本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

広島市中小企業支援センター > 支援センター職員によるブログ > 2009年3月

支援センター職員によるブログ

最良の接客とは?

2009/03/31

mikio.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・北林です。


 先日、店舗で店員さんから商品説明を受けている最中に、別のお客さん(Aさんとします)が、私と店員さんの間に入ってきて商品説明をその店員さんに求めてくる場面に直面しました。店員さんとしてはどうしようもなかったのでしょうが、Aさんへの対応に追われ、私は全く手持ち無沙汰の状況になってしまい、結局帰ってしまいました。


 この場合店員さんの対応として、例えば、『① Aさんに対して「お客さまへの説明中であり、今しばらく待っていただきたい。」と理解を求める』、『② 私に対して「お急ぎのお客さまがおられるため、少々お待ちください。」と言ってAさんへの対応を続ける』ということが考えられます。


 ①の場合、Aさんとしては私への商品説明は終わったものと思って、声をかけてきたのかもしれません。この場合、Aさんのプライドを傷つける結果になる可能性があります。だからといって、②の対応をした場合、優先すべきお客様への対応が後になるという点で、店としての接客姿勢が問われそうです。


 実際の場面で、私がそのまま売場に残っていれば、店員さんはAさんへの対応が終われば、私に対してそれ相応の対応をされたと思うのですが、私と同じように帰ってしまうお客さんもあることと思います(私の場合、広島東洋カープの入場券を買うために5時間(!)並んだ直後で疲れていたため、帰ってしまったのです)。


 双方のお客様に配慮するとしたら、私に対して目で申し訳ないと訴えながら、Aさんへの対応も誠実にするしかないのかなと、後から振り返って考えました。


 お客様はいろいろな思いや事情を持ってお店にやって来られることと思います。お客様に最良の対応をすることの難しさを考えさせられました。(ベストの結論がなくて申し訳ありません。)


またまた認定が出ました!

2009/03/30

bajyou.jpg  おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の創業支援担当・馬上です。

 

 またまた認定が出ました!


 去る3月9日(月)に、今年度最後の女性・シニア創業パッケージ型支援事業の事業可能性評価委員会が行われ、今回は3名の応募者の中から、見事、東條典子さんが認定を受けられました。今年度の認定は、これで女性ばかり7名となりました。


 先週の金曜日に広島市役所で認定式が行われ、三宅理事長(副市長)から認定書の交付を受け、創業への決意を新たにされていました。

 

77.jpg


「ひろしまバーチャル環境展」出展企業の紹介(第16回)「大気テクノ(株)」

2009/03/27

mennde.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のマネージャー・免出(環境担当)です。


 「広島市の産業」内の「ひろしまバーチャル環境展2009」に出展している企業の出展技術・製品をご紹介します。

 

 大気テクノ(株) (広島市安佐南区長束6-10-1)

 

 大気テクノ(株)は、創業以来長年にわたり、集塵機をはじめ、焼却炉、蒸気ボイラー、破砕機、乾燥機(ロータリードラヤー)、公害防止機器等々を次々に開発・製造・販売するとともに、そのプラント一式の企画・受注・据付等を行って来ました。

 その中で、木製品等の製造加工業者の方々の快適な作業環境作り、公害防止、省力化・省エネ等において、お客様の環境問題対策に貢献しています。

 特に、最近は、バイオマス燃料化により、重油使用削減によるCO2の大幅な減少に注力し地球環境保護に寄与しています。

 

環境展の大気テクノ(株)はこちら  「広島市の産業」企業技術情報はこちら
                        企業技術の掲載方法はこちら

 

バイオマス燃料活用に取り組む大気テクノ!

76.jpg

  木材の樹皮・木屑・木端、また食料品の残渣等は、水分を多量に含んでいます。これらを燃料他に活用するには、まず乾燥することが、どうしても必要です。


                       
 大気テクノは、長年にわたる取り組みの中で、技術・  ノウハウの蓄積を図り、ロータリードライヤーを開発・製造・販売して来ました。

 

 乾燥されたバイオマスは、ペレット化されて持ち運びして燃料にしたり、食品残渣であれば、肥料にされたりします。一方、蒸気ボイラーに投入されて、木材乾燥・電力・工場暖房に使用されたりします。


                        
 限りある重油等の化石燃料使用の大幅な削減を実現しながら、CO2等による地球温暖化対策を図っていくことができればと考えています。


中小企業の腕の見せどころ「知財」!

