本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

広島市中小企業支援センター > 支援センター職員によるブログ > 2009年11月

支援センター職員によるブログ

「お買い得品の値づけ」

2009/11/30

mikio.jpg おはようございます。
 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・北林幹生です。

 

 知人から聞いた体験談です。
 平日は家事の手伝いがあまりできないので、土日はなるべく手伝うようにしており、買物と洗濯は彼の役割分担だそうです。先日、奥さんの書いたメモを持って近所のスーパーへ買物に行きました。しゃぶしゃぶ用豚肉4パックとメモがあったところ、その日は特売で3パック1,000円のシールが貼ってあり、小さく2パックで680円とも書いてあります。ちなみに1パックの値段は410~440円位です。

 「ラッキー」と思いメモどおり4パックを取りレジへ。店員の人は3つで1,000円と、一番安い417円を単独でレジを通しました。その時、ふと知人は、その417円にひっかかり、「まてよ、680円を2つにした方が安いのでは?」
 「1,000+417=1,417円」「680×2=1,360円」⇒57円違います!
 知人「これって2つずつの方が安くなりますよね」
 店員「少々お待ちください」
 店員さんはパートのようで、従業員の控え室に行って判断をあおいでいます。
 従業員「お客様、申し訳ありませんが、3パックの方が優先されるので...。一番お安い417円を別に打たせていただきました」
 知人「じゃあ、2つ戻して買いなおします」
 結局、その場でいったん返金と再度レジ打ちをして安く買うことができました。

 

 この出来事をどう思われますか? 知人のようなことまではしないという方もおられるでしょうが、パック料金の設定はまずかったと思います。
 3パック1,000円は@333円、2パック680円は@340円で7円しか違いません。例えば、2パック750円、@375円位ならば逆転現象はおきません。単品は420円位なので、それでも@50円前後も安くなります。

 

 ちなみに、ご紹介した場合については1パックの単価に幅がありましたが、例えば単価420円固定の場合、2パック710円、3パック1,000円であれば、「3パック+1パック」と「2パック×2」のいずれの組み合わせでも同一金額(1,420円)になります。
 お客様に「???」の思いを持たれないよう、パック料金の設定をしなければならないと感じた体験談のご紹介でした。


「環境経営戦略入門セミナー」の参加者を募集しています!

2009/11/27

kataoka.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のマネジメント担当・片岡です。

 

 地球環境問題は21世紀人類最大の課題と言われ、企業にとっては、環境に配慮しながら、コスト削減、業績改善、技術開発、企業イメージや商品・サービスの付加価値の向上を図る「環境経営戦略」が必要不可欠となっています。

 

 昨年の中小企業を対象としたある調査によると、7割を超える企業の方が環境経営に関心があり、何らかの取組みをされているという結果が出ています。そうした中でも、多くの中小企業の経営者の方が、
 ●これから環境経営に取り組みたいが、何から始めたらよいか分からない
 ●環境経営に取り組んでも、どのくらいの効果が見込めるか分からない
 ●ISOなどの認証取得は、取得コスト・内容・期間・人材などの問題から難しい
 ●現在環境経営に取り組んでいるが、満足な成果がでない
 ●現在環境経営に取り組んでいるが、今のやり方でいいのか不安である
など、様々な悩みをお持ちです。
 こういった悩みをお持ちの企業の方は、是非この機会にご参加ください。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆日 時  平成21年12月4日(金) 13:30~16:30 (3時間)
◆会 場  広島市まちづくり市民交流プラザ 北棟5階研修室C(広島市中区袋町6-36)
◆内 容 ・なぜ環境経営が必要か(中小企業にも必要な理由 ほか)
      ・環境経営に取り組むメリット(コストとの兼ね合い~何が上がり、何が下がるのか~ ほか)
       ・環境経営の進め方のポイント(中小企業の取組み事例 ほか)
        ・今すぐできる省エネ・コストダウン実践事例の紹介(コスト削減に直結する省エネ事例 ほか)
◆講 師  ㈱合同総研・コンサルタント事業部チーフコンサルタント 添嶋真人氏

 

 詳しい内容は、こちらをご覧ください。◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


近江商人の十訓

2009/11/26

tosa.jpg おはようございます。
 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の副所長の土佐です。

 

 先日、講演会に出席して、三方よしの理念(買い手よし、売り手よし、世間よし)で知られる近江商人の商売の基本である十訓について学びましたので紹介します。

 

