本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

広島市中小企業支援センター > 支援センター職員によるブログ > 2010年7月

支援センター職員によるブログ

最新のITを活用し漁業者と消費者を結ぶ「きずな」づくり

2010/07/30

shimonawa.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・下縄です。

 

 先日、NHKで「関口知宏のOnly1(オンリーワン)"漁業の未来を創るIT魚屋さん"」という番組の放送がありました。


 岩手県大船渡市の八木氏は、最新のITを使ったユニークな取り組みで大船渡市の漁業を活性化させようと奮闘中で、モットーは「いかに産地を楽しんでもらうか」です。そのために八木氏自らが考案した『ライブカメラ』で、漁船の上から漁の様子を生中継し、消費者はパソコンの前にいながら漁の臨場感を楽しみ、獲れたての魚を買うことができるシステムを運用しています。また、カキの養殖の準備やカキ打ちの様子など地道な仕事も全国に配信することにより、産地の醍醐味や苦労など産地をまるごと楽しんでもらいたいとしています。


 最近では、ライブ映像を見た消費者から「感謝」や「ねぎらいの言葉」が寄せられるようになり、それが生産者の励みにもなっています。


 更に、八木氏は消費者の食卓にのぼるのは、新鮮な魚介類だけでなく、野菜も必要なはずだから、大船渡市の新鮮な野菜も家庭に届け、三陸の幸を家庭で味わっていただき、三陸の味覚のファンを作り、観光事業にも結び付けていきたいと考えておられます。

 

 八木氏のように地元の鮮魚をどのようにすれば全国の消費者に購入していただけるのか、ライブ映像にたどり着くまでは、試行錯誤の連続だったと思われます。また、ライブ映像も漁師の方の協力なしにはできませんので、その説得交渉等が簡単ではなかったことは容易に想像できます。


 鮮魚で培ったネットワークを活用し、地元野菜の販売や観光事業に結び付け、三陸の魅力を全国に配信していく姿勢に、商売成功のヒントがあるように思えてなりません。

 

 創業に関する様々な問題や課題について、ご気軽に創業支援担当・下縄までご連絡ください。


「情報セキュリティ白書2010」速報版から

2010/07/29

hamada2.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のマネージャーの浜田文男です。


 この6月に独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)から「情報セキュリティ白書2010」速報版が刊行されました。まもなく製本印刷されると思います。その中に10大脅威があり、下記のようなテーマが挙がっています。

 

【1位】変化を続けるウエッブサイト改ざんの手口

【2位】アップデートしていないクライアントソフト

【3位】悪質なウイルスやボットの多目的化

【4位】対策していないサーバ製品の脆弱性

【5位】あわせて事後対応を!情報漏えい事件

【6位】被害に気付かない標的型攻撃

【7位】深刻なDDOS攻撃

【8位】正規のアカウントを悪用される脅威

【9位】クラウド・コンピューティングのセキュリティ問題

【10位】インターネットインフラを支えるプロトコルの脆弱性


 【2位】の留意事項として、マイクロソフトのサイトに「2010年7月13日 (米国時間) に Windows XP Service Pack 2 (SP2) / Windows 2000 の製品サポートが終了します。」とあります。これによりセキュリティ更新プログラムが提供されなくなります。
http://www.microsoft.com/japan/windows/lifecycle/default.mspx


 したがって、現在XPのSP2を使っている方はSP3にバージョンアップすべきです。また、Windows 2000を使っている方はWindows7に移行するのが良いと思います。


 さて、最近の情報ではクラウド・コンピューティングの話題が多くなっています。そこで【9位】を見てみますと、5つのセキュリティ上の課題が指摘されています。

①外部からクラウド環境への攻撃

②クラウド環境内部での他の利用者に対する攻撃

③クラウド環境を踏み台にした外部への攻撃

④クラウドのリソースの悪用

⑤攻撃以外の原因によりクラウド内部で発生するインシデント


 このうち分かり辛いと思われる④とは、「クラウド環境が攻撃のためのリソースとして悪用され、暗号解析やパスワード解析に利用される懸念がある。クラウド事業者側は、この利用方法が正規の利用か不正利用かを見分けづらく、検知や防止が困難である。」とあります。


 クラウド・コンピューティングの活用を検討するケースが今後増えると予想されます。各企業さんが活用するにあたりルールづくりが重要となります。


サムスンの人材育成

2010/07/28

bajyou2.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・馬上です。

 

