本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

広島市中小企業支援センター > 支援センター職員によるブログ > 2009年10月

支援センター職員によるブログ

「モノづくり事はじめ-13」

2009/10/30

  kubo.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のプロジェクトマネージャー・久保です。

 

10月号からの続き)


 2-2) コスト計画 (儲かりますか? = 売値とコスト)


 ここでコストについて少し触れてみましょう。
 この段階までくると、製造コストを見積もるための種々の条件がほぼクリアーになってきます。逆に言うと、設計図面が出来上がった時点で、その商品のコストはほとんど決まってしまうということです。


 従って、商品・部品の仕様・構造を最終決定する前にコスト計算を行い、計画した目標どおりの収益が確保できているかどうかの検証をします。万一この収益目標が達成できていない時には、コストを削減するため場合によっては構造、仕様、材質、生産拠点等に立ち帰ってこれを見直す必要も出てきます。


 例えば、大企業などでは、経営上の要請から、この商品についてはこれだけの利益を上げなさいという収益目標が設定されます。


 次に価格ですが、芸術作品や、オンリーワンナンバーワンで絶対的な競合優位にある商品は別として、一般的な工業製品について言えば販売価格は競合関係や消費者の"お値ごろ感"を無視して決めることはできません。商品の売値は、個々の部品コストの積み重ねで決まるのではないのです。


 企画時点で、この商品はいくらで売る、そのためにはコストをいくらにするという目標をたて、その「目標コスト」を実現するように設計を進めてゆくことが大切です。


 この利益を創り出してゆくアプローチは、大企業であっても中小企業であってもまったく同じです。

 (次号へつづく)


問題解決のための発想法

2009/10/29

  tosa.jpg   おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」副所長の土佐です。

 

 製造・販売の現場では、日々様々な問題が起きています。そのすべてに上司が指示することは不可能です。現場のスタッフは、その瞬間瞬間に自ら考え、自ら判断し、能動的に動くことが求められています。

 

 このためには、日頃から発想力を鍛える訓練が必要です。 
 発明家で有名なトーマス・エジソンは「成功は1%のひらめきと99%の努力である。」と述べています。ひらめきは、突然生まれるのもではありません。とことん考え抜くこと(努力)で、身の回りに起きている情報を無意識に照らし合わせている結果なのです。

 

 良いアイデアを出すための発想のポイントは「量」です。たくさんのアイデアを出すことが質のよいアイデアを見つけるための前提となります。アイデアの量と質は比例するものです。これはダメだと思われるものでも、自ら判断せずに出してみる、その中から良いアイデアは生まれるものです。皆さんも意識して実践してみてください。


交流会に参加してみませんか

2009/10/28

fujita3.jpgおはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する広島市中小企業支援センター所長の藤田です。

 

 中小企業の方から、「新商品を開発したが、販路がない」「販路開拓のためのマッチングの機会がほしい」「技術シーズがあるがそれを加工する企業を知らない」「同業者の集まりよりは異業種との懇談の中でヒントが得られる」といったことを良く聞きます。

 

 自ら、色々な業種、業界の企業と知り合うのは困難ですが、色々な場所で開かれている交流会に参加されてみてはいかがでしょうか。そこでは、色々な業種、業界の人が集まり、多くは、立食形式で簡単な食事と軽いアルコールで懇談(雑談、中には商談?)をされています。

 

 定期的なものでは、「5:01(ファイブ・オー・ワン」や「広島SOHO'Sクラブ」が有名です。これら以外にも、大学のリエゾンフェスタ、各種補助金の成果発表会や経営セミナーなどにあわせて開催されるものも多くあります。

 

 「5:01」は、官公庁、地場大手企業からSOHOまで多種多様な企業、「広島SOHO'Sクラブ」は、ICTやクリエイターなどの若い企業、各種補助金の成果発表会は、製造業が比較的多いなど、参加企業にも特色があります。

 

 気軽に参加して色々な人と話をすることだけでも、日頃、異業種企業との話す機会の少ない中小企業にとっては有意義ではないでしょうか。それが、営業力の強化につながったり、思わぬビジネスのヒントが得られたりすればしめたものです。


地球環境はどうなるのであろうか?!

2009/10/27

  mennde.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のマネージャー・免出です。

 

 先日テレビを見ていると、モンゴル大地の地中にある永久凍土層が地中深くに後退し、地上に水を十分に供給できなくなってきているとのことでした。夏になり気温上昇することによって、永久凍土が溶け地上に水分を供給します。その水分を得て大地に草原が現出しますが、その水を十分に供給できなくなって、砂漠化する危険があるということです。一方、アマゾンの熱帯雨林の伐採がすすみ、雨が少なくなり草原に変るという予測もされるようになりました。アマゾンの熱帯雨林は、私たちに大量の酸素を供給してくれています。

 

 そういえば、私が、シンガポールに駐在していたときに、タイ・マレーシアの熱帯雨林が急速に失われて来ていました。保水能力も下がり、地下水を大量に使用し、地盤沈下も始まっていました。

