本文へ移動

広島市中小企業支援センター

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市工業技術センター

広島市中小企業支援センター > 支援センター職員によるブログ > コーディネータ > 存在意義(レゾンデートル)

支援センター職員によるブログ

存在意義(レゾンデートル)

2020/05/13

阿須賀コーディネータ(創業支援) おはようございます。 がんばる中小企業と創業者を全力で支援する「広島市中小企業支援センター」のコーディネータ・阿須賀です。

   

以前取材した社長さんが「レゾンデートル(存在意義)がない会社は生き残れない」と言われた言葉をことあるごとに思い出します。私の存在意義ってなんだろう、と新しい仕事に取り組むときには考えるようにしています。

2年前、創業支援コーディネータとしての仕事がスタートしたとき、夢をかなえるために創業という道を選んだ方を後方支援できる仕事、創業者の皆さんの発展のどこかに少しでも私が役に立てるならこんな有意義な仕事はないな、と日々、商品開発や事業展開のご相談、補助金の申請サポート、営業のマッチング・・・と、自分なりに考え、動いてきました。

今回のコロナ危機で、そんな毎日がいきなり変わり、相談内容も資金繰りや目の前の支出を減らす、前に進むための補助金ではなく、雇用を守るための助成金や休業に対する協力金の申請、、、と、ゼロからプラスを生み出す仕事よりも、マイナスをゼロに近づける仕事が増えて、それがこんなにしんどいとは思いませんでした。

日々、皆さんの夢から力を与えてもらっていたんだなあ、と改めて感じます。夢をもって社会のため、誰かのために創業した事業がいきなり「不要不急」といわれることがどれだけつらいか。

創業のときに掲げた夢やみなさんの存在意義は決して「不要不急」ではないと信じ、今日もまたコーディネータ業務に励むのが私の存在意義、でしょうか。


月別の記事
リンク集

ページトップへ