本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

  1. 広島市中小企業支援センター
  2. 支援センター職員によるブログ

支援センター職員によるブログ

歯ヂカラ

2019/09/12

創業支援担当・城戸主幹

おはようございます。

がんばる中小企業と創業者を全力で支援する 「広島市中小企業支援センター創業支援担当の城戸です。

 

9月5日発表の1か月予報によると、向こう1か月は全国的に、気温、降水量とも平年並みか平年より高そう(多そう)です。

まだまだ蒸し暑い日が続くのかも。スカッとした秋晴れが待ち遠しいですね。

 

ところで、今月は「歯ヂカラ探究月間」です。歯を丈夫で健康にするガム「リカルデント」などをブランドに持つモンデリーズ・ジャパンが制定。

夏は食生活が乱れがちで歯の体力=歯ヂカラも弱まる傾向にあることから、食生活をリセットする機会でもある9月1日から30日までの1か月間を、歯が本来持っている力を見直し強化するなどの探究時期にしようと提唱しました。

 

昨年11月に広島市役所で開催された平成30年度「8020」いい歯の表彰式では、80歳以上で20本以上の歯を持った方700名(男性292名、女性408名。平均年齢81.4歳、最高年齢は95歳。)が表彰されています。

 

親知らずを除く28本の歯のうち、少なくとも20本以上自分の歯があれば、ほとんどの食べ物を噛み砕くことができ、おいしく食べられるそうです。

全身の健康にも大きな影響がある歯。しっかりメンテナンスして食欲の秋を楽しみましょう。

 


野生動物

2019/09/10

中小企業支援センター 土佐所長 おはようございます。

 がんばる中小企業と創業者を全力で応援する「広島市中小企業支援センター」所長の土佐です。

 暑かった夏も終盤を迎えた感がありますが、まだまだ、残暑は続きますので油断されないように体調には気を付けて下さい。

  

 さて、秋は実りの季節ですが、山に住む野生の動物たちも冬に向けて体力をつけるため活発に捕食活動を行うことになります。

 私が実際に遭った野生動物を挙げると、県北の民家の軒先の木で柿を食べていた猿、ゴルフ場では、タヌキや鹿にあいました。特に鹿は、カートでコースを移動していたところ、木陰の涼しげな場所があり私が休もうとしたら、そこには立派な鹿が先に3頭(宮島の飼いならされた鹿とは別物)涼んでおり本当にびっくりしてしまいました。また、最近、夜に西区の団地を車で走行していると、前方に、2匹の動物が見えました。猫?、タヌキ?と思い近づくとなんと猪の親子でした。車のライトにもおびえることなく堂々していました。車に乗っているからいいものの、本当に野生感満載で怖い。

 以前は人と野生動物の間に里山などバッファーゾーンがありましたが、人間による開発が進むとともに、過疎化などで里山整備が置き去りにされた結果、人と野生動物がいきなり遭遇して不幸な事件も発生しています。野生動物にも生きる権利があり、知恵を出して野生動物の計画的な保護・管理が進んでいくことを期待しています。なお、まだ遭ったことはありませんが、熊にだけは絶対に遭いたくないものだと思います。

 


フットサル

2019/09/05

経営革新担当 有里主事

 おはようございます。がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・有里です。

 私はサッカーが好きで、よくサンフレッチェの応援に行くのですが、「フットサル」のトップリーグである「Fリーグ」の試合もよく観に行きます。

 「フットサル」というのは、簡単に言うと5人制のサッカーで、サッカーの9分の1程度の広さの屋内コート(体育館など)で試合を行います。


 コートが狭いため、ゴール前の攻防が連続して繰り広げられ、その中で行われる激しい接触プレーや、それをかいくぐるテクニックが見どころです。


 広島には、「広島エフ・ドゥ」というチームがあり、現在「Fリーグ」の2部で、1部昇格を目指して戦っています。
 
 「広島エフ・ドゥ」の選手のファンサービスは旺盛で、試合後には、ハイタッチでお見送りしてくれるなど、観客との距離が近く、感情移入すること必至です。


 室内競技のため、天候の影響も少なく、観戦も快適です。


 広島のスポーツといえば、プロ野球やJリーグという方が多いと思いますが、「Fリーグ」もお勧めです。


普段の血圧値は?