2009/03/26

  kataoka.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のマネジメント担当・片岡です。

 

 先日受講した特許庁主催の「中小企業経営に役立つ知財活動支援セミナー」の中でのポイントについてお話しします。


 
 日本の産業を支える中小企業は、世界的に見ても極めて革新的で高い技術を有していますが、その技術やアイデア等を知的財産として戦略的に活用している企業はまだまだ少ないのが現状です。

 

 このため特許庁では、これまで「中小・ベンチャー企業知的財産戦略マニュアル」や「中小・ベンチャー企業のための知財支援ガイド」などを作成し、平成21年4月には「ココがポイント!知財戦略コンサルティング ~中小企業経営に役立つ10の視点」を刊行する予定だそうです。


 この「10の視点」とは、知財活動に積極的に取り組み、その成果を実感しながら成長を続けている中小企業の経営者へのインタビューの中でのエッセンスです。その中のいくつかをご紹介します。

 
 〇 特許がなければ模倣品がたくさん出ていたと思う。模倣されることによって失うお客や市場を考えれ

   ば、特許出願に要する費用は高くない。

    営業担当者が顧客と話す中でニーズを拾ってきて、それをもとに開発対応をするかどうかを判断す

   ることが多い。【㈱ニッコー(食品加工機械製造)】


 〇 本来であれば当社が独占的な利益を上げられたはずの事業が、必要な手を打たずに他社へ取ら

   れてしまうことは避けたいという思いで取り組んでいる。

    特許にかける費用も特別なことではなく、費用対効果の中で判断するものである。そういう意味では

   設備投資や開発投資と変わらない。【㈱シード(文具等製造)】

 

 

 中小企業の中には、特許出願などの知財活動を行ってはいるものの、それが経営上の成果に結び付いていることが実感できないという企業、知財活動に取り組みたいとは思っているものの、どのような考え方で進めればよいかわからない企業が少なくありません。


 当中小企業支援センターでは、無料による窓口相談や経営支援アドバイザー派遣を行っていますので、このような知的財産の戦略や権利化などでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

 〇窓口相談経営支援アドバイザー制度


「ひろしまバーチャル環境展」出展企業の紹介(第15回)「(株)計測リサーチコンサルタント」

2009/03/25

mennde.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のマネージャー・免出(環境担当)です。


 「広島市の産業」内の「ひろしまバーチャル環境展2009」に出展している企業の出展技術・製品をご紹介します。

 

 (株)計測リサーチコンサルタント(広島市東区福田1-665-1)

 

 計測リサーチコンサルタントは、建設情報技術サービスのスペシャリストとして創業以来の「情報化施工」の開発・普及に加え、各種センサーの開発、システム開発、デジタル技術を駆使した景観設計・文化財整備、社会資本の維持管理等、多岐にわたる分野で活躍して来ました。


 今回ご紹介する騒音振動監視装置サイレントロボは、建設現場における環境情報の公開開示が求められてきているニーズに応えた製品です。

 

環境展の株式会社計測リサーチコンサルタントはこちら   「広島市の産業」企業技術情報はこちら
                                       企業技術の掲載方法はこちら

 

   騒音振動監視装置サイレントロボ

75.jpg


 建設現場等における騒音・振動等を測定し、表示盤にリアルタイム表示して、作業者への作業注意喚起と住民に対し情報開示をします。


 勿論、それら測定データは仔細に管理・整理し、日報・月報作成ができます。


 本システムは、レンタルもできますので、ご相談ください。


「モノづくり事はじめ-4」

2009/03/24

  kubo.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のプロジャクトマネージャー・久保です。

 

 前稿まで、開発プロセスの概要についてみてきました。

 

(自動車からもみじ饅頭まで)


 このBLOGでは工業製品の開発を例として取り上げている関係で、説明の中に「設計」とか「製図」という言葉を使っています。「あなたの言うプロセスとは工業製品の開発の場合にいえることで、それ以外の世界では役に立たないのでは・・・」との声が聞こえてきそうですが、ちょっと待ってください。


 このプロセスは品質管理の世界でお馴染みのP(計画)→D(実行)→C(評価)→A(改善)の考え方に基づいていることは「モノづくり事はじめ-2」で説明した通りです。


 ここで説明しているプロセスとはTQC(全社的品質管理)の手法そのものなので、この考え方はどんな業種であっても、そのまま適用することができます。

 
 だいぶ以前の話になりますが、TQCの手法がナイトクラブの業務改善に応用され成果を上げたことが紹介され、一時期話題になったことがあるのでご記憶の方もあると思います。


