本文へ移動

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

広島市中小企業支援センター > 支援センター職員によるブログ > その他 > 環境への取り組み! 百年使用できる家具作りのメーカー「マルカ木工」

支援センター職員によるブログ

環境への取り組み! 百年使用できる家具作りのメーカー「マルカ木工」

2012/08/09

 おはようございます。

mennde6.jpg がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のコーディネータ・免出です。

 

 ストックの経済とフローの経済という言い方があります。ヨーロッパはストックの経済で、日本はフローの経済であるという言い方をどこかで読んだ記憶があります。これを別な表現でいうと、ヨーロッパは石の文明で日本は泥の文明といえるかもしれません。

 

 石は何千年にも渡ってその形態を保持し続け、泥は風化されやすいといえます。ローマ時代の遺跡があちらこちらに残るヨーロッパを旅すればこのことが実感できます。何しろ、ローマ時代につくられた石畳が現在の道路に引き継がれています。

 

 石の文化の特徴は、祖先が築いてくれた遺産をそのまま使用できることです。ヨーロッパの至る所で数百年を経た住居や公共物があります。そんな文化には、ものを長く使用していくという考えが自然に身に付きます。一方、日本は常に泥の中から新たなものが生まれてくる文化です。ストックよりもフローの経済が得意です。しかし、これからは日本も長く使用できるものを作り続けていく必要があります。長持ちする優れたものを作り、スクラップ&ビルドを減らし地球への負荷を少しでも減らしていくことが求められます。

 

 そんな長持ちしてもらいたい商品の一つに家具類があります。百年生き抜いた木は百年以上使用できます。その木で、長く子や孫に受け継がれていくことを願って、テーブル等の家具作りをされているメーカーに「マルカ木工」があります。平成21年度に「いい店ひろしま」の一つに選ばれました。これからテーブル等の家具をお買いになる時、一度ご訪問し社長のお話をお聞きなれば、家具選択の一助になるのではないでしょうか。


月別の記事
リンク集

ページトップへ