本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

広島市中小企業支援センター > 支援センター職員によるブログ > 2010年10月

支援センター職員によるブログ

環境への取り組み! 地産地消について その6

2010/10/29

mennde5.jpg おはようございます。

 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のマネージャー免出です。

 

 江戸時代末期には、日本はエネルギー枯渇の危機に直面したようです。

 養老孟司、竹村公太郎の共著「本質を見抜く力-環境・食料・エネルギー」(PHP新書)には、こう書いてあります。

 

  「天竜川は徳川幕府にとっては重要な木材供給の河川でした。そのため天領にして
   森林を管理しながら木材を供給していたのですが、その木材供給のピークがあって、
   そこから下がってやがて木材供給は絶えてしまうのです。
      天竜川流域 木材伐採量
      1671-1688年 16億5,572万本 
      1688-1715年 33億4、640万本(木材供給ピーク)
      1736-1763年  4億2、061万本
      1768-1782年    8,954万本
   ------1853年に黒船が日本に来たときには日本中の山が荒廃していたのですから、ペリ-

   の黒船との邂逅は、日本文明にとって蒸気機関と化石エネルギーとの邂逅でした」(竹村氏)

 

 エネルギーの枯渇が国力の衰退につながるというのは、世界の長い歴史の中でごく普通に見られる現象です。明治維新は起こるべきして起ったと言えるかもしれません。その蒸気機関と化石燃料との出会いから、日本の人口が急増します。3千万人でピークを迎えていたところから、現在までの約150年間で1億2千万人にまで増えました。現在の日本経済は、ある意味では、化石燃料に依存して成り立っているともいえます。

 

 いま私達は新たな局面に出会いつつあります。オイルピークが現実に理解され始めて来ました。いずれ私達は化石エネルギー枯渇の危機に直面する、ではどうすればそれを回避できるかということが、あちらこちらで論じられ始めました。その中の一つとしてエネルギーの地産地消が出てきています。

 各地域で、森林を保護しながらバイオマスエネルギーを得ていく、燦々と降り注ぐ太陽光を電力や熱エネルギーに変えて活用する、小型の水力発電所を作る、地熱発電とか風力発電のような自然エネルギーをもっと取り入れるというようなことです。それらは、地域によって取り組み方が違ってきます。風力発電に取り組んだ私の経験からいいますと、風は北海道より北に豊富にあるといえます。一方、太陽光はどちらかというと南にたくさんあります。

 

 地域毎に、エネルギー確保のあり方は変わって来ます。化石燃料が高騰しても、生活が支障なくできるように、省エネへの試みとともに地産地消への取り組みもしていく必要がこれからさらに出てきているといえるのではないでしょうか。


リーダーのための「戦略的問題解決実践研修」受講者募集中です!

2010/10/28

niimoto2.jpg おはようございます。

 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・新本です。

 

 前回もこの研修会をご紹介しましたが、まだ受講可能です。ふるって参加してください。

 

 中小企業の経営者や管理者を対象に、すでに発生している問題だけでなく、将来起こりうる問題について、的確・迅速に対応するための思考方法を身につけていただきます。

 

◆日 時  平成22年11月24日(水) 10:30~17:00
◆会 場  広島市まちづくり市民交流プラザ 北棟5階 研修室A、B
       (広島市中区袋町6-36)
◆対 象  広島市内の中小企業の経営者、管理者など
◆受講料  2,000円
◆定 員  30名(先着順)
◆内 容  代表的な事例を使って、問題の発見から解決までのシミュレーションを
      グループディスカッションにより行います。
      (1)問題を発見するための手法(SI法)を学びます。
      (2)問題を3つの種類(発生型、探索型、設定型)に分類します。
      (3)原因を洗い出します。
      (4)原因を4つの種類(入力、制約条件、プロセス、外乱)に分類します。
      (5)戦略的な解決策を立案します。

◆講 師  株式会社自己啓発協会 代表取締役 川上 史明

 

  詳しくは、こちら(戦略的問題解決実践研修)をご覧ください。


電話対応について

2010/10/27

nakamiya.jpg おはようございます。
 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・中宮です。

 

 世のビジネスパーソンにとって、電話というツールは欠かせないものだと思いますが、電話という日常的なものだからこそ、その対応が疎かになっていることはないでしょうか。今回は、この電話対応のマナーについて考えてみたいと思います。

 