 そこまで極端でなくても、例えば②設計を⇒デザイン・仕様決定、③製図を⇒型紙製作と置き換えれば衣料品、バッグ・アクセサリーの開発・製造等の場合にもそのまま適用が可能なのです。

 

 「自動車」でも、もみじ饅頭のような「食品製造」でも、「出版」「イベント企画」でも、あらゆるケースに適用が可能です。

 

 皆さんのアイデアと工夫で、実際のご自身の仕事に当てはめて活用してください。

 

 次回から、このプロセスの内容を、工程ごとに更に詳細にみてゆきましょう。


「ひろしまバーチャル環境展」出展企業の紹介(第14回)「(有)上野園芸」

2009/03/23

mennde.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のマネージャー・免出(環境担当)です。


 「広島市の産業」内の「ひろしまバーチャル環境展2009」に出展している企業の出展技術・製品をご紹介します。

 

有限会社上野園芸(広島市安佐南区長束西3-10-14)

 

 上野園芸は、ビルの屋上や都市の遊休地を活用し、定年退職者や都市生活者による水耕栽培農業の普及を目指しています。

 

 地面から離れた空間で植物を栽培することにより、腰を曲げるという辛い作業から開放されると共に、『楽(ラク)で楽しい農業』を実践しています。

 

 都市での環境にやさしい水耕栽培で、定年退職後も楽しく気の合った仲間と共に、『癒し』や『楽しみ』を共有できる、そのような『市民参加』型の楽々農を目指します。

 

 

 環境展の有限会社上野園芸はこちら    「広島市の産業」企業技術情報はこちら
                             企業技術の掲載方法はこちら

 

定年退職後は何をされますか? 空宙(クウチュウ)トマト栽培はどうでしょうか!

 

74.jpg    楽々農 ~楽で楽しい農業~
                                        
定年退職後の第2の人生、何を生きがいとしますか?

 

 『空宙(クウチュウ)トマト栽培』は農家にとっては、『楽(ラク)』で、定年退職者にも楽しく参加できる農業です。 定年退職後、気の合った仲間と、トマトを栽培する喜びを分かち合いませんか?

 『空宙トマト栽培』が、皆様の『生きがい栽培』になっていくことを願っています。

 


「いい店ひろしま応援事業」

2009/03/19

29.jpg kusukubo.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力でバックアップする「広島市中小企業支援センター」・経営革新担当の楠窪です。


 今回は、今年度から新たに創設された「いい店ひろしま応援事業」をご紹介します。


 これは、読んで字の如く「いい店ひろしま」として表彰されたお店を継続的にバックアップしていこうという事業です。具体的には次の3つを行っています。

 

1.巡回店舗指導


  無料で店舗経営の専門家をお店に派遣しています。受賞店舗とは言え、不得意分野はあるものです。例えば、個人事業主の方が効率的な確定申告の方法を税理士に相談してみたり、常に新しいアイデアが要求される陳列や店内ディスプレイについて店舗演出の専門家と一緒に考えてみたりと、皆さん有意義に利用していただいているようです。受賞店舗の方々の反応も上々です。

 

2.広報ツールの作成


  かねてから、市民の方や受賞店の方から要望のあった、「いい店ひろしまマップ」を作成しています。既に印刷会社に発注しており、もう少しで区役所、区民文化センター、公民館、受賞店舗などに設置される予定です。過去3年間で表彰した全26店舗を地図入りで紹介したボリューム感のある仕上がりになっています。是非、手にとってみてください。
  「ラッピング用シール」も作成しました。受賞店舗で買い物をすると、ロゴマークが入った金色のシールを貼ってもらえるかもしれません(数に限りがあります)。

 

3.交流会の開催


  「いい店ひろしま」受賞店同士の連携を深めようという試みです。様々な業種の素晴らしい経営者達が集まるので、とても楽しみな企画です。第1回目を、実行委員会のメンバーである広島商工会議所の主催で、今月末に開催する予定です。

 

 「いい店ひろしま」は平成21年度も実施予定です。小売店舗を経営している方々、このように表彰後の支援策も充実している「いい店ひろしま」に是非チャレンジしてみてください。

 


月別の記事
リンク集

ページトップへ