 

 このままでは、地球が、どうなるのか心配になってきたとしても不思議ではありません。アフリカのサハラ砂漠一帯は、紀元前3000年以上前に、肥沃な草地から不毛の砂漠へ突如変化したといいます。世の中の物理現象で、急速な変化の点を臨界点と呼びますが、地球環境も同じように、臨界点が存在すると思われます。

 

 どこに臨界点があるかはわかりませんが、臨界点を過ぎると、環境が急激に変わり元に戻らないことは歴史からもわかります。かのシーザーは蛮勇を奮って「ルビコン川」を渡りましたが、私たちは、今まで森林というエネルギーを使い尽した数多くの文明の衰亡を見聞きして来ました。もし今日にシーザーが蘇ったとしたら、ルビコン川ならぬ「気候の臨界点」を、今度は逆に蛮勇ならぬ智勇を奮って、越えてはならないというのではないかと思うのですがどうでしょうか。

 


無料で税理士などに相談できる特別金融相談窓口をご利用ください。

2009/10/26

  tsunemoto.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・常本です。

 

 個人で仕事をしておられる方、顧問税理士がいない中小企業の経営者の皆様、税務署への確定申告や会社の決算書の作成で悩まれていることはありませんか。

 

 この不況下での経費削減のため、税理士や公認会計士を雇わないで、自ら確定申告書や決算書を作成するという考えの方もおられると思います。

 

 ですが、申告書の書き方や、決算書の内容など、税理士等に一任されてきた方が自ら書くというのは簡単ではありません。

 

 そこで、確定申告や決算書の見方・書き方など、相談できる中小企業支援センターの「特別金融窓口相談」を利用してみませんか。


 
 確定申告の直前でない今の時期であれば、相談件数も落ち着いており、複数回利用も可能です。一回の相談時間は50分ですが、複数回利用しても料金はかからない「特別金融窓口相談」をこの時期に、是非、ご利用ください。


第2回「中小卸売業の新商品企画・開発研究会」が開催されました!

2009/10/23

  bajyou.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当の馬上です。

 

 去る10月15日(木)、(協)広島総合卸センターの会議室で、第2回「中小卸売業の新商品企画・開発研究会」が開催されました。

 

 今回は、前回に引き続き、新商品開発コンサルタントNII代表の新居敏春氏が「商品開発の進め方」というテーマで講演を行いました。

 

 講演では、商品開発を進めるうえでのポイントとして顧客の購買心理をつかむこと、自社の外部環境や強み、弱みをよく把握すること、顧客の声をよく聞くこと、十分な市場調査を行うことなどが話され、最後はこれらのポイントを踏まえて、参加者の皆さんで簡単な商品企画書を作成しました。

 

91.jpg

 

 


お役に立つ情報をお知らせします!!

2009/10/22

  takeda.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のマネジメント担当・竹田です。

 

 みなさんは、IPAをご存知ですか?国が設置した行政法人で、正式には、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA: Information‐technology Promotion Agency, Japan)のことです。


 ここでは、国家資格である「情報処理技術者試験」とか、「情報セキュリティ」など皆様のお役に立ちそうな情報が満載されておりますので、一度ご覧になられたらいかがでしょうか?


 当センターが6月26日に主催した「情報セキュリティマネジメント入門」の講義で講師からもご紹介いただいた「5分でできる自社診断シート」など、会社のセキュリティ対策を簡単にチェックできるシートがこのIPAの「情報セキュリティ対策」のサイトからダウンロードできますので、自社の「セキュリティ対策」についてもう一度チェックしてみられるのもいいかもしれませんね。


「男女共同参画・子育て支援資金」をご利用下さい!

2009/10/21

hirayama.jpg おはようございます。がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」の経営革新担当・平山です。


 今回は、広島市中小企業融資制度の「男女共同参画・子育て支援資金」のご案内です。


 少子化の進行が社会の存立基盤にかかわる問題としてクローズアップされる中で、社会全体で仕事と子育ての両立支援や、働きたい人が性別にかかわりなくその能力を発揮できる職場づくりを推進することが求められており、広島市では、男女共同参画や子育て支援に積極的に取り組む事業所の表彰や融資制度などを設けて、応援しています。


 この融資制度は、事業所内託児所の設置や、育児休業者の支援、その他仕事と子育ての両立支援を推進するのに必要な資金(一般)や、広島市男女共同参画推進事業所顕彰事業または広島市子育てに優しい事業所顕彰事業の表彰もしくはこれらに準ずる公的機関による表彰を受けた方(特別)に対してご用意している融資制度です。


 景気回復がまだまだ先行き不透明で、子育て支援のために行動計画を策定し、実施することは決して簡単なことではないと思いますが、社会的な要請をいち早く取り入れ、CSR(企業の社会的責任)を意識した経営を実施することで、企業価値の向上につながり、長期的な発展に資することになります。特に、「特別」の方は、利率が1.3%と低めの設定となっています。これを期にぜひご利用をご検討下さい。


月別の記事
リンク集

ページトップへ