 まずは、電話のかけ方についてですが、皆様は自分の名前を名乗らずに電話をかけていることはないでしょうか。かけた側からとってみれば、相手に用事があって電話をかけているのでしょうが、受ける側はその電話を待っているとは限りませんので、まずは、自分の会社名、氏名を名乗ることが重要です。また、一方的に自分の要件を伝えても、相手がその件の担当者であるとは限りませんので、要件を丁寧に伝えて、丁寧な依頼をすることが重要です。
 次に、電話を受ける側についてですが、かける側と同様にきちんと会社名、氏名を名乗ることが重要です。また、気持ちのよい挨拶、かけた側の名前、要件を確認することも忘れてはいけません。

 

 電話対応をするにあたり、重要なことは電話をかける(受ける)人は、その会社を代表する人間だと思われているということを忘れないことです。たとえ電話をかけた(受けた)人が、そういう意識がなかったとしても、電話を受けた(かけた)人は、電話の相手が会社を代表する人だというイメージを持ってしまいます。したがって、電話をかける(受ける)人は、自分が会社のイメージを決定するかもしれないという意識を持って、丁寧な電話対応を心掛ける必要があります。
 丁寧な電話対応は、相手に良い印象を与えます。逆に横柄な対応は、相手に悪い印象を与えてしまい、その後の仕事にも悪影響を与える可能性もあります。電話という日常的なものだからこそ、丁寧な対応を心掛けたいものです。


保証承諾が受けられない!PartⅢ

2010/10/26

saiki.jpg おはようございます。
 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」副所長の佐伯です。


 さて、前回は、保証協会との取引において、一般的にこんな状態にある場合には、保証承諾は得られないというケースを紹介しました。今回は、主に金融機関との取引に関して、こうした状況にある場合、保証が受けられないというケースについて、簡単に説明したいと思います。
  
【金融取引等について】

1 銀行取引停止処分を受けている場合です。
  仮に保証協会の保証承諾を得られたとしても融資が実行されることはありませんし、それ以前の問題

 として、こうした状況にある企業を信用して保証することはできないということです。
  なお、1回目の不渡を出して、6カ月を経過していない場合や、法人の代表者が銀行取引停止処分

 (1回目の不渡を含む)を受けている場合も保証利用は困難です。

 

2 破産、民事再生、会社更生等法的手続き中または内整理等私的整理手続き中の場合(それぞれ、

 申立中の場合を含む)も保証の利用は困難です。
  いわゆる倒産の状態にあるためです。
  ただし、民事再生法の再生計画の途上にある等所定の要件に該当する場合は利用できる場合があ

 るので、詳しくは保証協会にお尋ねください。

 

3 借入金(協会の保証付融資、金融機関固有の融資等)について延滞等の債務不履行がある場合

 です。
  現在の借入金も約定(約束)どおりに返済できない状態ですから、新たな保証利用による借り入れは

 認められないということになります。

 

4 担保を無断で滅失(建物取り壊し)した場合
  保証する場合の判断材料として、担保の提供があったから承諾したのに、その担保を勝手に処分

 (建物取り壊し)されたのでは、保証協会も態度を硬化するのは当たり前ですよね。ちなみに、最近は動

 産への担保設定もあるようですから、企業の方は注意してください。

 

 「わが社の場合はどうかな?」と思われる場合は保証協会にご相談されることをお勧めします。

 さて、次回は、財務内容等において保証協会を利用できないケースについて、説明したいと思います。


ちょっとお得なパソコン(iPhone含む)活用術

2010/10/25

kobayashi2.jpg おはようございます。
 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・小林です。

 

 最近では、AndroidやiPhoneなどスマートフォンと言われる携帯電話がシェアを延ばしており、仕事に使えるのでは?とお考えの方も多いと思います。


 IT担当(自称?)としては、ぜひ使ってみなくては!有名なところではやはり、iPhoneを使ってみようかなとは思うものの、そもそも私はWindows専門ですから、AppleのOSとかさっぱり分かりません。と悩んでいても前に進まないので、とりあえず買ってしまえ!と、重い腰をあげて、先日、やっとiPhoneを購入しました。ヽ(´▽`)ノ ワーイ 


 皆さんにiPhoneを仕事で使うために、初心者の視点で少しづつレポートしていきたいと思います(`・ω・´)シャキーン━━━!! (とはいえ、初心者視点ですからハードル低めで勘弁してださい。)


 iPhoneを買って、まずやらなければならないこと、それは「電話帳の引き継ぎ」です。そこからですか?と思われるかもしれませんが、正直、戸惑いました。


 ショップでは、メールの設定はしてくれましたが、電話帳の引き継ぎは自分でやってくださいと手順書を渡されました。


 手順書を見てみると、どうやら古い携帯電話で使っていた電話帳は、SoftBankのサービスであるMySoftBankに保存してあるようです。これをiPhoneに移すには、「電話帳かんたんコピー」というアプリを使う必要があり、アプリを使うにはApp Storeからアプリをダウンロードして、ショップで教えてもらったIDとパスワードを入力するとのこと。


 フ~。なんとかなりましたが、これはパソコン初心者にはハードル高いでしょうね。姪がiPhoneを買ったけどよく分からないと泣きついてきた理由が少し分かった気がします。

 

 iPhoneを仕事で使うには・・・この調子で大丈夫なんでしょうか?