① 世のため、人のための奉仕 ⇒ 利益は当然の報酬
② 店の大小より、場所の良否、品のいかん
③ 売る前のお世辞より、売った後の奉仕 ⇒ 永久の客を作る
④ 資金の少なさを憂うなかれ、信用の足らざるを憂うべし
⑤ 無理に売るな、客の好むものを売るな、客のためになるものを売れ
⑥ 良き品を売るは善なり、良き品を広告して売ることはさらに善なり
⑦ 紙1枚でも景品はお客を喜ばせる。つけてあげるものが無いときは笑顔を
⑧ 正札を守れ、値引きは罪悪
⑨ 常に考えろ。今日の損益を常に考え、今日の損益を明らかにしないで就寝につくな
⑩ 商売に好況、不況はない。いずれにしても儲けねばならない

 

 どうですか、何か思い当たる節はあったでしょうか?参考にしてみてください。


第3回「中小卸売業の新商品企画・開発研究会」が開催されました

2009/11/25

bajyou.jpg おはようございます。
 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当の馬上です。

 

 去る11月13日(金)、(協)広島総合卸センターの会議室で、第3回「中小卸売業の新商品企画・開発研究会」が開催されました。

 今回は、全国約10万人の主婦をインターネットで組織化し、女性の声をマーケティングに生かす「クチコミュニティ・マーケティング」というビジネスモデルで一躍有名になった㈱ハー・ストーリィのマネージャー上野りつ子氏が、「商品開発のためのマーケティングリサーチ」というテーマで講演を行いました。

 

 講演では、クチコミュニティ・マーケティングの考え方を商品企画に組み込むことのメリット、商品の購買決定権は約7割が女性にあり、女性は好きか嫌いか、直感、イメージで商品を購入する傾向があること、マーケティングリサーチをする際には目的を明確にし、目的に合った調査方法(定量調査、定性調査等)を選ぶことなどの留意点等について話されました。

 

211125.jpg


「モノづくり事はじめ‐14」

2009/11/24

kubo.jpg おはようございます。
 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のプロジェクトマネージャー・久保です。

 

 (10月30日号からの続き)

 

 3 試作→評価/検証→設計変更

 

 (いそがばまわれ)
 商品は時代の要求や顧客の好みに合致して初めて、売れる商品になるということは繰り返し述べてきました。
 社会の変化は年を追うごとに速くなっています。

 これにつれて顧客の好みもめまぐるしく移り変わるようになりました。

 売れ行きがあまり活発でなかった商品が、突然売れ出したり、逆に昨日まで売れていた商品がある日突然売れなくなるということが実際に起こります。

 したがって、できるだけ最新の情報に基づいて商品を開発すれば、それだけ市場で優位に立てる可能性が高まるわけです。

 自動車メーカーが開発期間の短縮にシノギを削っているのはこのためです。

 また開発期間が短ければ短いほどその商品の売り上げによる利益確定が早まるわけですから、経営の面でも直接的なメリットがあるわけです。

 1990年代の末に、ある自動車会社が、今後発売する新型車の開発リードタイムを従来の30ヶ月から19ヶ月に短縮する、と発表しました。

 それまでのやり方は企画、設計が終了した後10ヶ月かけて試作車の製作、評価・検証を行い、その後の20ヶ月で生産準備をしていました。
 これが何故19ヶ月まで短縮できたかと言うと量産開始までに必要な工程を可能な限り同時並行的に進めることを徹底したことによります。

 どこかで「コンカレントエンジニアリング」という言葉を聞いたことがある読者もおられると思いますが、これがその内容です。 
 自動車のように複雑な商品でなくとも、一般的に商品を開発するためには、異なった多くの作業を経て初めて可能となるものです。

 これらの必要な作業をすべて事前にリストアップして、個々の作業をスタートするにはどういうインプットが必要か、作業にはどれだけの時間がかかるのか、アウトプットとしては何が得られるのかを徹底吟味して、トータルの開発期間が可能な限り短くなるようにこれらの作業を有機的に結び付けてゆきます。

 まどろっこしいようですが、こうして得られた開発プロセスを着実にこなしてゆくことが、トータルでは結局一番早く商品を開発する方法になるのです。

 まさに「いそがばまわれ」の例え通りです。 (次号へつづく)


エコ的に地球環境を考えるとは!?