2019/09/03

経営革新担当 岸野主事 おはようございます。がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・岸野です。

 

 先日、人間ドックを受診してきました。医師による結果説明では、「血圧が高く、年齢、体型から白衣高血圧(病院で血圧を測るといつもより血圧が高い)も考えられるので、家で血圧を測ってください」と、血圧管理手帳をいただきました。

 

 この血圧管理手帳は、朝・夜2回、同じ条件で測定し、それぞれ2回の平均値を記入するようで、なんと1年間分の記録が残せる分厚い手帳でした。

 

 たしかに、これまで血圧は年間で人間ドックと献血時の2~3回しか測定する機会がなく、普段の血圧が正常値なのか分かりませんでしたので、今後は、この手帳を活用して、普段の血圧値を把握しようと思います。

 

 本当の高血圧だったらショックですが・・・


暑い時期も肌のお手入れを

2019/08/29

河石主事.jpg おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・河石(かわいし)です。

 

暑い日が続いており、体調管理には気を付けないといけないと感じております。先日、帰宅すると台所に家族が作った小松菜の炒め物が置いてあったのですが、なんと室温が高すぎたため傷んでおりました(調理後、冷蔵庫に入れる前に冷まそうと置いていたら、そのまま入れ忘れたようです)。

 

さて、これだけ暑いと当然、冷房に助けられるのですが、個人的に困ったことがございます。私は肌が少し弱いため、中学生の頃はよく皮膚科に通っておりました(主にニキビの治療ですが)。冷房の風が苦手ということはないのですが、この暑さで汗だらけになった顔面が冷房によって乾いてしまうのが良くないのか、また肌が少し荒れてきてしまいました。

 

そこで、以前医師に勧められたニキビ肌用の洗顔フォームに加えて化粧水と保湿クリームを使い始めたところ、また調子が良くなってきました。

 

湿気の多いこの時期ですが、肌へのダメージも大きい時期です。どうぞお気を付けてお過ごしください。

 

 


令和最初の秋

2019/08/27

吉岡主事.jpg おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・吉岡です。

 

 暦的には立秋を迎え、実際に8月下旬に入り秋も近づいてきましたが、まだまだ暑い気候が続いています。

 さて、その秋と言えば「読書の秋」など様々な「~の秋」といった呼ばれ方をします。

気候的にも暑くもなく寒くもなく過ごしやすい季節ですし、本格的な冬を迎える前に様々なものを「蓄え」ることができる時期です。

 もうすぐ令和最初の秋を迎えますが、私は毎年「食欲の秋」に託けて脂肪を「蓄え」ていた気がしますが、今年の秋は「読書の秋」で様々な見聞を「蓄え」、「スポーツの秋」でこれまで蓄えてきた脂肪を燃焼し、体力を「蓄え」ていきたいと思います。

 これから、台風シーズンを迎え、天候には注意を要する時期ではありますが、皆様も令和最初の秋を満喫していただければと思います。


機械装置が電子基板に置き換わる時代

2019/08/22

若本コーディネータ.jpg おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のコーディネータ・若本(わかもと)です。

 
 広島市内の中心市街地に拡がるコインパーキングに少しずつ異変が訪れています。それはこれまでのような『ロック板』と呼ばれる車止めがなくなり、月ぎめ駐車場のように停車スペースの枠線だけが示されたコインパーキングの登場です。

 

 よく観察してみると、駐車スペースの後ろにポールが立っていて、カメラによるナンバーの認証がなされているようです。ロック板があることで発生していたトラブルが回避できるだけでなく、設置工事の時間やコストも圧縮でき、恐らく利回りも高くなるのでしょう。

ロック板レスコインパーキング

 

 ロック板自体は、複雑な構造ではないものの、それほど大量生産によってコストダウンできるほどの市場規模でもないでしょうから、機械装置は大手が扱うようなものではなく、人件費の安い海外でも十分生産可能だと思えます。時代は運搬も取り付けも大変な機械装置の設置から、次第にIoT化が進み、カメラと基板、そしてそれを取り付けるカバーだけで済む時代に進んでいます。ハードを製造するメーカーは、海外との競争だけでなく目の前から急に機械装置自体が不要な、電子制御・デジタルに置き換わり、市場自体が消えていく予測不能の時代になりました。

