本文へ移動

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

広島市中小企業支援センター > 支援センター職員によるブログ > その他 > オリンピックでマスコミに取り上げられる

支援センター職員によるブログ

オリンピックでマスコミに取り上げられる

2012/08/02

 おはようございます。
kodama.jpg がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」創業支援担当課長の児玉です。
 さて、暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 先月28日(日本時間)からロンドンオリンピックが始まりました。日本人選手の活躍が気になるところですが、このようなイベントは、お店や商店街にとって、それにちなんだ話題作りをしてマスコミに取り上げられる格好のチャンスです。オリンピックの時期は、マスコミもそれにちなんだ話題を欲しがっています。オリンピックにちなんだ話題作りをすると、マスコミに取り上げられやすくなります。

 

 スポーツに関係ない店でも大丈夫です。先月開催した「店づくりセミナー」のハワード・ジョイマン講師は、お蕎麦屋さんがオリンピックにちなんだメニューを出して、地元の新聞やテレビに取り上げられた例を紹介されています。

 

 マスコミに取り上げられるためには、記者に情報を提供する必要があります。内容をA4で1枚にまとめ新聞社・テレビ局にFAXします。送り先の担当部署は、各社に電話をすれば教えてもらえるはずです。記者にとっても情報が集まることは歓迎すべきことです。(他には、知り合いが以前取材を受けたことがあればその記者に連絡する、記者クラブに投げ込むといった方法もあります。)
 内容自体の話題性もありますが、資料の書き方や配信のタイミングの工夫により、取材に繋がる可能性は大きくなります。

 

 効果的なマスコミへの情報提供の方法については、当支援センターの窓口相談アドバイザー派遣をご利用ください。きっとお役に立てると思います。

 

 さて、「ロンドンオリンピックにはもう間に合わない」と言われる方、次のオリンピックを待つ必要はありません。年に1度といったイベントは毎年のようにあります(おそらく)。
 今年の今までのイベントとしては、金環日食(3年前には皆既日食がありましたが)、平清盛といったところでしょう。これからのイベントでは、カープ、サンフレッチェの優勝があります。(!?)


月別の記事
リンク集

ページトップへ