本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

広島市中小企業支援センター > 支援センター職員によるブログ > 経営革新担当

支援センター職員によるブログ

はじめてのスキー

2019/07/09

中小企業支援センター 土佐所長 おはようございます。

 がんばる中小企業と創業者を全力で応援する「広島市中小企業支援センター」所長の土佐です。

 今年は記録的に遅い梅雨入りとなりましたが、昨年のような豪雨がないことを祈らずにはおられません。「備えあれば憂いなし」もしもの時に備えた対策を、個人でも企業でも是非準備しておいてください。

  

 さて、梅雨が明ければ、次は暑~い暑~い夏がきます。このため、今回は涼しい気分を味わっていただくために、私が初めて行ったスキーの話をしたいと思います。

 初めてのスキーは、少し遅くて私が25歳の時でした。当時東京で生活しており、同僚からスキーに行こうと誘いがあり、スキーをしたこともないためとても不安でしたが、これも経験と割り切り行くことにしました。

  

 当時、後楽園球場の近くから深夜バスで信州にスキーに行くツアーがあり、それに乗って行くことになりました。深夜の後楽園に数多くのバスと若者が集まっている光景は本当に壮観でした。初めてのスキーは白馬で、慣れないバスに揺られて一夜を過ごしました。一夜明けると一面の銀世界、スキー場に近づくにつれて道路の両側には高い雪の壁が出現しました。

 スキー場に着き、スキーの板や靴などを借りるためショップを訪問したところ、自分ではどれにしていいの分からず、同僚に下にもショップがあるので見に行こうと案内されました。その地下室には1階よりもはるかに多くのスキーの板や靴が揃っており、さすがは信州、地下室も備えているのかと感心しながら、適当なものを選び初めてのスキーを楽しみました。

 

 スキーから帰る道すがら、突然思いつきました。あの地下室は本当は1階で、1階と思っていた場所は夏は2階ではないかと。同僚にその話をすると、当たり前だろう的な回答でしたが、冬の白馬は3mも雪が降り、それを見越した店づくりをしていることに本当に感心してしまいました。涼しくならなくてすみません。


焚き火

2019/07/04

経営革新担当 有里主事

 おはようございます。がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・有里です。

 

 先日、廿日市市の某キャンプ場でキャンプをしました。キャンプの際、私がとても楽しみにしているのが、焚き火です。 
 
 真夏を除くと、夜は冷え込むことの多いキャンプ場で、焚き火の暖かさは欠かせません。暖をとりながら、炎のゆらめきをぼーっと眺めていると、リラックスでき、癒されます。


 焚き火の回りに家族・友人が集まり、炎で照らされたお互いの顔を見ながら、静かに話をしたり、にぎやかにゲームをすることは、私がキャンプに求めている非日常感そのものです。

 これから暑くなるため、しばらく焚き火はオフシーズンとなりますが、また涼しくなる季節を心待ちにしたいと思います。

 

焚き火


「いい店ひろしま顕彰事業」の審査対象店舗を募集しています!

2019/07/02

経営革新担当 岸野主事 おはようございます。がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・岸野です。

 現在、「いい店ひろしま顕彰事業」の審査対象店舗を募集しています。対象となる店舗は、広島市内の中小企業者が市内で営む小売店舗(小売業)となっていますが、皆さん小売店舗と聞いて、どのようなお店をイメージされますか?

 「パッと」思いつかない方は、「日本標準産業分類」を参考いただければ幸いです。「日本標準産業分類」は、統計を産業別に表示する場合の統計基準として、事業所において社会的な分業として行われる財及びサービスの生産又は提供に係るすべての経済活動を分類したものです。

 この分類の構成としては、「大・中・小分類」の3段階で構成され、大分類は、分類の項目名となり、中・小分類は、説明及び内容の例示が記載されています。

 「いい店ひろしま顕彰事業」の対象店舗となる、小売業の一例を紹介しますと、中分類「その他の小売業」では、小分類に、管理、補助的経済活動を行う事業所(その他の小売業)、家具・建具・畳小売業、じゅう器小売業、医薬品・化粧品小売業、農耕用品小売業、燃料小売業、書籍・文房具小売業、スポーツ用品・がん具・娯楽用品・楽器小売業、写真機・時計・眼鏡小売業、他に分類されない小売業とあり、実に沢山あることに驚きます。

 これから、「いい店ひろしま」にふさわしい店舗の推薦をお考えの方は、この他にも小売業の例示がありますので、「日本標準産業分類」をチェックいただくことで、選択肢が増えるのではないでしょうか。


窓口相談の効果的なご利用

2019/06/27

河石主事.jpg おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・河石(かわいし)です。

 

4月に当センターに入所してから早くも3か月近くが経過致しました。この間に窓口相談の受付に加えて経営支援アドバイザー派遣の業務も行う機会があり、相談者の皆様にお会いする機会が少しずつ増えております。皆様のお役に立てるように今後も努めてまいります。

 

本日も前回と同じく窓口相談についてお話ししたいと思います。専門家との面談後にアンケートをご記入いただいているのですが、「時間が足りなかった」というお声を頂くことがございます。相談は50分ですが、いざ始まるとあっという間に時間が来てしまうようです。特に初めて当センターをご利用になる方から同じようなお声を頂いております。私が受付対応を行う際は、相談内容をあらかじめ絞っていただくことをご提案しております。ご自身で現状を整理していただく機会にもなるかと思います。しかしながら、「相談はしたいけれども整理がつかない」ということもあるかと思います。その際は、最初の相談は状況整理のために使うと割り切っていただくと、次の方針が立てやすくなります。

 