  

 コインパーキング自体も、その名の通りの「コインを投入する」精算機から、キャッシュレスに移行し、硬貨を回収することもなくなります。その分、これまで現金売上だったお金は、一部をキャッシュレス業者に奪われ、締め日と代金振り込みまでのタイムラグも、恐らくキャッシュレス業者の資金運用に使われるのでしょう。商売は正直で信頼が大切なことはいうまでもありませんが、先行きの見えない難しい時代になりました。未来予測は容易ではありませんが、目の前で起こっている現象を、ビジネスに置き換えて興味深く観察されることで、自分の業界で起こる未来のリスクとチャンスに備えることが出来るのではないでしょうか?


初セミナー

2019/08/20

河野主査.jpg おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・河野です。

 

 担当業務である「創業ワンコインセミナー」が初開催。

 様子がわからないので、段取りや準備に手間取ったりしましたが、講師の藤井先生、上司、同僚に助けられて無事開催できました。

 受講された方の熱心な姿勢から、創業に対する意欲の高さが、ひしひしと感じられました。

 また、講師の藤井先生からは、創業するにあたっての大切なポイント、「経営理念」と「創業計画」を熱く教えていただきました。

 まだまだ初心者ですが(年齢はさておき)、皆さんのお役に立てるようになる日が来ればと思っています。

 今後も「創業アカデミー1」、「創業ワンコインセミナー」、「創業アカデミー2」がありますので、ぜひご参加ください。


週末のウォーキング

2019/08/15

創業支援担当・北浦主事  おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・北浦です。

 5月から健康管理のために、ウォーキングを始めました。天満川の新観音橋から昭和大橋の川沿いを、眼鏡の上からかける偏光サングラスをかけて歩いています。

 

 この偏光サングラスは、太陽の明るさと角度といった条件を満たすと、川の中を泳ぐチヌやサヨリの群れ、鯉やボラ、アカエイ等、様々な魚が見えます!!

 カメラ用の偏光フィルターもありますが、偏光サングラスで見た通りの写真や動画を撮るのは難しく、なかなか良い写真や動画が撮れませんでした。

 7月7日は晴天に恵まれたことと、様々な条件が揃ったこともあり偏光フィルターを付けたカメラを使って、昭和橋の上から動画を撮ることができたので紹介します。

 

 ウォーキングを始めたころは、3日坊主で終わると思っていたのですが、友人から「川や海が近いなら偏光サングラスを付けてみたら面白いかもよ。」とアドバイスのおかげで、今も続けることができています。

 

 川底のカニを狙ってアカエイが泳いでいるところ、逃げ惑うカニをチヌが捕食に集まっている様子。

 

 巨大なアカエイが泳いでいる様子

 


言葉の力

2019/08/13

阿須賀コーディネータ(創業支援) おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のコーディネータ・阿須賀です。

   

日々、いろいろな事業者の方の商品・サービス、屋号などのキャッチフレーズやネーミングをお手伝いする機会がたくさんあります。ほんとに小さなことから、ネーミングによって印象はずいぶん変わるのを実感します。

日本には、漢字、カタカナ、ひらがな、アルファベットとバリエーションも多いため、ぴたっとくるものに巡り合うのは大変です。意外と、ストレートな漢字で表現するもののほうが、下手な横文字よりも伝わりやすい、ということは多く、またその言葉の選び方によって、ターゲットも自然と見えてくるのは不思議です。

さて、ここで気になるのが今年のカープのキャッチフレーズ「水金地火木ドッテンカープ」。三連覇中のキャッチフレーズは「真赤激~Burn it up!~」「カ舞吼!Kabuku」「℃℃℃(ドドドォー!!!)」です。漢字三文字を基本にリズム感のあるいいキャッチフレーズです。しかし、どう考えても、「ドッテン」は、勝負の運がひっくりかえりそう、と去年11月に発表されたときに感じたのですが、やはり予感的中!?ジェットコースターのように連勝と連敗を繰り返しています。

やっぱり言葉の力、言霊ってあるよね、と思う次第です。


月別の記事
リンク集

ページトップへ