本文へ移動

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

広島市中小企業支援センター > 支援センター職員によるブログ > その他 > 「企業IT利活用動向調査2011」速報が発表されています。

支援センター職員によるブログ

「企業IT利活用動向調査2011」速報が発表されています。

2011/07/06

hamada3.jpg おはようございます。
 がんばる中小企業を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のマネージャー 浜田文男です。


 JIPDEC(一般財団法人日本情報経済社会推進協会)と㈱ITRが協力して、国内企業500社を対象に共同で実施した「企業IT利活用動向調査」の一部結果を速報として発表しています。(2011.5.20~25でアンケート調査)
 [プレスリリース] http://www.jipdec.or.jp/pdf/ov/press/press_20110627.pdf
 この調査結果の詳細は、「情報化白書2012」(JIPDEC 2011.10発刊予定)に掲載される予定だそうです。
 この中で私が注目したのは「2011年度IT予算の見直し状況」です。有効回答500件のうち50%以上の回答者が実施・実施予定と回答した項目は3項目であり、(1)個別の事業計画の見直し・再検討【60%】(2)事業継続計画、災害復旧計画の強化・見直し【50.6%】(3)全社的な経営計画の見直し・再検討【50.6%】となっています。東日本大震災の教訓から事業継続計画(BCP)が第2位に挙がっており、今後、強く実施される項目です。
 中小企業の方にとっても重要なBCP策定については、中小企業庁が「中小企業BCP策定運用指針」を公開しており詳細な手順が示されています。是非、活用し策定ください。策定したら定期的に実施、見直し、改善というPDCAサイクルを回すことが必要です。確実に実施して身に着けておくことがいざという時の安全策となります。


月別の記事
リンク集

ページトップへ