りなどの相談をしてください。
[窓口相談内容](無料)
1.一般相談(経営全般、創業についての相談など)
  毎週火・金曜日(午前10時~午後4時)
2.特別金融相談(資金繰りなど)
  毎週月曜日(午前10時~午後4時)
  毎週水曜日(午後1時~6時)
3.法律相談(経営についての法律相談)
  毎月第2木曜日(午後1時~5時)
4.創業資金相談(創業、第2創業を中心とした資金相談)
  毎月第4木曜日(午後1時~5時)
 まずは、お電話(278-8032(直通))いただければ、窓口相談の内容について説明します。申し込み後の時間変更や日にちの変更もできますので、お気軽にご連絡ください。


 皆様が安心して仕事ができるよう頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

210522.jpg


広告の有効利用

2009/05/21

  tosa.jpg おはようございます。
 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」副所長の土佐です。

 

 厳しい経済情勢の中、各社では経費の削減に四苦八苦されておられるのではないでしょうか。そうした中で、真先に削減されるのは、交際費、旅費交通費、広告費などがあげられますが、全てを削減することはできません。それならば、如何に有効活用できるか考えてみましょう。

 

 今回は広告費に着目します。これは、経営者にとって常識かも知れませんが、「アイドマ(AIDMA)の原則」について改めて確認いたします。
 アイドマとは、消費者の購買心理過程を表したもので、
 注意(Attention)
 興味(Interest)
 欲望(Desire)
 記憶(Memory)
 行動(Action)
の頭文字を並べたものであり、広告の原則とも言われています。

 

 いかに消費者に注目していただき、興味をもってもらい、欲しいなという気持ちを持たせ、記憶して、実際の購買行動を起こしてもらうことです。
 大切な広告の予算を有効に活用するためにも、こうした広告することの原点に立ち返り、自社の広告を見直してみてはいかがでしょうか。


「いい店ひろしま」受賞店舗はどこが違うのか

2009/05/20

fujita.jpg おはようございます。

 がんばる中小企業を全力で支援する広島市中小企業支援センター所長の藤田です。

 

29.jpg 当センターでは商工会議所等と連携して「いい店ひろしま顕彰事業」を実施しています。
 平成18年度にはじめたこの事業は、これまで26店舗を表彰しました。今年も6月から募集を始める予定です。

 

 「いい店ひろしま」は、消費者や専門家、学識経験者による3次の審査を経て決定します。 それでは、「いい店ひろしま」に選ばれたお店はどこが違うのでしょうか?

 

 この「いい店ひろしま」に選ばれたお店の評価を分析すると、
 いずれのお店も「明確な店舗コンセプト」があり、
 それに基づいた、店舗づくり、品揃えやサービスをおこない、
 さらに、心のこもった応対や豊富な商品知識など優れた接客とともに、
 ユニバーサルデザイン対応(障害者や高齢者への配慮)や環境への配慮にも優れている、
という特徴があります。

 

 消費者意識の多様化が進み、また、大型SCの出店もあり、中小小売店にとっては大変厳しい状況です。 

 「いい店ひろしま」に選ばれたお店は、そのような中にあって頑張っておられ、それが消費者に支持されています。
 是非、一度、お近くの「いい店ひろしま」を訪問され、その良さを見て、自店の経営の参考にされてはいかがでしょうか。

 

 当センターでは、お店のコンセプトの見直し、接客や店舗演出などについて、専門家の相談や派遣を行っております。ご利用ください。


月別の記事
リンク集

ページトップへ