本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

広島市中小企業支援センター > 支援センター職員によるブログ > その他 > 「若者(年長フリーター等)の活用支援セミナー」を受講して

支援センター職員によるブログ

「若者(年長フリーター等)の活用支援セミナー」を受講して

2008/11/19

 所謂「新人類ジュニア」世代が社会人入りし、その採用、入社後の教育・活用でご苦労されている中小企業の経営者、人事担当責任者の方は多いと思います。


 先日、【若者が「人財」に変わる】と題したセミナーを聴講する機会がありましたので、以下にご紹介します。(主催:(財)ひろぎん経済研究所

 

 ①新卒採用市場は、06~07年に劇的に変化した。


                05年卒  06年卒     07年卒  08年卒
   新卒有効求人倍率  0.7    1.2   ⇒  1.89   2.14


  今後、景気減速の中でも、少子化の持続、働くことに前向きな若者の減少、強い公務員志向などを背景に、売り手市場が続く。


 ②地方の中小企業は、育成するという発想で採用しなければいけない。


  若者は人生を楽しむために職業を選ぶ、また常に自分を中心に考える。
  彼らを選別する、あるいは働かせてやるとの考えでは駄目。


 ③若者の動機付けで大切なことは、好き・嫌いの感情で嫌いにならないこと。


  その証拠に、相性の合う上司のもとに配属すると定着率がアップする。


 ④若者を「人財」に変えるには、外部研修で現場への期待値を下げて、自立・自責を促すことが必要。

 

  逆に期待値を上げてしまうと、現場に戻った時のギャップが大きくて失望してしまう。


 ⑤与える目標(経営・上司の期待レベル)は1年後まで。


  3~5年の長い目標を設定しても、尻ごみしてしまうだけ。
  また経営陣・OJT担当者の誰に聞いても同じ答え(目標)が返ってくることが重要。

 

 講師の(株)じんざい社 代表取締役 柘植智幸氏は、1977年生まれで、専門学校を卒業後、就職に失敗し、フリーターを経験後に起業という異色の経験を有する。若手社員活性化では№1の講師だけに、目から鱗のフレーズが多かったように思いました。

 

 ご参考までに。


広島市中小企業支援センター  マネージャー 景山


月別の記事
リンク集

ページトップへ