お帰りの際に次回の相談をご予約いただくことも可能でございます。是非ご利用くださいませ。

 

 


クリテリウム

2019/06/20


おはようございます。がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「
広島市中小企業支援センター」副所長の椎木です。

 

 slide_01.jpgクリテリウムという言葉をご存知でしょうか?自転車ロードレースの競技形態の一つで、数キロの短い周回コースを何十周もして着順を競う自転車レースのことです。そのクリテリウムがJプロ全国ツアーの第1戦として、全国18プロチームの参戦で、7月7日(日)に広島で開催されます。

            

 場所は西区商工セjpt12_2-740x493.jpgンターで今年で2回目。普段はトラックや自家用車が行き交う商工センターが、この日だけはレース場と化します。1周1.7㎞の周回コースを日本トッププロの選手たちが30周(計51㎞)して優勝を争います。

 

 猛スピードで目の前を走り抜けていく様は迫力満点。選手との距離が近いので、自転車が駆け抜ける音や選手の声や息遣いも聞こえてきて、臨場感と興奮度はMAXです。プロだけでなくアマチュアや女性のレースも同日開催。一般の方が選手と一緒にコースを楽しく走るパレードランもあり、昨年は子供から大人まで600人の参加で大いに盛り上がりました。

選手は猛スピードで走り抜けていくので「今の誰?」となることもしばしば。まずはジャージの色やデザインでどこのチームかわかります。背中とサドルにあるゼッケン番号を見れば、ガイドブックやスタートリストから選手名を探すこともできます。 

 

クリテリウム総合案内所は広島市中小企業会館。皆さんもぜひ一度レース観戦され、日本の自転車トッププロのスピードに驚かれてみては!!


map_01.jpg


 

 

 

 

 

 


広島のウォーターフロントのつよみ

2019/05/28

asaki.jpg

おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・浅木です。

 

新緑の鮮やかな季節となりました。たまに宇品界隈に行くのですが、近年、倉庫を改造した雑貨屋さん、カフェ、結婚式場が登場するなど、広島のウォーターフロントの整備も進んでいます。

東京湾、大阪湾など、全国各地でウォーターフロントの開発が進んでいますが、広島のウォーターフロントの「つよみ」は、その海側の景色だと思います。
まず、金輪島、峠島、江田島、似島、能美島、そして、世界遺産の厳島などの多島美があります。また、国内随一の内航航路網を持つ広島港と島々を結ぶフェリーや高速船、自動車運搬船、第六管区海上保安庁の巡視船など、多種多様な船舶が行き交います。
このように、全国の百万都市のウォーターフロントの中でも、広島の海の景色はとても賑やかです。ここまで風光明媚で賑やかな景色をもつウォーターフロントはなかなかないかと思います。

さて、写真は某ホテルのケーキバイキングでの一コマです。多島美を見ながら楽しみました。

motoujina.JPG


令和の時代

2019/05/07

中小企業支援センター 土佐所長 おはようございます。

 がんばる中小企業と創業者を全力で応援する「広島市中小企業支援センター」所長の土佐です。

 楽しみにしていた10連休のGWもあっという間に終わってしまいました。なぜ、楽しみは待つのが長く、過ぎるとあっという間なのでしょう。いつも不思議でなりません。

  

 さて、いよいよ令和の時代がやってまいりました。今書いているパソコンも初めは「れいわ」と打っても別の字が出ましたが、2度目からはちゃんと「令和」と変換するようになりました。学習能力が高いですね。これからは何百回、何千回と変換していくことでしょう。

 

 ところで、現在日本の最高齢者を調べてみると、福岡県在住の116歳(明治36年:1903年生まれ)の女性とのことです。明治、大正、昭和、平成、令和と5つの時代を生きてこられたことになります。この方は日本一、世界一でもありますが、私の身近な方で思い出すのは、小学校1年(昭和40年:1965年)の時に近所に住まわれていた当時94歳の男性のことです。足腰はしっかりして、柔和な顔で、物静かな方だったことを覚えています。今から思うとその方の生まれた年は、1965年から94年をひいた1870年前後になります。1870年と言えば、明治3~4年頃になり、その方が物心つくころは、まだ、西郷隆盛など明治維新の元勲も生きていて、もしかしたら、日清、日露の戦役にも従軍されたのかもしれません。何かすごいなと感心してしまいます。そういえば、テレビで、比較的長生きした徳川慶喜を実際に見たことがあるという90歳台の女性がいたのを思い出しました。

 

 昨今、元号が必要か否かの議論が出ていますが、西暦もわかりやすくていいのですが、私の場合、生まれてこの方起きた出来事は、何故が元号(昭和〇〇年、平成△△年)で記憶していることが多く、いまでも今年は昭和94年だったよなと認識して過ごしており、これからも変わらないのではないかと思います。古い人間ですが、令和の時代も広島市中小企業支援センターをよろしくお願いします。

 


お久しぶりです。

2019/04/25

経営革新担当 有里主事

 おはようございます。がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・有里です。

 私は、昨年度1年間、育児休業を取得しており、この4月から1年ぶりに当センターに戻ってまいりました。

 

 育児休業中は、育児と家事に奔走し、外で仕事をしている時とは違った忙しさに日々追われていましたが、毎日サッカーの練習を頑張る6歳の息子や、イヤイヤ期真っ盛りながらも言葉を覚え、可愛さが増していく2歳の娘の様子を一番近くで見られたことは、生涯忘れられない思い出です。

 

 しばらく業務から離れていたため、勘を取りもどしていくのに必死ではありますが、「主夫目線」という新たに獲得した視点を活かして、皆様のお役に立てる仕事をしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 


月別の記事
リンク集

ページトップへ