 最近、池上 彰さんがよくテレビに出ています。池上さんといえば元NHKのキャスターで、「週刊こどもニュース」のお父さん役で広く知られるようになりました。

 

 先日もある番組で、韓国のサムスン電子の話をしていました。サムスンといえばご存知のとおり韓国最大手の家電・電子製品メーカーで、営業利益が8,736億円、日本の大手電機メーカー9社の合計が8,649億円だそうですから、その規模の大きさがわかります。また、アメリカのテレビのシェアは、4年連続第1位だそうです。

 

 サムスンの話の中で興味深かったのは同社の人材育成の話で、グローバル企業を目指す同社は、入社の条件としてTOEIC730点以上、課長に昇進するには920点以上取らなければならないそうで、今後は、会議も英語でするということです。その他、朝7時には出社、午後4時には退社し、退社後は英語等、自分の勉強の時間にあてるよう従業員に指導しているそうです。

 

 「企業は人なり」というように、中小企業にとっても人材育成は重要です。何も、サムスンのまねをする必要はありませんが、当センターでも中小企業の人材育成を支援するため、各種セミナー・研修会を実施しています。

 

 英語といえば、実際には使われないThis is a pen(見りゃわかるだろう)から習った私などはとてもサムスンには入れませんが、何か自分を磨くための勉強を始める必要性を感じる今日この頃です。


「売場活性化セミナー」を開催しました!

2010/07/27

takeda2.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・竹田です。


 今回は、7月14日(水)に、広島商工会議所で、38名の方にご参加いただき開催した「売場活性化セミナー」の結果を報告します。

 

 このセミナーでは、西武百貨店渋谷店販売促進課チーフエタラジストを経て、現在、小売店の売場改善やVMD(ビジュアルマーチャンダイジング)の実践指導を行っておられる株式会社マインド代表取締役・VMDディレクターの福田ひろひで氏を講師にお招きし、VMDの概念や、色々な店舗演出事例にVMDの手法を盛り込み、分かりやすく解説していただきました。

 

 VMDの手法を利用することで、実施する前の売り場を平面的なものではなく、空間的なものとしてとらえ、その空間をお客様の立場に立って代表商品をアピールして買う気にさせる展示方法のやり方がわかり、セミナー後の参加者のアンケートでも、内容が理解でき、参考になった」という回答をいただき、大変好評でした。

 


127.jpg                          セミナー開催の様子

 

(参考)
VMDとは:店舗における品揃えやコンセプトなどを、視覚を中心に訴求する表現方法のこと。


「○○の日」

2010/07/26

mikio2.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・北林です。


 結婚式場をもつ施設の方からお聞きした話では、今年の10月10日の結婚式の予約は相当早く入ったそうです。なぜなら、西暦では「10年10月10日」、しかも「大安」。数字の並び、お日柄から、一生の大切な記念日として、この日を選ばれたのでしょう。

 

 ところで、販売促進策で「○○の日」と銘打った事例は、枚挙にいとまがありません。10月10日だけでも、様々な日が設定されていることがわかりました。中には、地元広島の企業が、お好み焼きが焼ける音(ジュージュー)などから、「お好み焼きの日」を設定していました。

 

 また、本日は土用の丑の日。この日にウナギを食べる習慣については、販売不振のウナギ屋から相談を受けた平賀源内の発案がもとになったという説があることは、皆様ご存知のとおりです。ささやかなことでも「○○の日」とすることで、思わぬ販促効果があるかも知れません。

 

 そこで、私も超先取りで「○○の日」となる候補日を考えてみました。その日は、来年の西暦「11年11月11日」、さらに「先勝」です。「何事も1番に勝つ」という勝負事に良い日として、何か設定できないでしょうか。・・・・・・私が思いつくぐらいですから、すでにきっとあるでしょう。・・・・・・


デザインレビュー(DR)

2010/07/23

kubo3.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のプロジェクトマネージャー・久保です。

 

 モノづくりに関連のある読者は、デザインレビュー(DR)という言葉を聞いたことがあるともいます。今回はこのデザインレビュー(DR)についてです。


 売れる商品であるためにはいろいろな条件を満たしている必要があります。たとえばデザインが良いこと、機能・性能が優れていること、品質が良いこと(壊れにくい、整備しやすい、作りやすい)、儲かること、タイムリーに市場に供給できること、更に関連法規に違反していないこと等々です。