販路開拓事業を活用しましょう

2010/10/22

mikio2.jpg おはようございます。
 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・北林です。

 

 自社の保有技術、魅力ある商品をいかに知ってもらい、売上に結びつけていくか。販路開拓の進め方について、当センターのメールマガジン・第60号から63号にかけて、(株)流通プランニング研究所 代表取締役 所長 川上正人氏に執筆していただきましたが、その中で、同氏はきっかけの大切さについても述べておられます。


 様々な支援機関で、きっかけづくりのための販路開拓支援事業を行っており、その中で、当センターの事業と国の事業をそれぞれご紹介します。

 

ひろしまバーチャル技術展示会
 医療・福祉に関する独自の技術、製品を有する広島市内の企業を対象に、広島市が開設するホームページ上に、ブログや動画サイトを利用し、自らの創意工夫でPRしていただく事業です。平成22年10月29日(金)まで、参加企業の募集をしています。

 

地域産品販路開拓機会提供支援事業
 中小企業を対象に、販路開拓を支援する2つの事業があります。
  ① 販路スペースに関する事業
    首都圏の百貨店、高級スーパー、エキナカの販売スペースを活用して、地域産品の販路

   開拓を支援する事業です。


  ② 展示商談会の開催に関する事業
    バイヤーとの個別商談会など展示商談会を通して、バイヤーや流通業者との「出会い」の

   場を提供する事業です。


零細企業におけるBPO活用

2010/10/21

hamada2.jpg おはようございます。 
 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のマネージャーの浜田文男です。


 中小企業さんの中で社員の方が少人数の場合、新たな事業を始めるに当たり、社員の方をアサインする、あるいは、新規に雇用するのはリスクが大きいと考えられます。特に、新たな事業がこれまで経験の無い分野であればなおさらです。


 少し前から、卸売業さんの新たな動きとして、ネットショップを開設して販売を強化したいとの話をよく聞きます。ところが、これまで販売対象は小売業さんのため、新たに消費者の方に販売するにはどうしたら良いかわからないということが課題になっています。


 これに対するソリューションの一つとしてBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)が挙げられます。実際にBPOを受託している中小企業さんもあります。


 この時のポイントは両社のコミュニケーションを良くすることと役割分担を明確にすることです。また、費用面で見ますと、BPOは変動費ですが、月あたり(定額費+成果報酬)の考えで運用することが考えられます。特に、ネットショップを開設して1年間位は成果が出始める黎明期と捉えて適用して良いと思います。その後は成果報酬で考えます。成果報酬の良いところはやる気が出て双方にとってメリットがあるところです。もし、1年たって成果が出ないようでしたら撤退を検討します。


 両社が力を尽くせば必ず良い結果になると思います。


いよいよ始まります

2010/10/20

bajyou2.jpg おはようございます。
 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・馬上です。

 

 今年度の流通革新研究会が、いよいよ来週の月曜日から来年の2月まで、毎月1回、全5回の日程で始まります。

 今回は、「事例に学ぶ卸売業の商品開発」と題して、昨年度に引き続き商品開発をテーマとしていますが、タイトルにもありますように、事例を中心とした内容になっています。

 具体的には、㈱西友で「無印良品」の開発に当初から携わり、無印良品の生みの親とも言われる㈱システムプランニングの鈴木栄治氏による無印良品のブランド開発の事例のほか、ギフト商品を中心に数々のヒット商品を開発し、メーカーにも積極的に提案を行っている㈱ゴールドボンドの事例、国分㈱を中心に菓子卸12社が商品開発を目的に共同出資して設立された日本橋菓房㈱の事例、試行錯誤の連続、社員のぶつかり合いなど様々な困難を乗り越えて新しい化粧品ブランドを立ち上げた㈱スマイルの事例研究を行います。

 

 今回は企業に事例発表をお願いするのに何社も断られ大変でしたが、やっと実施にこぎつけられて、ホッとしています。

 参加者の皆さんには、必ずやお役に立つと思っていますので、乞うご期待!


月別の記事
リンク集

ページトップへ