2009/11/20

mennde.jpg おはようございます。

 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のマネージャー免出です。

 

 21世紀に入って「エコ」という表現が頻繁に使われるようになりました。 エコバッグ、エコグッズ、エコカー、エコ住宅、エコライフ、エコビジネス、エコラベル、エコマーク、エコツアー、エコ素材、エコ検定とエコピープル等々たくさんのエコネーミングが出てきました。

 

 ではその「エコ」とはどういう意味なのでしょうか? 単に環境を英語でいえば、Environmentです。 一方、環境保護を英訳すると、Ecology(エコロジー)=生態学が出てきます。 このエコロジーの方から、「エコ」という言葉が出て来ています。 エコに近い他の表現として、グリーンラベルとか、グリーン経営とかがあります。 そして人間にやさしいエコエネルギーに似た表現に、クリーンエネルギー、自然エネルギー他がありますが、どこがどう違うのでしょうか。

 

 曖昧な表現は避けるべきですが、エコ的すなわち生態学的に自分を取り巻く生命を含めた環境をより深く考えると、どうあるべきか明確でないことがたくさん出て来ます。 今までは、それらをあっさり捨ててきましたが、これからは、自分と周囲の環境との関係を十分に考慮しながら、行動しないといけないということになりました。

 

 つまりエコ的な生活は、直近の経済だけでなく地球環境も考えた長期な経済も視野を入れることが必要で、今までのように単純な経済発展を目指す訳にはいかなくなります。 しかしこんなにもエコ的な表現を使う私達は、もはや昔には戻れないところに来てしまったといえるかもしれません。


アドバイザーの派遣を受けて、経営を見直ししてみませんか。

2009/11/19

tsunemoto.jpg おはようございます。

 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・常本です。

 

 今回は、中小企業支援センターの経営革新アドバイザー派遣の利用をお勧めします。
 経営革新とは、中小企業の現在の経営状態を見直して、無駄な経費などを洗い出し、整理して、より良い、もしくは効率的な企業活動へ改めることです。
 ただ、経営状態を見直すといっても、経営者の方も何を見直すべきか分からない方から、なんとなく分かっているけれど見直し方が分からないという方まで様々です。
 そこで、第三者の立場から、経営状態を洗い出し、整理するための助言者を派遣するというのが経営革新アドバイザー派遣です。
 この制度の利用には、専門家の派遣経費の3分の1(12,000円/1回)をご負担いただく必要がありますが、通常、中小企業診断士などに経営コンサルとして依頼する場合に比べて、安く利用することが出来ますし、派遣回数も自由に設定できますので非常に使い勝手が良い制度です。
 さらに実際の派遣にあたっては、中小企業支援センターの職員が派遣前に、必要と考えられるアドバイザーとのマッチングも行いますので、目的のために必要とする人材を派遣することが出来ます。
 制度について、ご不明な点は、お答えしますので、ぜひ、一度お問い合わせください。


(グローバルビジネスのヒント:グローバル商品マーケティング編その2)

2009/11/18

konndou.jpg おはようございます。

 がんばる中小企業を支援する「広島市中小企業支援センター」のマネージャー・近藤です。

 

 ブランドをグローバルに統合するビジネスツールの一つとして、次のような手法があります。


 ブランドの属性をひとつの絵の中に表現する「ブルズ・アイ」というものがそれです。


 名の通り牛の目の形をした楕円形の中央にブランドの基本コンセプトを語り、その周辺に基本コンセプトを構成する商品戦略(デザインコンセプトや要素技術)、価格戦略(競合車と比べプレミアム価格かお買い得価格か)、そして訴求すべきイメージ戦略の三つを全て表現しています。個々の商品ブランドがこのブルズ・アイを持ち、そして企業ブランドも、このブルズ・アイで表現されます。


 企業ブランドのブルズ・アイの中央には企業の基本思想が記述されています。

 

 これらのブルズ・アイを通じて、企業ブランドと商品ブランドが統合され、また企業戦略と個々の商品戦略も統合されたものになるわけです。

 

 地域や文化の違いを超えて、一つのブランドのイメージ戦略が形成され、個々の商品をどこの、だれが見てもその商品ブランドを判別しうる企業イメージが出来上がることになります。

 

 さて次回からは、商品マーケティングについてお話しますが、そのスタートとして、商品コンセプトの作成方法についてお話します。


月別の記事
リンク集

ページトップへ