 これらは企画、スタイリング、設計、試作、量産準備、製造等の開発の一連の工程の中で目標が決められ、作り込まれてゆくものですが、同時に各工程の節目で次の工程に移る前にこれらの条件が計画通りにバランスよく満たされているか、あるいは知らぬ間に変更がなされたりしていないか等、棚卸して確認する必要があります。この活動がデザインレビュー(DR)と呼ばれるものです。


 大企業ではそれぞれの部門に責任者やエキスパートがいるのでこのメンバーでデザインレビューを実施することができますが、人的資源に制約のある中小企業では社内にすべての人材を求めることができず、必要なことは分かっていてもなかなか実施できないという場合も多いことでしょう。


 このような場合は、工業技術センターや公的支援機関等が行っているアドバイザーによる無料の技術指導制度を活用することを考えられてはどうでしょうか。


 「三人寄れば文殊の知恵」ではありませんが、フレッシュな目で見直すと、今まで気がつかなかった隠れた問題が浮き彫りにされるということは往々にしてあるものです。


信用補完制度の概要

2010/07/22

saiki.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」副所長の佐伯です。


 今回からは、信用保証制度の利用に際し、これまで私が経験してきたことを交えながら、できるだけ分かりやすく説明したいと思います。


 以前、私が融資の担当をしていた頃の話です。


 資金繰りに困られた中小企業の社長さんから、「何とか市の融資制度を利用したいのだが、相談に行った金融機関からは、保証協会の保証が得られることが条件であると言われた」というものでした。社長さんから、現時点での借り入れ状況や経営の状況をお聞きするとかなり厳しいものでした。ただ、よくよく話を聞いてみると、保証協会の利用は過去にありましたが、金融機関への支払遅延もなく終了していること(だから簡単に保証承諾してもらえると考えられていたようですが・・)、今後の受注状況には好転の兆しがあること、何より社長さん自身が、どんなこと(犯罪は含みませんので誤解のないように)をしてでも会社を立て直したいという強い意思を持っておられたことなど、担当者のカンというのでしょうか、まだ何とかなるかも知れないと感じたのです。


 社長さんに保証協会に相談する際の助言として、例えば受注状況を説明する場合には、契約済み、確実と思われるもの(根拠が必要)、五分五分のもの、商談に入ったばかりのもの、といったランク分けを行い、ちゃんと数字的に説明できるようにすること、またこうした実態を踏まえた現実的な返済計画、今後の経営計画など、客観的なデータなどで明確に説明できるようにすること、などをアドバイスしました。その社長さんは、寝る暇も惜しんで計画書を作成され、相談に行かれたそうです。結果は、減額保証で話がまとまったとのことでした。


 みなさん、どうですか。この事例は、社長は日頃から資金繰りなど、経営の責任者として自社の経営状況を把握しておくことがいかに重要であるか、また、保証協会にも保証審査というものがあり、簡単に保証をしてもらえるわけではない、ということを物語っているように思えます。


 さて、次回は、保証が受けられない場合には、どのようなケースがあるのかについて、お話をしてみたいと思います。


「女性・シニア創業支援事業」認定の岩本さんが創業されました!

2010/07/21

kishino2.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・岸野です。


 平成21年度「女性・シニア創業パッケージ型支援事業」で認定されました、岩本早弥香さんが6月に創業されたとの連絡をいただきましたので、当支援センターのホームページに掲載する写真撮影を兼ねて、先日、1日だけの雑貨shop「ぱれっと」で商品のPRをされている所へおじゃましてきました。


125.jpg 岩本さんの事業は、お客様の子どもや孫の描いたイラストのイメージをなるべくそのまま残しながらTシャツやレターセット等にReデザインし、制作・販売を行う事業です。


 毎日大量に描かれる絵ですが、つい捨ててしまたり、クローゼットの奥にしまいこんだりしているのが現状です。成長のあかしの一つであるわが子のイラストをもっと身近に感じられる形にしたいとの思いで創業されました。


 実際商品を手にとって見ましたが、とても温かみのある商品だなあと思いました。


 創業されての現在の状況ですが、8月のメールマガジン「広島市産業振興センターNEWS」で紹介いたしますので、ぜひ、ご覧ください。

 

 

122.jpg 123.jpg   


 

 

 

 

 

 

 

 

 

       (イラストTシャツ)                            (イラストフレーム)


月別の記事
リンク集

ページトップへ